スポーツ

Sep 04, 2020

スアレス,エスコバーが2人ずつ/みんな16番――プロ野球後半戦へ

 6月19日に始まったプロ野球の今シーズンは,交流戦(例年各24試合)なしで各チーム120試合の予定で進んでいる。交流戦もオールスター戦もないので区切りというものがないが,8月末で半分が終わった。
 今年だけの特別ルールのうち,延長戦は10回で打ち切りというのが,試合の進行にとってはいちばん影響が大きいようだ。7回以降は細切れの継投が多いし,代走・代打がどんどんつぎ込まれる。

 今年,ロベルト・スアレス(Robert Suarez)がソフトバンクから阪神へ移籍し,クローザーとしてなかなかの活躍をしているが,ふと,ヤクルトにもスアレスという投手がいるのに気づいた。こちらはアルバート・スアレス(Albert Suarez)で,昨年入団だったらしい。今年は3回先発して2勝,防御率 0.53と好調。
 と思っていたら,DeNAのエスコバー投手(Edwin Escobar)のほかに,ヤクルトにも今年入団のエスコバー(Alcides Escobar)という選手がいるのに気づいた。こちらは内野手で,先発メンバーにほぼ定着し,打率 .289 を打っている。
 なお,この4人はすべて,DeNAのラミレス監督と同じくベネズエラ出身。

 9月1日,巨人・DeNA戦を途中から見たら,巨人のピッチャーは菅野。しかしなんとなく変だ。あれ,菅野の背番号が16番! よく見たら,巨人は他の選手もみな16番をつけていて,この日は川上哲治生誕100年の記念試合なのだった。
 川上の引退は1958年,私が小学校3年のときだから,私の世代でも現役時代のことはよく知らないが,「川上2000本安打」のニュース映画の記憶はある。(→参照

| | Comments (0)

Aug 04, 2020

照ノ富士の優勝――大相撲七月場所

 大相撲七月場所@東京は,幕尻の元大関照ノ富士の優勝で幕を閉じた。しかも,大関を陥落して幕尻に引っかかっていたわけではなく,けがで休場するなどしてなんと序二段まで落ちてから勝ち越しを続けて這い上がり,ようやく再入幕を果たしたところだった。波乱といえば波乱,しかし波乱のない場所などないというのも事実である。
 国技館のいと高きところに掲げられている優勝額の「定数」は32枚だという。照ノ富士が最初に優勝したのは30場所前だから,前の優勝額はあと2場所で外されるが,これから2場所は2枚同時に掲げられることになる。
 今場所は,横綱が不在になった中,新大関朝乃山が12勝,関脇・小結の4人のうち3人が11勝を挙げ,内容的にも立派だった。
 千秋楽の結びから3番前,「これより三役」ということで残り3番を取る力士が四股を踏む。今は三役ではない照ノ富士もここに加わっていた。

 先日,歯科医院へ定期点検とクリーニングに行くとき,家を出てすぐ,マスクをするのを忘れてきたことに気づいた。一瞬,取りに帰ろうと思ったが,どうせ着けばすぐマスクは外してしまうからまあいいか,と思い直した。
 そう,歯医者は,マスクの必要性がもっとも低い場所なのだった。

 8月1日,関東甲信地方もようやく梅雨明け「したと思われる」宣言。


| | Comments (0)

Jul 20, 2020

藤井新棋聖/各種「イベント」のチケット

 7月16日,将棋の棋聖戦(五番勝負)第4局で藤井聡太七段が渡辺明三冠に勝ち,17歳でのタイトル獲得が実現した。終局までの30分ほどだったが,私はネットの生中継で,勝利の,というより投了の瞬間を初めて見た。
 渡辺三冠は,実は番勝負でストレート負けしたことがないという。その記録は今回も守られた。
 資料を見ると,棋聖への就位式は昨年は9月だった。今年は大規模な式はできないだろう。(「就位式」という言葉はなかなか漢字変換ができず,「周囲指揮」とか「集意識」がまず出てきた。)

 宝塚歌劇の公演(宝塚大劇場)が17日に再開された。翌日は劇場内の売店でぼやがあって関係者は冷や汗をかいたが,公演はその後無事に行われているようだ。東京宝塚劇場は31日再開の予定。

 19日,大相撲七月場所が東京・国技館で始まり,朝乃山は新大関初日を白星で飾った。
 観客は2500人ほどに絞られている。しかし知人の話によれば,チケットは売り切れていなくて,定員1人となった枡席(通常は定員4名,ただし4人座るとかなりきつい)が買えたという。

 某日,孫のお供で某水族館に行くことになり,当日出かける直前に,日時指定のチケットをWeb予約で買った。しかし,入場の時間になっても,チケットとなるQRコードの入ったメールが届かない。少しあわてたが,その運営会社のサイトの「マイページ」にアクセスしたところ必要なQRコードが表示されたので,すんなり入場できた。結局メールが届いたのは入場予定時間の35分後だったという間の抜けた話。
 水族館の中は,時間帯を区切って人数を制限しているので,空いているということはないが休日にしてはゆったり見られた。休日でも時間によっては入場時間の直前まで空きがあるようだ。
 なお,上野動物園は,日時指定の整理券をネットまたは電話で申し込む方式で,毎週火曜日午前9時から,翌週の月曜日から日曜日までの整理券争奪戦が繰り広げられているとのこと。

| | Comments (0)

Sep 27, 2019

短信 9月20日――ラグビー・ワールドカップ/千葉の鉄道

ラグビー・ワールドカップ開幕
 9月20日午後,新宿駅を通ったら,ラグビーの日本代表のユニフォームを着て京王線の駅の方に向かう人と,少なくとも10人ぐらいすれ違った。開幕戦開始の6時間ぐらい前のことである。
 あとで記録を見たら,9月20日は,4年前の前回のワールドカップで南アフリカに大番狂わせ勝利した記念日なのだった。

 開幕の日本―ロシア戦は,前半の終わりの方からテレビで見た。ラグビーの基本的なルールは知っているつもりだったが,わかっていなかったことがいろいろあった。なにしろ,テレビの中継でさえちゃんと見た試合はいくつもないのだから,それも当然のこと。直前に買った参考文献(『ラグビーダイジェスト』増刊号「選手名鑑&ガイド」)を随時参照した。

久留里線・小湊鐵道開通
 先日千葉の台風被害のことを書いた翌日の9月20日夜,台風の後不通だったJR久留里線は,木更津~久留里間で運行を再開した。その先の久留里~上総亀山間については,設備損壊や倒木などの影響が大きく,復旧にはなお日数を要するとのことで,当面マイクロバスや乗合タクシーによる代行輸送となる。
 同じく不通だった小湊鐵道は,その翌日の9月21日,代行バスを走らせていた上総山田~里見などが復旧し,全線で運転を再開した。

| | Comments (4)

Jun 17, 2019

調味料とカフェイン

 年に2,3回行く某居酒屋には,主に一人客が座るカウンター席が10人分ほどある。その一部は,座ると目の前が業務用の調味料などの置き場になっている。
 置いてあるのは家庭用として昔からなじみのものが大部分だが,サイズがさすがに大きい。たぶん2リットルのボトルがそれぞれいくつも積んであるのが,ヒゲタしょうゆ,カゴメのトマトケチャップ,キューピーのマヨネーズ,ブルドック中濃ソース,あとラー油,ポン酢,おろし生姜など。ボトルではないケース入りがハナマルキの味噌。もっと大きいのがエバラ生姜焼きのたれの5kgパック,そして最大のものは味の素20kgの箱。
 楽屋裏はどこもおもしろいが,見ていると調味料で腹が一杯になりそうになる。

 テレビのバラエティー番組で,飲むとトイレに行きたくなる飲み物(ソフトドリンク)のベスト3(いやワースト3か)は何かという問題が出された。これについては,年をとって日常的に面倒が生じているので,あわてて答えをメモした。正解は
  1 コーヒー
  2 オレンジジュース
  3 緑茶
だった。飲み物の利尿効果は主にカフェインとカリウムによるもので,オレンジジュースはカリウムが多く,コーヒーと緑茶はカフェインとカリウムの両者を含んでいるのだという。その後見た他の資料によると,カフェインの量は紅茶,ウーロン茶も煎茶と同程度,ほうじ茶,玄米茶はその半分程度となっていた。
 ということは,音楽会やオペラの会場で売っている飲み物でカフェイン,カリウムの入っていないものはほとんどないということになる。麦茶を持って行くしかないか。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 6月15日の土曜日,大谷のサイクルヒットを祝って,久しぶりにスポニチを買った。ところが,いつもスポニチの1面は赤い見出しが躍っているのに,なぜか全体に青い。あらためて見ると,1面は大谷ではなく中央競馬で,あるサプリメントが違法薬物を含んでいる可能性のあることが発覚し,156頭が出走取消になったというニュースだった。大谷の記事はもちろん2~3面にちゃんとあったけれど。

| | Comments (0)

Sep 19, 2018

ラッキョウの地位

 日本的なカレーの付け合わせとして,不動の定番の地位にあるのは福神漬けである。福神漬けにはとてもかなわないがそれに次ぐ存在は,ラッキョウの甘酢漬けだと思う。店により,大きさも甘さ・酸っぱさも微妙に違うのがおもしろい。しばしば,大きめのラッキョウを挟むのが難しい小さなトングがついていて,せめて5つは取ってやるぞと意地を張ってみたりする。
 ところが,自由に取れる付け合わせのラインナップからラッキョウをはずすカレー店が,ここ10年ほど,多くなったような気がする。若者の間で人気が落ちたのか,あるいは経費が上がったのか。有料のオプションにした店もある。有料だと,店としてはさすがにあまり少量にするわけにもいかないから,ある程度以上の量があって,愛好者としてはこれはこれでありがたい。
 7月にちょっと紹介した神保町の「いずみカリー」(住所は西神田 →参照)でもラッキョウは有料である。あるときこの店で,入り口脇の立て看板に「ラッキョウ50円」と書いてあるのに,店内の食券自販機では80円になっているのに気づいたので,「看板に偽りあり」というのはまずいと店員さんに言っておいた。最近通りかかったら,前の看板は見当たらず,代わりに神田カレーグランプリの看板が出ていた。カレーグランプリが終わった後,元と同じにならなければいいが。

 8場所休場明けで出場した横綱・稀勢の里は,10日目に勝ち越しを決めた。横綱だから勝ち越しなど当たり前過ぎて気にするようなことではないはずだが,中継の画面からはほっとしたような雰囲気が伝わってきた。
 今場所,横綱白鵬,鶴竜,稀勢の里の3人が5日目までそろって白星を重ねた。これは1989年3月場所以来だという。つまり,平成の初めと終わりに起きた出来事ということになる。29年半前の横綱は千代の富士,北勝海,大乃国で,11日目まで3人全勝だったとのこと。
 先場所優勝の御嶽海は10日目までで4敗,大関取りは苦しくなった。栃ノ心も4敗で,カド番脱出への戦いが続く。

 関西空港連絡橋は,鉄道が予定より早く,18日に復旧した。めでたい。
 しかし道路については,18日の報道では,橋桁2本を建造してかけ直すため,完全復旧は来年の大型連休前になるという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 30, 2018

「光部」考/分類目録

 前回,金足農業の吉田輝星投手に関連して,漢和辞典では「輝」という字の部首は「車部」であり,「光」という部首はないと書いた。手元にある辞典では,「光」は「儿部」(にんにょう,ひとあし),「耀」は「羽部」の所属としている。いずれも,漢字の一部の形による分類である。
 その後辞典を眺めてみたところでは,「晃」「幌」「恍」「胱」などの字の「光」という部分は《コウ》という音を表している(したがって部首ではない)。これに対し,「光」「輝」「耀」は,形から見ても,「かがやき」という意味が共通することから見ても,「光」という部首とするにふさわしいように見える。
 それで,仮名漢字変換システムの漢字辞典を探してみたが,「光部」を立てたとしても,所属する文字はJIS第1・第2水準では上記の3字のみ,ユニコードの範囲でも「兤」「韑」「黋」(少し形が違うが)が加わるくらいのようだ。
 なお,形声文字の部首は意味のグループ分けを示すものだから,「光」を部首にすると,「光」自身は別として,ますます《コウ》と読むのはおかしいということになる。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 えーと,また新しい事件が加わってこんがらがってきた。あと何があったかな?。
【競技団体・組織の問題】 大相撲,女子レスリング,ボクシング,女子体操
【個別のクラブ(とその所属法人)の問題】 日大アメリカン・フットボール部
【選手の犯罪】 バドミントン(賭博),大相撲(暴行),プロ野球(賭博,覚醒剤,窃盗など),バスケットボール(アジア大会での買春)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 19, 2018

サヨナラ・2ランスクイズ

 高校野球第100回大会で,地元・南神奈川の横浜高校は,3回戦で秋田の金足農業(ユニフォームでの表記はKANANO)に敗れてしまい,こうなったらその金足農にがんばってもらおうと思った。で,8月18日(土)夕方,帰宅してテレビをつけたら準々決勝の近江―金足農戦が終盤を迎え,2―1で近江がリードしていた。
 そのまま迎えた9回裏,金足農は四球をきっかけに無死満塁とし,バッターはこれまで無安打の9番打者。これが絶妙のスクイズを決め,おお同点と思ったら,前進してバントの打球を捕った3塁手が1塁に送球している間に2塁ランナーがホームに突入,1塁からの返球はわずかに間に合わず,2点目が入って逆転サヨナラ。なるほど2ランスクイズというのがありうるのか。生放送で見るのは初めてだった(と思う)。
 大会で予想以上の活躍を見せるチームは,大会の試合を経験することによって大会中にも強くなっている。アマチュアの演奏家の多くが認めている「いちばん練習になるのは(演奏会)本番だ」という法則は,ここでも当てはまる。

 南関東は,17日・18日は湿度が低く爽やか。特に18日は久しぶりに最高気温が27度だった。桜も梅雨明けもやたらと早かった今年だが,秋の訪れも早いのかどうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 14, 2018

タイは破られた――8.12の記録

 8月12日(日)は夏の大スポーツデーだった。
 まずは高校野球第100回大会の星陵(石川)―済美(愛媛)戦。済美が 1-7 から8点入れて逆転しただけでもすごいドラマだが,星陵も9回表に2点入れて9-9。延長10回,11回は両チーム無得点で,13回からは今大会2試合めのタイブレーク(無死1,2塁から始める)に突入した。13回表に星陵が2点を入れ,これで決まりかと思ったら,その裏の済美は逆転サヨナラ満塁ホームラン。まさに漫画のような結末となった。
 タイブレークは今年から高校野球に導入されたが,春のセンバツでは実施はなく,今大会では2回目のタイブレーク突入だった。今大会の初めてのタイブレークは,6日の佐久長聖(長野)―旭川大高(北北海道)戦で,13回は両軍無得点,14回表に佐久が1点入れ,裏をゼロに抑えて決着した。なるほど,タイブレークだからといってすぐ点が入るとは限らないわけだと思った。
 今大会の地方予選では35試合で実施されたという。全3700余の試合の中の1%弱ということになる。これに対し,甲子園では12日までの30試合の中で2試合実施だから,かなりの実施率ともいえる。
 タイブレークの導入については異論も多かった。しかし,済美の山口投手は前の試合も完投し,この試合では184球も投げている。もしタイブレークなしでこのまま投げ,引分け再試合でまた投げてということになっていたら,などという恐ろしい事態を考えれば,導入の意味は明らかだ。
 なお,タイブレークでの満塁ホームランは,当然のことながら,打者の打点は4,投手の自責点は2とカウントされる。

 同じ12日,ソフトボール世界選手権でも,決勝で「タイブレーカー」があり,日本は米国にサヨナラ負けをした。上野由岐子投手は1日で2試合を中3時間半で完投した。昔国鉄スワローズでダブルヘッダーの両試合にしばしば投げたカネやん(金田正一)を思い出す。
 ソフトボールでは名称はタイブレーカー。テニスなども含め,英語では -er あり・なし両方が使われるようだが,英語の制度名としては tie breaker の方がしっくりするような気がする。
 ソフトボールでは1987年から採用されているというから,野球にとっては大先輩になる。ソフトでは通常の7回まで終わって同点の場合,8回からは無死2塁(ランナーは直前の打者)で始める。

 この日ほかにも,ヤクルトの石川雅規が7回までパーフェクト,巨人がマツダスタジアムで1年ぶりの勝利,パンパシフィック選手権水泳で大橋悠依200mと400m個人メドレーで金メダル,本田圭佑がカンボジアの事実上の代表監督就任など,山のようにスポーツニュースがあった。
 それなのに,翌13日は新聞休刊日。火曜のスポーツ紙で日曜のニュースを見るか。

◆追記
 14日(火)のスポニチでは,「12日のスポーツ」という1ページに,高校野球もプロ野球も水泳も押し込まれていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 08, 2018

高校野球における詐称と極大項/内弁慶

 甲子園の高校野球の2日目,佐賀商業と高岡商業の公立商業高校同士の試合を見ていたら,ユニフォームに書かれた学校名が,高岡は順当に(?)「TAKASHO」なのに対し,佐賀は「SASHO」(「SAGASHO」でなく)だったので,あれ,「詐称」みたい(失礼)と思ってしまった。Wiki等によれば,佐賀商の通称はなるほど「佐商」で,他に「佐工」(佐賀工業高),「佐農」(佐賀農業高)もあって,「佐」で一貫している。さらに,佐賀女子短大付属佐賀女子高は「佐女」,唐津市の早稲田佐賀高(共に私立)は「わせさ」というとのこと。
 「佐賀」は短い県名なので口頭でなら略さなくてもよさそうに思うが,漢字1字で表記するとすれば「佐」になるということだろう。ネットで見ると,地元の新聞などに有名人の「来佐」の記事がたくさんある。

 もうひとつ,同じ日に登場した旭川大学高校は「KYOKUDAIKO」と表記していた。こちらは略記するなら必然的に「旭大高」となるだろうが,口頭で「きょくだいこう」と普通にいうのかどうか(なんだか「極大項」みたい)。
 なお,佐賀の場合と同様に,「来旭」という言い方もある程度使われるようだ。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今日8日,大谷翔平が第12号ホームランを打った。8月に入ってから6試合に出場し(うち5試合は指名打者),24打席で20打数8安打(四死球4)で打率4割,ホームラン3本と好調。よしよし。
 ただ,12本中10本が本拠地球場で,著しく「内弁慶」状態だ。

 今日8日,某スポーツ競技団体の会長が辞任を表明。よしよし。
 だいたい,名誉職でない実務的な会長が「終身」などというのは,通常の団体では考えられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧