スポーツ

Jan 31, 2017

ポケベルの第1期/直前の2場所に優勝していなくても横綱

 移動中に連絡がつく手段を,一般人が歴史上初めて手に入れたのは,ポケットベルによってだった。ネット上の資料によると,携帯電話の前身の自動車電話(→参照)が登場する10年前の1968年ことだというから,もう50年近く前のことである。
 最初は,後の自動車電話と同じく,ごく限られた人が利用するものだったが,やがて料金も下がってきて,勤務先の取引先の人たちがポケットベルを持つようになったのは1970年代の後半だったと思う。いつも出歩いている営業担当の人に電話をすると,それ前は「帰りましたらお電話させます」だったのが,「呼び出してすぐお電話させます」「はい,いまポケットします」という返事に変わった。
 同じころ,ある演奏会の会場で産科医院の開業医に会ったら,「いやあ,ありがたい時代になりました。ポケベルがあるとなにかあったら連絡が来るんで,臨月の人がいても安心して演奏会に出かけられます」と言っていた。
 ずっと後に大流行したポケベルは数字なども送れるものになったが,当時のポケットベルは単に合図のベルが鳴るというだけだったから,持っている人は,ベルが鳴ったら自分の「本拠地」(自社,自宅など)に電話して伝言を聞くというのが普通の使い方だった。そのころオフィスの電話は代表電話から内線に人間がつなぐのが一般的で,固定電話も1人1台はまだ先の話,ましてケータイなどはドラえもんの世界のものだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~
 大相撲初場所の結びで稀勢の里は白鵬に逆転勝ちし,新聞等の論調の後押しも得て,ともかく文句のない形で横綱に推挙された。正式に横綱に昇進したのは1月25日,たった1週間前のことである。その翌日には綱打ちが行われ,2日後には明治神宮で土俵入りが奉納された。昔からこんなに手際よく,というより慌ただしく,事が進んでいたのだろうか。
 前に蒙を啓いてくれた長山聡『大相撲 あなたの知らない土俵の奥』(実業之日本社)(→参照)によると,横綱昇進のための「連続優勝またはそれに準ずる成績」という内規ができた1958年以降の横綱27人中,「直前の2場所に優勝していないが横綱になった力士」が7人もいるという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 22, 2017

立川談四楼『声に出して笑える日本語』

 2009年発売なのに去年秋まで知らなかったのが,立川談四楼『声に出して笑える日本語』とその続編『もっと声に出して笑える日本語』(ともに光文社知恵の森文庫)。続編は文庫オリジナルだが,正編は2002年に単行本で出たものなので,もう15年近く前の本だ。主にテレビでの言い間違いなどを集めたもので,糸井重里他による『金の言いまつがい』『銀の言いまつがい』と趣旨は似ているが,こちらは,落語界の楽屋話なども織り交ぜてなかなか読ませるエッセイになっている。ぬかりなく,冗語(→参照)も扱われている。
 こういう本は,内容を紹介するとネタバレになってしまうので,Amazonに書いてある例(帯に書かれているものと同じ)を書いておく。
  悲惨な事件を伝えた女性キャスターがまとめのコメント。
  「ご遺族は今、悲しみの<ズンドコ>に沈んでいます...」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 もう10回以上準優勝していた大関・稀勢の里が,ようやく初優勝を決めた。去年は後輩大関の琴奨菊,豪栄道が優勝したのに,一人取り残されていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 25, 2016

日本シリーズ/レタス/どっちしても

 プロ野球のクライマックスシリーズは,セパ共にリーグ戦1位のチームが日本シリーズに進むという順当な結果になった。
 前に,日ハムの不安要素は大谷が出ないと頼りないことだ,と書いたが,シリーズ第1戦の日ハムは大谷が出たのに3失点で,まさかの敗戦となった。しかし,大谷だって,シーズンの防御率は1.86だからエラーなどあれば3点ぐらいとられることはあるわけで,攻撃陣がなんとかすべきところだ。

 台風続きに思わぬ暑さもあって,野菜,特に葉ものが高騰している。たとえばレタスは,値段は298円で持ちこたえていたが,手に取ると小さくスカスカだった。白菜はもっと景気よく上がって,1/4で200円ぐらいしている。葉もの以外では特にトマトの質が良くない。
 それでもレタスについては先週末にはだいぶマシになったので,久しぶりに買った。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昔聞いた「名言」: 世の中,言っていいこととかまわないことがあるんだぞ。
 英語にこれとちょっと似たのがある: Heads I win, tails you lose.
 これはコイントスの場面で,headはコインの「表」,tailは「裏」の意味。つまり「表なら僕の勝ち, 裏なら君の負け」!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 18, 2016

オリンピック余聞

 リオ・デ・ジャネイロの空港は「アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港」っていうんですね。シャルル・ド・ゴール,ジョン・F・ケネディ,レオナルド・ダ・ビンチなどが空港の名になっているが,音楽家の名というのは珍しい。

 卓球の福原愛が,台湾の卓球選手と結婚したという。福原の話す中国語の巻き舌の具合がかなり台湾風になったという中国語学者の分析が,テレビで語られていた。
 このニュースで思い出したのは,「愛ちゃんは太郎の嫁になる」という歌詞。タイトルは「愛ちゃんはお嫁に」で,1956年のヒット曲。私が小学校1年のときなので,この歌を思い浮かべたのは私より年上の人だろう。

 女子レスリングの1日目をテレビで見ていて,「あのアスロックの人はどうしたの」と言った人がいた。去年まで ALSOK に所属していた吉田沙保里選手のことを言っているらしいと気づくのに,少し時間がかかった。まあ,アスロックの方が鍵がかかりそうな感じもするが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ホンダから,車のリコール(無償修理)の連絡が来た。例のタカタ製エアバッグを交換するらしい。自分の車がリコールの対象になるのは初めて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 11, 2016

[祝]広島カープ優勝/[悼]ヨハン・ボータ

 9月10日,広島カープの25年ぶりのセリーグ優勝が決まった。前回8月26日(→参照)に野球のことを書いたときは2位巨人と9ゲーム差だったが,その後順調にマジックナンバーを減らし,直前で固くなって足踏みということはなかった。
 8日,巨人も連勝して地元優勝はできず,M1。翌9日は広島は試合がなく,巨人が負ければ優勝決定だったが,巨人は勝った。巨人は,どうやら目の前で胴上げを見たかったようだ。そして昨10日,東京ドームで広島は巨人に勝って優勝決定,6月上旬から首位を突っ走っての独走だった。
 前に少し書いた(→参照)ように,1975年の広島の初優勝は感動的だった。このとき,広島は球団創設25年目だった。今回は,同じ25年という年月を隔てての優勝ということになる。

 8日,テノール歌手ヨハン・ボータが死去したとのこと。まだ51歳だったのでびっくり。10月のウィーン国立歌劇場来日公演でも『ナクソス島のアリアドネ』のバッカスを歌うはずだった。
 初めてボータを見たのは2005年,ウィーンでのローエングリンだった(→参照)。100kg超級の巨漢で,私は「ボタ山関」と呼んで名前を覚えた。あとは東京で,スカラ座のラダメス(2009),バイエルンのローエングリン(2011,カウフマンの代役)を見た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 06, 2016

台風が東北上陸 西武多摩湖線 チャスラフスカ

 8月後半,台風がいくつも続けて発生した。中でも台風10号は,南の方でさんざん右往左往してから,30日に大船渡付近に上陸した。台風が東北地方の太平洋岸に上陸したのは初めてだと聞いて少し意外な感じがしたが,そうか,今までの台風は,関東に上陸してそのまま陸路を行って東北地方に達していたのか(ほかに,日本海から上陸したことはあった)。台風は上陸すると勢力が弱まるから,今回はこれまでに経験のない事態になったということなのだろう。
 この「初めて」について気象庁は,「観測史上初めて」ではなく,「統計をとりはじめた昭和23年以来初めて」という言い方をしていた。それまでも天気図は作成され,台風の観測も行われていたはずだが,台風の中心の動きをきちんと把握することはできなかったのだろう。また,天気図の要素のかなりの部分は軍事機密とされていたと思われる。
 それで,本来は関係のない話で申しわけないが思い出してしまったのが,夏の高校野球でこれまで東北勢の優勝がないということである。今度はめでたい「初めて」が実現することを祈る。

 これより前の8月22日,台風9号による風雨で,西武多摩湖線の武蔵大和駅―西武遊園地駅間で土砂崩れが発生,国分寺行電車が脱線した。乗客・乗務員に怪我はなかった。武蔵大和駅は同型の巨大戦艦2つの名をつなぎ合わせた駅名ということで,ときどき話題になる。
 西武多摩湖線は国分寺駅から西武遊園地駅までの9.2km,途中駅5つのミニ路線で,西武拝島線との接続駅・萩山から西半分が運休となった。当初,復旧には1か月という話もあったが,約半月で今日9月6日に開通した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 1964年の東京オリンピックの女子体操で大活躍したベラ・チャスラフスカ氏が8月30日に死去した。この大会で活躍した外国選手としては,アベベと共にもっとも印象に残った名前である。
 競技は白黒テレビで見ていたから,大会後に発売された『アサヒグラフ』の表紙で,赤いレオタード姿のチャスラフスカのカラー写真を見たときは,その美しさ,鮮やかさに息をのむ思いがした。今より成長が遅い当時の中学3年生の間でも「チャスラフスカの太もも」は話題となり,鮮烈な記憶を残した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 26, 2016

オリンピック中のスポーツ紙

 当ブログ開設以来,4回目のオリンピックが終わった。大会2日目から閉会式の前日まで毎日買っていたスポーツ新聞を見ると,大会の初めのころにメダルをとった競泳や重量挙げは早くもかなり前のことになってしまった。
 名場面はたくさんあったが,いちばん印象的だったのは女子レスリングの1日目の3人連続の逆転金メダル(前回参照)。次いで,女子バドミントンのダブルス高橋・松友の金メダル,陸上男子400メートルリレーの銀メダル。

 期間中,スポーツ紙の1面がオリンピック以外の記事になったのは,ひとつはイチローの大リーグ3000本安打の日(9日)で,スポーツ紙だからこれは当然。しかしこれに加えて,14日のトップ記事はSMAP解散のニュースだった。さらに翌日も,たまたま金メダルのニュースがなかったせいもあるが,SMAPだった。ほとんど関心がないから簡単に言ってしまうが,25年もよく続いたものだ。
 ビートルズの例を見るまでもなく,すべてのグループ活動には終わりがある。だから,『バンド臨終図鑑』(2010,河出書房新社)という「専門書」さえ編まれているのである。

 プロ野球は,セリーグ首位広島が2位巨人との天王山に2勝1敗と勝ち越し,9ゲーム差となった。その前の段階で一時4.5ゲーム差まで迫られていたが,その後踏みとどまって,余裕を持って戦えたのが大きい。
 これに対してパリーグは,最大11.5ゲーム差をひっくり返して日本ハムが首位になった。メークドラマになりそうな勢いである(→参照)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 21, 2016

珍しい名字3人の金メダル

 オリンピック後半のメダル有望種目はレスリング。18日の女子レスリングは,3階級連続で日本選手が逆転勝ちで優勝した。時間ぎりぎりでの逆転というドラマが3つも続き,あまりにもうまくいったので,レスリングの女神が「もういいだろう」と思ってしまわないかなと恐れていたら,翌日は不敗を誇った吉田が決勝で敗れてしまった。(その後,63kg級で金メダルをとって,結局日本は6階級中,4階級で金メダルを獲得した。)

 ところで,1日目の金メダルは,登坂(とうさか)伊調(いちょう)土性(どしょう)という非常に珍しい名字のトリオだった。伊調さんという人はこの伊調馨選手しか知らないし,登坂さん,土性さんという名字は今回初めて聞いた。名字由来net などの情報によれば,この中で一番珍しい(人数が少ない)名字は伊調で,以下土性,登坂の順だという。
 珍しい名字でも,五郎丸選手の場合のように,1人有名人が出れば皆が知っている名になるのがおもしろいところだ。同じくラグビーの桑水流(くわずる)選手というのも五郎丸以上に珍しい姓で,第一,知らなければ読めない。
 プロ野球で珍しい姓というと,思い出すのは東映フライヤーズ(という球団が昔あった)の毒島(ぶすじま)である。国語で狂言「附子」を習ったとき,なるほど「ぶす」は「毒」なのだなと思った覚えがある。次いで印象的なのは,掛布(かけふ)。湯桶読みである(掛布については →参照)。稲尾というのも名字としてはけっこう珍しいらしい。「稲」も「尾」も名字によく使われる字なので,ちょっと意外だった(稲尾については →参照)。
 いまの選手で珍しい姓というと,共に広島の下水流(しもずる)(そよぎ)の2人だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 14, 2016

銀か銅か――オリンピック点描

 トーナメントの場合,銀メダルだと負けて終わるのに対し,銅メダルだと,3位決定戦がある場合,勝って終わることになる。どっちが悔しいのか,うれしいのか。オリンピックの柔道で,銅メダルをとって悔しいという選手が多かったが,決勝で負けて銀メダルだったとしたらどうだったのだろう。同時に体験することはできないことで,比較のしようがないけれど。
 もし3位決定戦なしで2者とも3位とすれば銅メダルでも負けて終わることになり,その点は銀メダルと同様になる。とすれば,3位決定戦不要論にも「合理性」があると言える。
 一方で,トーナメントではないが,ボート競技などでは実に律儀に「16-24位決定戦」などが行われる。
    (参照 →トーナメント理論

 オリンピックはいつも,種目数の多い柔道・競泳が日程の前半にあって,アテネ大会ぐらいから,日程の前半に日本のメダルが量産されるようになった。
 中でも柔道は,今回のリオデジャネイロ大会は男女合わせて14階級中12階級でメダルを獲得した。柔道が正式競技になったのは前の東京大会のときで,このときは男子のみでわずか4階級(体重別3つと無差別級)だった。
 競泳は,アテネ大会以降,メダルがとれる競技になった。大部分の競技の決勝に日本選手が残っているという風景は,昔はまったく見られなかった。
 大会前はあまり話題になっていなかった「伏兵」は,前回ロンドンではアーチェリー,今回はカヌー。メダルには届かなかったが,格上チームを次々と破ったのは7人制ラグビー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 11, 2016

メークドラマの「悪夢」

 今季のプロ野球,パリーグは早い時期からソフトバンクの独走となり,セリーグも,最初は混戦が続いていたが7月からは広島が独走し,両リーグとも2位と一時11ゲームの差がついていた。
 広島と2位の差が10ゲームになったとき,長年の広島ファンの知人に「もう大丈夫ですね。2位以下は勝手につぶし合ってるし。」と言ったところ,彼はちょっと困ったような顔をして,「いや,広島はね,10ゲームじゃ全然安心できないんですよ。なにしろ,Gの“メークドラマ”のときに負けたのは広島ですから。」という。
 そういえばそうだった。当時は野球をそれほど熱心に見ていなかったので詳細は忘れていたが,1996年のセリーグは,長島巨人がずっと首位だった広島との最大11.5ゲーム差をひっくり返して優勝し,茫然とするほかなかった。
 今年,彼の心配どおりその後差が縮んで,10日現在4.5ゲーム差。23日からの広島・巨人三連戦が天王山となりそうだ。パリーグはもっと縮んで3ゲーム差になった。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 オリンピックの男子 200m 平泳ぎの金メダルはカザフスタンの選手で,表彰式で流れた国歌は,ちょっとエキゾチックな短調だった。考えてみると,「君が代」も,旋律は短調でも長調でもない旋法によっているが,和声は短三和音が中心で,西洋音階に慣れた耳には短調のように聞こえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧