江戸・東京

Sep 29, 2017

「食器が伝票」方式

 今年の初夏,久しぶりに行った北千住の居酒屋「千住の永見」の店内に「当店はどんぶり勘定です」という貼り紙が出ていた。紙の伝票は使わず,料理の入っていた食器(およびお酒のカップ・ビール瓶)で代金の計算をします,したがって食べ終わっても食器は下げません,という趣旨の注意書きである。実際にはどんぶりを使う料理は少ないので,実態としては「皿勘定」だが。(ただし,この貼り紙は,その次に行ったときにはなぜかなくなっていた。)
 私が行ったことのある居酒屋では,肉豆腐の「千登利」(池袋)と,郷里・横須賀の名店「銀次」がこの「食器が伝票」方式である。千登利では皿のほか,焼きとんや野菜焼きの串も伝票で,いつか女性客が食べ終わった串を床に落としてそのままにしていて,隣のおじさんに注意されていた。焼きとんについては,重要なのは串であり,焼きとんをのせる浅い皿は有価証券ではないので空いたら下げてくれる。
 「銀次」のおかみさんは,料理を出すときはだれの注文だったか忘れることがあるのに,勘定の段になると記憶が鮮明になって,皿を見ながら食べた品目を迷わず唱えて,上が2つ玉の古風な算盤を入れていく。

 紙の伝票を使う店では,注文を受けるとすぐ伝票に書き込むのが普通である。そのひとつ「鳥万」(蒲田)では,客は自分の伝票を店員に渡しながら注文するのが自然に成立したルールになっている。これに対し,「齋藤酒場」(十条)は,注文は口頭で厨房に伝え,できた料理を客に届けてから伝票に記入する。
 ユニークなのは「まるます家」(赤羽)のプラスチックのチップを使う方法。ここは店の中央奥に座るおかみさんによる集中管理方式で,両カウンターの店員が「3番さん,タマネギフライ」とおかみさんに伝えると,おかみさんが大声で「タマネギフライがひとつ」といった具合に厨房に伝え,このとき,穴のあいたプラスチックのチップ(値段によって色や形が異なる)を席番号の棒にさしこむ。飲み物は店員が出すものもあるが,それもおかみさんに伝えられ,おかみさんがチップで記録する。
 店員が「3番さん,会計」と告げると,おかみさんがチップを数えて素早く計算する。おかみさんには一刻の休みもない。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 いま,東京付近では,日の出も日の入りも5時半前後である。夜の長い季節がやってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 15, 2017

池之端藪蕎麦の閉店

 9月某日の昼過ぎ,上野の美術館に行った帰りに,久しぶりに池之端の藪蕎麦へ行こうと思い立った。
 中央通りを折れて,昼間でも客引きのいるあたりを抜け,このあたりと思う所まで来たのだが,「藪」の看板が見えない。なおも行くともう千代田線の湯島駅なので引き返し,もう一度よく見たところ,店のあった場所とおぼしき所に建築中の小さいビルがあった。鉄骨が2階まで組み上がったところだった。先日も居酒屋の取り壊しと復活を見たばかりだったので,ここも建て替えかと思ったのだが,建築に関する掲示の建築主のところは不動産会社の名になっていた。昼食は,この通りのもうひとつの名店「蓮玉庵」に入った。
 帰ってからネットを検索したら,具体的な情報はあまりなかったが,どうやら店主が病気で昨年閉店したらしい。火事にあった「神田藪」は立派に再建されたが,それと入れ替わるように「三大藪」(もうひとつは浅草の「並木藪」)の一角が消えてしまったことになる。藪蕎麦はどこも蕎麦の量が少なめで,「池之端藪」も決して安いとは思わないが,つまみがいろいろあるし,落ち着いていてしかも適度に気軽な雰囲気の店だった。
 デジタルの記録のあるここ20年で17回足を運んだ。そのうち2013年の1月のときは,これも好んで行っていた新井薬師の「松扇」が閉店(こちらは地方へ移転)していたので,やむを得ず池之端へ行ったのだった。その次,同じ年の11月に行ったのが最後になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 30, 2017

赤羽「まるよし」続報/朝から飲める店の時間変更

 赤羽の居酒屋「まるよし」が閉店していたと書いたのは4月30日のことだった。そのときにはまったくの更地で何の看板もなかったが,その後見たネット上の情報によると,3月4日限りで閉店し,立て直して「7月下旬から8月上旬頃」に再開する予定だという。
 そんなに早くできるのかなと思いつつ,6月下旬の某日,もう一度行ってみたら工事中だった。鉄骨の骨組みが出来ていて,「7月下旬開店をめざして」という貼り紙が出ていた。あと1か月になったが,大丈夫だろうか。
 
Aa20170626_164410

 
 
 
Aadsc_0402

 
 
 
 
 
 
 ついでに,赤羽のもうひとつの「まる」,「まるます家」に行ってみたら,ここにも貼り紙があった。あれ,ここも立て替えかと思ったらそうではなく,「永年名物となっておりました朝9時開店」を7月4日から「10時開店」に変更するという。自ら名物というあたりがちょっととぼけた感じでおもしろい。こちらはワープロ文書だった。
 池袋西口の「ふくろ」は数年前に開店時間が朝7時から8時に変更になったが,これに続く「朝から飲める」居酒屋の時間変更である。ただし「ふくろ」は,直接には知らないが,もっと昔は24時間営業だったという。
 
Aadsc_0404
 
 
 
 
 

 先週,Creators Update さんからのお知らせがきて,Windows 10 をアップデートしたいという。それなら夜中にどうぞと返事したところ,ちゃんと時間にやってきて,アップデートは何事もなく進んだ。特にトラブルはなかったが,拡張子ごとのアプリとの関連づけが絶たれてしまった。こんなの簡単に引き継げそうなものなのに,そうしないのは,Edge をメインにしてほしいからだろうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 22, 2017

都電 バラの季節

 都電荒川線沿線のバラが見ごろを迎えている。某平日,王子駅前電停のホームで一日乗車券(\400)を買って,最初は荒川車庫前で下車。以下,いくつかの駅で乗り降りした。
 バラの種類が多い上に,都電の塗色もいろいろなので,花と電車の組み合わせは無数といってよい。荒川区のウェブサイトによると,バラの種類は140にもなるという。明るい曇りで,適度なコントラストの写真になった。
   (クリックすると大きい写真が出ます。)
Ap5167479
 
 
 
Ap5167485
 
 
 
Ap5167506
 
 
 
Ap5167515
 
 
 
Ap5167519
 
 
 
Ap5167532
 
 
 
Ap5167538
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 13, 2016

フォト日記 2016晩秋

   ――クリックすると大きい写真が出ます――
◇晴れていたので思い立ち,初めて東京スカイツリーへ。ほとんど待たずに入れました。しかし,翌日はもっといい天気でした。下の写真は東武の曳舟駅周辺。
Aapb175450
 
 
 
 
 
Aapb175505
 
 
 
 
 
 
◇木洩れ日 お茶の水
Aapb255576
 
 
 
◇東京メトロ方南町車庫のそばを通りました
Aapb205550
 
 
 
 
 
◇名残の紅葉 目黒・自然教育園にて
Aapc055916
 
 
 
Aapc055877
 
 
 
◇モネの睡蓮カモね 同じく自然教育園にて
   (自然教育園の写真はFaceBook既出です)
Aamonetpc055907
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 29, 2016

選挙のポスター掲示板

 先の参議院議員選挙の投票日が近づいたころ,東京都知事選挙用のポスター掲示板が,参院選用と別に立てられた。参議院の立候補者は東京の場合30人ほどで,大きさとしては都知事選用に十分だったのだが,流用されることはなかった。それはもちろん,国と都という管轄の違いによるのだろうが,物理的にも参院選後都知事選の公示までの少ない日数の中で前のをはがして「受け入れ体制」を整えるのが無理だったということなのだろう。
 なお,その後参院選の掲示板は撤去され,新しく都議会議員の補欠選挙の掲示板が立てられた。こちらは知事選と同日の投票である。
 都知事選には21人が立候補したが,近所の掲示板ではポスターが出ていたのは半分ちょっとの12人だった。ポスターには,有力3候補を含め,政策はほとんどなくて標語のみという人が多く,ポスターを見ても選ぶ手がかりが乏しい。

 1955年以降,殺人事件の件数はほぼ一貫して減り続けている中で,帝銀事件を人数で上回る殺人事件が起こるとは思わなかった。
 ちなみに,やまゆりは神奈川県の花です。――元神奈川県民

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 05, 2016

お江戸日本橋の春

[日本橋の桜]
Ap3313592
 
 

Ap3313593
 
 

Ap3313602
 
 

 ◇自虐ネタ?
A20160331_145145
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 11, 2015

中央環状線/マーチ法

 8日の日曜日,車で出る用事があったので,少し早く出て,前日に開通した首都高速・中央環状線の大橋JCT―大井JCTに乗りに行った。山手通りの下を南向きに進むと,これまで大橋ではぐるぐるループを上がって3号線に入るしかなかったが,路面上の元の案内がきれいに取り外されて,おお,まっすぐの道が開けているではないか。
 首都高速の古い部分のようにガタンコガタンコすることはなく,タイヤが吸い付くように滑らかに走り,サスペンションのよい高級車に変身したような気分。しかし,ずっとトンネルで景色は変わらない。最後に地上に出て,左右に分かれて臨海部に合流する。
 私にとっては,羽田空港もさることながら,横浜・大船・横須賀方面に行くときに便利になった。これまでは,首都高3号線を用賀で下りて一般道を 2.5km ほど走って第三京浜に乗ることが多く,都心環状線を遠回りする「ずっと首都高」は敬遠気味だったが,都心を通らなくてよくなったので距離もさほど違わなくなり,選択肢が増えた。

 歩行者用の信号で,積み重ねた短いバーの数で信号が変わるまでの時間を示している場合,1本のバーが消えるまでの時間は13秒ぐらいであることが圧倒的に多い。(いちばん下のバーは,端数の調整をしているらしく,場所によってばらつきが大きい。)
 これは,ストップウオッチなしで秒を測る方法として私が以前開発した「マーチ法」による測定結果である。マーチ法というのは,♩(四分音符)=120 の標準的なマーチを脳内再生して,1小節1秒で時間を測る方法で(特許申請の予定は未定),私は今はスーザの「士官候補生」を使うことが多い。
 「星条旗よ永遠なれ」だと特にアンコールなどで少し速めに演奏することが多いので,感覚がつかみにくい。また,ドイツのマーチ(「旧友」など)はもっとゆっくりの 112ぐらいが普通である。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 04, 2015

春,花の実の酒

 スーパーの宣伝に乗せられて節分に恵方巻を食べ,明けて今日は立春。立春は厳寒のころなので,必ず「暦の上では春を迎えましたが」または「春は名のみの」という言葉と共に語られる。それでも,まもなく梅が咲いたりして,酷暑の時期の秋分に比べると,次の季節の兆しを少しは感じることができるような気がする。
 子供のころ,「早春賦」の「はるはなのみの」という歌詞を見て,「春,花の実の」かと思っていた。(ついでだが,もっと前のこと,大人たちがよく「君の縄」というのを話題にしているのを聞いて,なんのことだろうと思っていた。)
 今年は旧正月は2月19日で,かなり遅い。

 1月の某土曜日,東京の西の方の電車に乗りたくなって,青梅線・五日市線方面へ行くことにし,まず目指したのは福生(ふっさ)某酒蔵である。仕事上の知人がその酒蔵の関係者だったので,その酒は何度か飲んだことがあり,一度行ってみようと思っていた。
 住所は福生だが,最寄り駅は立川から5つ目の拝島である。拝島は五日市線の分岐駅で,かつ八高線と交差し,また西武拝島線の始発駅でもあり,構内は広い。かつてはいかにも「国鉄風」の駅だったが,数年前に明るい橋上駅になった。駅の北口(といっているが実態は北東口)はいま風にある程度整備されているが,南口は広場を掘り返して盛大に工事中だった。
 歩いて15分ほどで到着,聞きしにまさる立派な「工場」で,2つの大きな蔵の白壁がまぶしい。ビールも明治20年代から手がけていたという。ビール工場の前に,なぜか赤い車(スバル)が置いてあり,これと,同じく構内にある丸い旧型ポストが,白壁と松の木の間で色鮮やかだった。この日は西洋人の団体が来ていて,英語による蔵見学ツアーが行われていた。
 中の飲食店は和食とイタリアンの2つで,どちらもかなりの規模がある。和食の方に入り,すぐ隣で製造されたビール1杯と酒1合,それにつまみ2点と蕎麦を堪能した。酒は,吟醸でも純米でもない「その他」にしたが,これの燗の具合が絶妙で,ぬる燗はこんなにうまいものかと思った。
 早めに切り上げて,そのあとは五日市線に乗り降りし,西武拝島線にも乗った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 09, 2014

一日中,雪

 8日,ソチ・オリンピックの開幕と都知事選挙前夜祭を祝してか,一日雪が降り続き,東京は都心で27cmの積雪となった。今回は降った時間が長く,たぶん20時間近く降ったのではないかと思う。公式記録で27cmというと,建物に近いところなど吹きだまりになっているところでは,見た目は40cm以上という感じになる。
 午後と夜の2回雪かきをした。86~87年だったのだと思うが,東京で何度も何度も雪が積もったことがあり,このとき,雪かきは降ってすぐ凍らないうちにということを学んだ。その後の引っ越し以来雪かきの道具を持っていなかったのだが,たまたま今年,スコップを買ったばかりだった。(あとは,車のチェーンを買わなければ。)
 夜は,会社の先輩のお通夜に東京の deep west の方へ行く予定で,4時前に家を出た。しかし,中央線が途中から,次の駅が空いたら1駅進むという状態になってしまい,途中から引き返した。
 東京でこれだけの積雪というのは45年ぶりだという。45年前といえば,ちゃんと記憶がある。大学紛争のまっただ中で,雪合戦のほかに石合戦が行われていた時代である。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧