歴史・地理

Nov 10, 2019

ベルリンの壁 崩壊30周年

 11月9日は,ベルリンの壁崩壊から30周年の日だった。
 当時,「壁」が崩壊すれば東西ドイツの統一も検討されることになるだろうという話も出たが,それはどちらかというと希望的観測だったように思う。それから1年足らずでドイツ統一が実現するとはまったく予想できなかった。まして,2年後に超大国ソ連がなくなるなどというのは,想像すらできなかった。

 以下に,10年前,2009年11月9日に書いたエントリーを再掲する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    「壁」崩壊20周年の日に

 11月9日は,ベルリンの壁崩壊から20周年の日である。
 あの年1989年の夏から秋にかけて仕事が忙しかったために,新聞の2面以降の海外のニュースにあまり注意を払っていなかったので,最初はちっとも理解が及ばなかった。しかし,やがて連日新聞の1面に何かしら載るようになって,ただならぬうねりが起きていることをいやでも知らされることになった。

 団塊の世代にとっては,ドイツは子供のころから東西2つの国だった。キューバ危機で核戦争一歩手前になるという出来事があったりして,冷戦に終わりが来るなどということは想像できなかったから,ドイツ統一などわれわれが生きているうちに実現することはないだろうと思っていた。
 学生のころ,たまたま家にあった昭和10年ごろ刊行のドイツの音楽史跡写真集(属啓成(さっか けいせい)編)を開いてみたところ,閉ざされた国・東ドイツの都市だと思っていたバッハゆかりのライプツィヒ,ドレスデンなどが当然「ドイツ」の都市として載っていて,非常に不思議な感じがした。

 高校の時の先生に,ドレスデン出身のS師という神父さんがいた。あるとき生徒が「先生の出身は東ドイツなんですね」とうっかり言ったら,S師は「東ドイツじゃないよ,ドイツだよ」と諭すように言った。お姉さんがドレスデンのオペラのソプラノ歌手だったという話も聞いた。先生自身も声が良く,歌がうまくて,ドイツの登山の歌などを教わった。
 1980年前後だったと思うが,S師は来日から50年近くたってようやく故郷ドレスデンを訪れることができた。そのときのことを書いたエッセイに,西側から乗った列車が,東側に入ったとたんに,線路の保守状況が悪くなってガタガタいいはじめ,スピードも落ちたのは悲しかった,という一節があった。
 S師が2年前に亡くなったとき,通夜に集まった友人たちと,先生はドイツ統一を見ることができて本当によかったね,と語り合った。

 ベルリンの検問所が開放されて東ベルリン市民が西へ押し寄せたのは,現地時間で11月9日夜,日本では11月10日を迎えていた。その10日の未明,わが家では次女が誕生した。「ベルリンの壁「崩壊」」という大見出しと壁をハンマーで壊す若者の写真が載った10日の夕刊は,今も保存してある。次女には,東西を隔てる壁に穴が開いたことに,ちょっと牽強付会だが,少し関係のある名前を付けた。

| | Comments (0)

Aug 26, 2019

アメリカの州と州都――今日の雑知識

 あるとき,米国の州の州都はけっこう小さな都市,あるいは知らない町が多いことに気づいた。そのとき気になったのは
  イリノイ州の州都は Springfield  シカゴではない
  カリフォルニア州は Sacramento  ロサンゼルスではない
  ミシガン州は Lansing  デトロイトではない
  ネヴァダ州は Carson City  ラスヴェガスではない
  ニューヨーク州は Albany  ニューヨークではない
といったあたり。
 その後ネットを調べたら,Wiki にずばりこの件を扱った項目があるのを初め,一部では話題になっていた。それらを総合すると,州都が州内最大の都市でないのは,50州のうち33州にのぼるという。
 米国はその名の通り州の連合体(United States)であり,州の独立性が高いから,州都にはそれなりの役割があるのだと思うが,それは大都市でなくてもよいということなのだろう。

 アラスカとハワイが米国の正式な州になったのは 1959年で,州の数は50となった。このとき小学校の先生が,星条旗の星の数は州の数を表すと教えてくれたことがかすかな記憶にある。私の小学校はすぐ隣りが米軍基地で,星条旗はいつも目にしてした。
 ネット上の資料によれば,米国国旗のデザインが正式に50星に変わったのは,1960年の独立記念日のことだった。48星のときは8個×6行で整然と並んでいたが,50星では6個の行と5個の行が交互に9行(1行目と9行目が6個)並ぶ互い違い配列になった。

 アラスカは面積が最大の州である。アラスカの州昇格前は最大だったテキサス州の2倍以上ある。当時のテキサスでは「北部の連中から,アラスカを2つに分けてテキサスより大きい州を2つにしてやる,と脅された」というジョークが語られたという。
 面積の3位はカリフォルニア,4位がモンタナで,以上の4州は日本より大きい。
 人口はアラスカが最少かと思ったら,ワイオミング,バーモントに続いて下から3番目だった。当然,人口密度は最小である。
    (星条旗については →参照

| | Comments (0)

Feb 08, 2018

戊戌の年

 今年は「戊戌」の年である。毎年,年賀状に「2018年(戊戌)1月」といった具合に干支を書いているのだが,年賀状を作るときは,表を参照してコピーするだけで,あまり音を意識しない。しかし,正月になってだいぶたってから,この漢字は「ぼじゅつ」と読むのだということに気づいた。
 「戊戌(ほじゅつ)」といえば思い出されるのは2つ,世界史では日清戦争後の清の改革派弾圧事件「戊戌の政変」,日本史では高野長英が幕府の外交を批判した著作「戊戌夢物語」である。調べてみたら,戊戌の政変は1898年だから120年前,戊戌夢物語は1838年で180年前で,共に確かに戊戌の年のことだった。
   (干支については →参照
 
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 東京では1月22日-23日に雪が降ったが,その後の寒さが尋常でないために,2週間以上たった今も,場所によってはまだ雪が残っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 31, 2017

空海は「まお」ちゃん

 溜池を作るとか温泉を掘り当てるのを初めとして,古い社会事業は,なんでも空海(弘法大師)によるということになっている。特に西日本には多い。ただし,法師温泉(群馬県),あつみ温泉(山形県)など,かなり北の方にも「足跡」がある。
 東日本でこれに相当するのは行基で,温泉関係では最北は作並温泉(宮城県)も行基によるとされている。もっとも,今回知ったのだが,行基は河内(現在の堺市)の出身で,ずっと奈良で活動した人だった。
 関東以北で各地に伝説を残しているのは,まず坂上田村麻呂,その後は時代を下って,義経,弁慶,武田信玄ということになる。

 ところで,いくつかの資料によると,空海の幼名は「まお」だという。もちろん真央とか麻央ではなく,佐伯「眞魚」と書く。

  ~~~~~~~~~~~~~~
 神保町に,「フクツー」と書いた旗が立っている店がある。なんとなく,腹痛の薬を売っているような気がしてしまう。(福山通運さん,ごめんなさい。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 31, 2016

薔薇戦争の名前,紘子さんの名前

 15世紀イングランドの「薔薇戦争」は,赤薔薇を紋章とするランカスター家と白薔薇のヨーク家に代表される勢力の争いだが,当然のことながら,当時から「薔薇戦争」と呼ばれていたわけではない。松岡和子『深読みシェイクスピア』(新潮文庫)によると,一連の内乱の終結後もずっと名前はなく,最初に「赤薔薇と白薔薇の戦争」と呼んだのは19世紀のウォルター・スコットだったという。
 さてそれでは,第一次世界大戦は,戦前はなんと言っていたのだろう。ヨーロッパが中心ではあったが「世界」という認識があったとすれば,The World War か。
 「薔薇戦争」は英語では Wars of the Roses と複数形だが,1980年代に The War of the Roses という映画があった。邦題は『ローズ家の戦争』。

~~~~~~~~~~~~~~~
 7月26日,ピアニストの中村紘子氏が死去した。
 このブログでは,一度,庄司薫『赤頭巾ちゃん気をつけて』との関連で中村さんの名前を出したことがある(→参照)。子供のころから有名だったからずいぶん年上のような気がしていたが,まだ72歳だった。
 「紘子」とか「紘一郎」(寄生虫学の藤田紘一郎氏など)という名は,一目で「当用漢字制定前」とわかる名である。1948年以降,人名に使える漢字は当用漢字のみになり(後に人名用漢字が加わる),戦後の産物である当用漢字に入らなかった「紘」は使えなくなった。終戦までは国家のスローガン「八紘一宇」に使われた重要な漢字だったのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 16, 2015

歴史に日付,70年/2つの展覧会

 8月15日は,終戦から70年の日だった。
 高校までに学んだ日本史で,年代でなく日付で歴史が記述されていたのは1945年の8月6日・8日(ソ連の参戦)・9日・15日だった。戦後,8月は祈りの季節となった。

 70年といえば,短い時間ではない。たとえば,平城京がみやこだったのは実質70年だし,信長の表舞台への登場から,秀吉を経て徳川の世となり,家光によって江戸時代の体制が確立するまでがほぼ70年である。
 そして,終戦までの70年といえば,近代国家としての体裁が整い始めてから,戦争を繰り返しつつ「列強」の一員になり,ついには敗戦に至る長く重い時間である。それを思えば,戦争がなかった70年がいかに貴重なものかがわかる。

 猛暑のある日,東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(長い名前だ)で,「旅の風景 安野光雅 ヨーロッパ周遊旅行」を見てきた(8/23(日)まで)。津和野の安野光雅美術館所蔵の水彩画110点あまりの充実した展示である。昔友人に連れられて行ったことのあるシュベービッシュ・ハル(ドイツ南部)の風景の絵があって,旧友に再会したような気がした。
 次いで,神奈川県立近代美術館鎌倉館で「鎌倉からはじまった。1951-2016 PART 2:1966-1984 発信する近代美術館」を見た(10/4(日)まで)。高校のころ以来50年近く通ったこの美しい美術館は,八幡宮との借地の期限を迎えて建物の老朽化が激しく,来年で役割を終える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 16, 2014

ヒトラーの演説

 少し前に,高田博行著『ヒトラー演説――熱狂の真実』(中公新書)を読んだ。ヒトラーの演説の用語やレトリックを分析しながら,弁論術をどのようにして身につけ,活用したかを明らかにした本である。ヒトラーは第一次大戦後のヴェルサイユ体制で疲弊したドイツ人の心をつかんだが,そのために演説と,それを多くの人に伝える拡声器とラジオがきわめて重要な役割を果たした。またヒトラーは,発声と演技についてオペラ歌手に指導を受けたという。
 ナチスドイツでは,外国のラジオ放送を聞くことは禁止されていた。しかし電波は国境を越えてやってくる。外国からドイツ向けの放送も行われていて,一部の人たちはナチスの統制によらない世界情勢についての情報を得ていた。これは,後の東ドイツと同様である。
 ヨーロッパでは1939年9月に戦争が始まったが,1941年になると東方戦線(対ソ連)は膠着し,その年の秋以降,ヒトラーがラジオのマイクの前に立つ回数は急速に減っていく。太平洋戦争の開始は1941年12月である。日本が参戦するより前の段階で,ヒトラーが国民に語りかける意欲を失っていたというのは,この本で初めて知った。これでは,「同盟国」日本の立つ瀬がまったくない。

 土曜日の新聞に,オペラ演出家の西沢敬一氏の訃報が載った。西沢氏演出の舞台は,1970年代から見ているからもっとずっと年上の人かと思ったら,たったの70歳だった。二期会を中心に,見たオペラは14回で,鈴木敬介氏,粟国安彦氏に次いで多い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 28, 2014

歴史の記憶――サラエボ事件から100年

 今年6月,第一次世界大戦の引き金となったサラエボ事件から100年を迎えた。第一次大戦は4年後に終結したが,そのわずか21年後に,第二次世界大戦が始まった。今日までの100年のうち,最初の31年が大戦の期間だった。
 私の祖母は1885年生まれで,100年前には29歳。さっき気づいたのだが,私が生まれたときには,祖母は今の私の年齢だった。この年代の人は,日清戦争が9歳,日露戦争が19歳,太平洋戦争が56歳で,日露戦争以降は大人としての記憶があるはずだ。
 祖母が昔,笑い話として話をしていたのだが,祖母より少し年上のおばあさんが「戦争のときに」と言うので直近の太平洋戦争のときのことだと思ったら,実は日露戦争のことだったとのこと。若いときの記憶が鮮烈だったのだろう。

 私が小学生のころ,戦後のサンフランシスコ平和条約あたりまでが,すでに「歴史」の中のできごとになっていた。祖母が大人になったころ,明治維新は37年前のことで,もちろん歴史の中のことになっていただろうが,体験者はまだたくさんいたはずで,町並みも江戸時代の面影が濃かったことだろう。
 今から37年前といえば1977年,有珠山の噴火や王貞治の756号ホームランの年であり,当時東ベルリンのベルリン国立歌劇場が初来日した年である(→参照)。
 100年といえば長い年月で,たくさんの歴史が詰まっているが,3世代の記憶でカバーできる年月でもある。
   (→参照:「作曲家の没年」――これももう10年前)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 29, 2014

山の名,岩の名,病気の名

 「エベレスト」という山名は,イギリスの地理学者でインド測量長官だった George Everest にちなんだものである。昔これを知ったとき,測量してそこに自分の名前をつけちゃうなんてひどい話だと思った。しかし実際には,エベレスト氏が自分でつけたわけではなく,後任の長官が「現地名が発見できなかったので」ということでつけたらしい。
 今は,チベット語名「チョモランマ」もけっこう用いられるようになったし,ネパール名「サガルマタ」も知られてきた。

 オーストラリアの世界一の一枚岩は,今は「ウルル」の方が普通になったが,かつては「エアーズ・ロック」だった。こちらはサウス・オーストラリア植民地の総督だった Henry Ayers の名にちなむ。総督といえばまあいちばんえらいのだろうが,王様の名前をつけたヴィクトリア湖(ヴィクトリア女王の名より)とかルイジアナ(最初フランスの植民地だったのでルイ14世の名をつけた)などに比べると貫禄が足りない。

 「川崎病」という病気の名は,報告した医師の名によったものである。一方で「水俣病」のように地名によるものもある。地元にとってはありがたくないことだと思うが。
 コレラ菌の分類に「エルトール型」というのがあるが,これはエジプトの検疫所があった地名によったものだという。しかし,同じくコレラ菌の分類の「小川型」の小川というのは人名だが,医師の名ではなく,これはなんと患者の名だという。どういう事情なのかは知らないが,ひどい話だ。ほかに稲葉型というのも同様らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 26, 2013

ゲティスバーグの演説150周年

 ケネディ暗殺から50年の日の3日前の11月19日は,リンカン大統領のゲティスバーグの演説150周年の日だった。ゲティスバーグで行われた記念式典では,リンカンに扮した俳優が演説を再現したという。
 100年違いで選出され,共に暗殺されたケネディとリンカン両大統領には,昇格した副大統領が同じくジョンソン(08年生まれ)だったことを初めとして,偶然の符合がいろいろある。しかし,前にも触れたことがあるが, Wikipedia 日本版の「リンカーン大統領とケネディ大統領の共通点」によれば,多くの偶然の中の「白眉」だと思っていた「ケネディの秘書がリンカン,リンカンの秘書がケネディだった」という点については,リンカンの秘書にケネディという人がいたという記録はない,とされているのはちょっと残念だ。

 それにしても,なぜ「暗」殺なのだろう。「ひそかに(狙って)」ということらしいが,特にケネディの場合は白昼,大勢の目の前であり,「暗」いところはない。英語の assassin の語源はアラビア語でなんと「大麻常用者」だという。つまり hasheesh(ハシシュ,大麻)と関係のある言葉だった。

 高校の世界史の教科書などでは,だいぶ前から「リンカン」「ローズヴェルト」という表記が多数派になっている。「カンザス」もかなりかなり一般的になった(昔は「カンサス」と言っていた)。しかし,「ランドン」「イリザベス」にはなりそうもない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧