ニュース

Jul 31, 2018

JRの運転再開予定/台風が東から西へ

 30年7月豪雨は,鉄道にも大きな被害をもたらした。特に被害が大きかったのはJR西日本で,大幹線の山陽線から山中を走る地方交通線まで,その被害範囲は広い。
 それでも少しずつ復旧が進み,7月30日現在の不通区間と運転再開の予定は以下のとおり。一部では再開まで「長期間」としか言えないのが悲しい。
[山陽線] 8月1日 下松~徳山
      8月中旬 瀬野~海田市
      9月中 柳井~下松
      10月中 白市~瀬野
      11月中 三原~白市
[姫新線] 数ヶ月後~年内 上月~新見
[津山線] 8月上旬  玉柏~野々口
[伯備線] 8月上旬(8月1日を目指しています)  豪渓~上石見
[芸備線] 9月中   狩留家~下深川
      数ヶ月後~年内 新見~備後落合
      運転再開まで長期間 備後落合~狩留家
[福塩線] 運転再開まで長期間 府中~塩町
[因美線] 数ヶ月後~年内 智頭~津山
[呉線]  8月上旬 坂~海田市
      11月中  広~坂
      2019年1月中 三原~広
[岩徳線] 10月中 岩国~櫛ヶ浜
[木次線] 運転再開まで長期間 出雲横田~備後落合

 JR四国も,特に環状幹線の北西部分が深刻な被害を受けた。7月20日の発表では運転再開は「早くても2か月後」「相当な期間を要します」となっていた部分について,7月30日になって再開の目処がだいぶはっきりしてきた。

[予讃線] 本山駅~観音寺駅間 8月9日に再開予定
      伊予市駅~伊予大洲駅間(海回り) 8月10日に再開予定 
   ※観光列車「伊予灘ものがたり」は8月24日(金)から運転を再開する予定
      卯之町駅~宇和島駅間 9月中を目処に再開予定
[予土線] 宇和島駅~窪川駅間 8月10日に再開予定

 JR東海では,高山線が一部不通。特急「ワイドビューひだ」は全列車全区間運休しているが,8月半ばから一部運転を再開する予定だという。
<岐阜駅~飛騨金山駅>  通常通り運転
<飛騨金山駅~下呂駅>  不通  バス代行あり  運転再開は8月半ばの見込み
<下呂駅~高山駅~坂上駅>  ダイヤを変更して運転
<坂上駅~猪谷駅>  不通  バス代行あり  運転再開まで数か月を要する見込み

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 豪雨に続いては逆行台風がやってきた。
 台風12号は,海上を東南から北西に進んできて,関東地方の手前で左に曲がり,史上初めて東から西へのコースをたどった。三重県に上陸してそのまま西へ進み,九州西部を南下して,3日目になっても九州の西に停まっている。関東では28日(土)に最接近し,東京でも風雨がかなり強まったが,それほど長い時間は続かなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 11, 2018

怪獣たち/大水害/短信5:あと3試合

 西日本の広域大水害は「平成最悪」の事態となった。しかしほかにも,先週から今週にかけて,オウム事件関係7名の死刑執行,タイの洞窟での13名遭難と救出,大口病院事件で元看護師逮捕,大谷が代打で決勝大ホームラン,小田急のロマンスカーLSE 7000形の最終運行など,次々といろいろなことがあった。6月の話題の中心だった紀州のドン・ファンはどこかへ行ってしまった。
 加藤剛に続き,今日7月11日に新聞には作曲家オリバー・ナッセン(Oliver Knussen)の訃報が載った。有名な絵本『かいじゅうたちのいるところ』(原題 Where the Wild Things Are 日本語版は冨山房刊)によるオペラを作曲した人として名前を知ったが,享年66歳で,私より若いのだった。

 このたびの水害では,広島県呉市も被害を受けた。
 呉には10年以上前に一度行ったことがある。呉は,私の郷里の横須賀と同じく旧海軍の鎮守府と工廠の町だったので,地形的条件も似ているだろうと予測していたところ,呉線の車窓から見る風景は実際に横須賀とよく似た雰囲気だった。(記録は →参照
 水害のニュースで,被災地として呉市安浦町という地名が出てきたので,テレビの前で「あ」と声を出してしまった。平凡な文字だから同じ名があっても不思議はないが,横須賀にも安浦という地名があるのである。横須賀の安浦は,旧安田財閥の祖・安田善次郎が埋め立てたことによる命名なので,自然地名ではないが。
 オールスター前最後のカード,広島―阪神 3連戦(9日から,広島球場)は中止になった。やむを得ないとは思うが,広島の試合はこれまでに雨ですでに7つ中止になっているので,9月がたいへんな日程になりそうだ。
 高校野球の広島県予選は,7日の予定だった開幕が17日に延期になった。

 この間,FIFAワールドカップは決勝トーナメントが進み,南米のチームはすべて敗退して,準決勝に進んだのはフランス,ベルギー,クロアチア,イングランドのヨーロッパ勢のみとなった。準決勝ではまず,ベルギーがフランスに敗れた。日本がベルギーと戦ったのは9日前のことだったが,もはや遠い過去となった。
 残りは準決勝もう1試合と決勝,3位決定戦の3試合。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 05, 2018

短信4:最後に逆転される/桂歌丸

 7月2日月曜夜は9時就寝,3時に起きて決勝トーナメントのベルギー戦を見た。日本の先制2点は胸のすくような鮮やかなゴールでかなり期待がふくらんだが,最後に,驚くべきスピードのカウンターで逆転された。うーん,強い。終わって,胸の代わりに腹がすいた。
 でも,ベルギーって,FIFAランキングが日本より下だった時代はけっこう長かった。ここ10年でベルギーがいちばん下だったのは 2009年10月の68位。日本がこれまでで最高の13位だった2011年4月にはベルギーは37位。しかしその後急成長して,逆転したのは2012年10月。今回のワールドカップ直前,ベルギーは3位なのに対し,日本はなんと61位で相撲でいえば十両中位だが,順位に比例した大きな差があるわけではなかろう。
 8強が出そろって,決勝トーナメントはこれからが佳境。どうせならベルギーに勝ち進んでほしい。(「トーナメント理論」については →参照

~~~~~~~~~~~~~~~~
 2日,桂歌丸死去。まだ81歳。このブログでは一度触れたことがある(→参照
 7,8年前だと思うが,一度,池袋の有名居酒屋で姿を見たことがある。池袋演芸場での高座が終わった後,先触れの人が来て「すいません,今歌丸師匠を連れて来ますんで」と予告し,4人連れで登場した。病気のせいもあっただろうが,驚くほど小柄だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 24, 2018

交流戦終了/短信2

 プロ野球交流戦は,6月21日に全日程を終え,ヤクルトが1位になった。
 順位表がちょっとおもしろくて,1位ヤクルトの下にオリックス以下パリーグが5チーム並び,その下に巨人以下セリーグが5チーム,最下位は楽天。トータルではパリーグ59勝,セリーグ48勝で,例年通りパリーグ圧勝だった。
 交流戦前,セリーグ内でヤクルトは最下位だったが,交流戦中に一時は3位にまで上がった。その後また下がったが,3位から6位まで0.5ゲーム差しかない(23日現在)。

【ワールドカップ短信】
 ワールドカップのグループリーグは,3分の2が終わった。やっぱり見ればおもしろいので,特に21時開始の試合はいくつか見た。
 第1戦を落としたドイツや引き分けたブラジルは,第2戦ではきっちり勝ったが,アルゼンチンはクロアチアに0-3で敗れ,グループリーグ敗退の危機に瀕している。しかし,当ブログの記録によれば,2010年南ア大会ではフランス,イタリアが,2014年ブラジル大会ではスペイン,イングランド,イタリア,ポルトガルが,トーナメントに進めなかった。勝負はやってみないと。
 2006年ドイツ大会の直前に,日本の強化試合の相手をしてくれたのが人口39万人のマルタ共和国だった。今回アルゼンチンと引き分けたアイスランドは,人口がもっと少ない35万人で,本大会史上最小の国。アイスランドにはちょっとした縁があるので(ただし,悲しい縁 →参照)陰ながら応援しているが,第2戦はナイジェリアに敗れた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 27, 2018

キクラゲがおいしい

 数年前に,たまたま入った高尾山口の蕎麦店で,「天狗の耳たぶ」の天ぷらを食べた。何でも天狗と結びつける高尾山だが,この耳たぶというのは,地元産の肉厚のキクラゲのことだった。この店にはその後何度か行って,そのたびに同じものを食べた。(→参照
 それがひとつのきっかけになって少し注目していたのだが,全般にキクラゲがおいしくなったと思う。昔はほとんどが中国産の乾燥したもので,炒め物によく入っているが,紙のように薄く,ほとんど味がしないものだった。それが今は,国産の養殖ものが出回るようになり,乾燥でなく生のものも売られている。肉厚で大きく,ぷりぷりした食感が心地よい。
 定番の木須肉(ムースーロー)(キクラゲ卵炒め)のほか,春キャベツ,ピーマン,ホウレンソウなどの野菜,および豚肉といっしょに塩味であっさり炒めるのがおすすめ。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 神保町1丁目の某イタリアンのランチタイムは,パスタが「男性大盛り無料」になっている。こうした形の男性優遇は今どき珍しいと思ったが,よく見ると,女性は「デザート食べ放題」なのだった。

 少し前に行ったレストランの名は「セキハラ」さん。きっと名字そのままなのだろうが,カタカナで書いてあるので,申し訳ないが1字違いの語をどうしても思い出してしまう。

 ニュースで使われる肩書きはときどき「新種」が登場するが,一昨日あたりから,「メンバー」という新しい肩書きが登場している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 12, 2017

衆議院解散 1980と2017

 首相の思いつきによる「思いつき解散」によって衆議院議員選挙が公示され,選挙戦が始まった。今回の衆議院解散はかなり突然だったにもかかわらず,28日の解散から5日後には近所に選挙ポスターの掲示板が立派にできていた。――うーん,日本人は真面目だ。
 衆議院議員の任期は4年だが,たいていはそれ前に解散がある。前回の選挙からもう2年半以上たっていたから,関係者は少しずつ準備をしていたのだろうが,全国規模で誤りなく整えるのは容易ではないだろう。しかも今回は選挙区の区割りの変更があったし。

 私が選挙権を得て以来,今回は18回目の総選挙になるらしい。その中で,あまりの突然の解散にもっとも驚いたのは,1980年5月の通称「ハプニング解散」である。
 当時私は一人暮らしでテレビを持っていなくて,解散のニュースを知らないまま寝た。翌朝は土曜日だった。寝ぼけまなこで新聞を広げたところ(今の多くの若者と違って新聞は取っていた),「大平内閣不信任案可決」「衆院解散へ」という大見出しが踊っていて目が覚めた。
 不動の自民党政権の時代で,不信任案が提出され否決されるのは儀式のようなものだった。しかしこのときは,自民党内の反主流派の多くが採決を欠席したために,通るはずのない内閣不信任案が可決されたのである。大平首相は,当然総辞職はしないで衆議院を解散,予定されていた参議院選挙と初めての同日選挙になった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~
 うかつにも先週初めて気づいたのだが,東急東横線の日吉駅の駅メロは「若き血」だった。なるほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 02, 2017

続『ルチア』/東京新聞の4月1日

 前項の『ルチア』の続き――
 私はベルカントは必ずしも得意種目ではないが,中ではドニゼッティをいちばん多く見ている。その中でも『ルチア』はトップで,今回が7回目だった。最初に見たのは1977年の二期会で,ルチアは去年亡くなった中沢桂氏。ほかに,印象に残っているルチアは87年藤原歌劇団の出口正子氏で,世界に通用するルチア歌手として話題になった。
 新国立劇場は2002年秋にも『ルチア』を上演している。そのときの演出は1回でお蔵入り,いやお蔵に入ればいいのだが,入らずに終わったことになる。このとき私が見た日のルチアは(当時はダブル・キャストだった)チンツィア・フォルテという声の大きそうな名の人だった。
 ところで,『ルチア』の筋立ては『運命の力』に似ている,と今回思った。共に,ヒロインの兄が家のことをのみ考えていることが悲劇の源になっていて,最後は主要人物3人が死んでしまう(『運命の力』初版の場合)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 たくましく反体制路線を貫いている東京新聞の4月1日朝刊「こちら特報部」面は,(たぶん久しぶりに)エイプリル・フール記事だった。トップ記事は「「AI町議」大暴走 カジノ開設で伝統の梅林破壊 「歳入ファースト」設定原因?」。おもしろかったのは「ツイッター 起源は奈良時代? 木簡に140字制限 「忖度」や「#」の記述も」。
(エイプリル・フール記事については,このブログの最初期の2004年4月1日に書いたことがある。→参照

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 09, 2016

シュザンヌ・ヴァラドン/ネヴィル・マリナー

 横須賀芸術劇場と共に郷里・横須賀が誇るべきハコもの,横須賀美術館へ,「女性を描く――クールベ,ルノワールからマティスまで」展を見に行った。
 行きは京急・馬堀海岸駅から観音崎行きのバス。このバスの行く道には,古いレンガの水道施設があったり,走水神社が見えたりして,変化に富む。海沿いの小さな峠を越えて走水の港を見下ろすあたりは,子供のころと同じようにわくわくする。久しぶりに晴れて,芝生の斜面の上の美術館から見下ろす東京湾がきらめいていた。
 「女性を描く」展は,おもにフランスの美術館からの60点あまりによるもので,じっくり見てもあまり疲れない手頃な規模の展示だった。珍しい題材で印象的だったのは,シュザンヌ・ヴァラドンの「コントラバス奏者」(今回はこういうタイトルになっていたが,「コントラバスを弾く女」とすることが多いと思う)。当時女性のコントラバス奏者はもちろんプロはいなかっただろうし,アマチュアだってどういう人がどういう機会に習って,弾いていたのかと思ってしまう。
Valadon_contrabass
 作品の説明に,作者のシュザンヌが未婚で産んだ息子が長じてモーリス・ユトリロになった,とあった。そういえばそんな話を読んだことがあったが,母の名はまったく記憶になかった。あとで調べたら,シュザンヌはエリック・サティやロートレックと愛し合ったり,後に息子の友人と結婚したり,と波瀾万丈,自由奔放な生涯を送ったとのこと。
 美術館からの帰りは,バスでそのまま京急・横須賀中央駅へ。名店「中央酒場」で遅い昼食とした。

 10月2日,ネヴィル・マリナー死去,91歳。一時名前を聞くことが少なくなっていたが,近年はN響への客演をテレビで見る機会が増えていた(今年6月にも客演の予定だった)。
 ネヴィル・マリナーは,1969年のヴィヴァルディ「四季」のレコードで一躍有名になった。それまで「四季」といえばイ・ムジチ合奏団というイメージを,鮮烈な演奏でひっくり返した。当時だからモダン楽器の範囲内ではあったが,弦楽器の奏法,アクセントの付け方,通奏低音の弾き方など,今の耳にはさほど新しくないことがすべて新鮮に聞こえた。いちばん単純にびっくりしたのは「春」の第2楽章,突然フォルテッシモでヴィオラが奏でる犬の声だった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 02, 2016

[祝]日本ハム・豪栄道優勝

 プロ野球パリーグは,28日に日本ハムが優勝を決めた。セリーグは広島の独走だったのに対し,パリーグは日ハムが最大11.5ゲーム差をひっくり返しての21世紀版「メークドラマ」だった。広島と共に,フランチャイズというものを良い形で体現している球団が優勝したのは,プロ野球全体のために喜ばしい。
 最後の競り合いのときは,日ハムの不安要素は「大谷がいないとちょっと危なっかしい」ということだと思っていた。案の定,27日の試合(西武戦)では,大谷の出場は代打1打席のみで,敗れたのに対し,翌28日は大谷が圧巻の15奪三振で完封した(この日は指名打者が出て,大谷は打席には立たず)。
 これからクライマックス・シリーズだが,上記の不安要素はやっぱり残っている。

 大相撲は,今年は3人の三十路大関が交代で活躍している。まず初場所で琴奨菊が初優勝,続いて稀勢の里が3場所続けて次点,そして九月場所では豪栄道がカド番からなんと全勝優勝した。
 このところ,印象としては,大関は最後まで優勝争いに参加することが少なかったが,白鵬の衰えという要素はあるにしても,大関ががんばると場所がおもしろくなる。九月場所ではさらに,平幕の下位のほうの遠藤が最後まで優勝を争った。

 広島の優勝決定翌日の9月11日,前述(→参照)の広島ファンに振る舞い酒をいただいた。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 朝日新聞夕刊の主要私鉄の各駅を訪ねる連載コラム記事「各駅停話」は,9月20日から京浜急行のシリーズが始まった。本線の終点・浦賀から始まって,10月1日には京急田浦までやってきた。次で横須賀市内の駅は最後になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 06, 2016

台風が東北上陸 西武多摩湖線 チャスラフスカ

 8月後半,台風がいくつも続けて発生した。中でも台風10号は,南の方でさんざん右往左往してから,30日に大船渡付近に上陸した。台風が東北地方の太平洋岸に上陸したのは初めてだと聞いて少し意外な感じがしたが,そうか,今までの台風は,関東に上陸してそのまま陸路を行って東北地方に達していたのか(ほかに,日本海から上陸したことはあった)。台風は上陸すると勢力が弱まるから,今回はこれまでに経験のない事態になったということなのだろう。
 この「初めて」について気象庁は,「観測史上初めて」ではなく,「統計をとりはじめた昭和23年以来初めて」という言い方をしていた。それまでも天気図は作成され,台風の観測も行われていたはずだが,台風の中心の動きをきちんと把握することはできなかったのだろう。また,天気図の要素のかなりの部分は軍事機密とされていたと思われる。
 それで,本来は関係のない話で申しわけないが思い出してしまったのが,夏の高校野球でこれまで東北勢の優勝がないということである。今度はめでたい「初めて」が実現することを祈る。

 これより前の8月22日,台風9号による風雨で,西武多摩湖線の武蔵大和駅―西武遊園地駅間で土砂崩れが発生,国分寺行電車が脱線した。乗客・乗務員に怪我はなかった。武蔵大和駅は同型の巨大戦艦2つの名をつなぎ合わせた駅名ということで,ときどき話題になる。
 西武多摩湖線は国分寺駅から西武遊園地駅までの9.2km,途中駅5つのミニ路線で,西武拝島線との接続駅・萩山から西半分が運休となった。当初,復旧には1か月という話もあったが,約半月で今日9月6日に開通した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 1964年の東京オリンピックの女子体操で大活躍したベラ・チャスラフスカ氏が8月30日に死去した。この大会で活躍した外国選手としては,アベベと共にもっとも印象に残った名前である。
 競技は白黒テレビで見ていたから,大会後に発売された『アサヒグラフ』の表紙で,赤いレオタード姿のチャスラフスカのカラー写真を見たときは,その美しさ,鮮やかさに息をのむ思いがした。今より成長が遅い当時の中学3年生の間でも「チャスラフスカの太もも」は話題となり,鮮烈な記憶を残した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧