経済・政治・国際

Nov 27, 2016

米国大統領選挙の得票数/事件の舞台

 米国の大統領選挙はもはや旧聞と思っていたが,最終得票数はどうなったのだろうか。ネットをいろいろ探してみたが,「公報」のようなものは見当たらない。
 見た中でいちばん新しいデータは,the Cook Political Report による数字を引用した英国 Independent社の11月22日の記事で,得票はヒラリー・クリントンが6360万票(48%),ドナルド・トランプが6190万票(46.7%)となっていて,クリントンが170万票多い。全体から見れば僅差とはいえるが,選挙結果と逆でしかも170万票差というのは小さな数ではない。獲得選挙人数は232対306で,決して僅差ではないのだが。
 こういうことが起きるのは,州ごとに多数となった候補者が選挙人を総取りする制度のためだ(メイン州を除く)。総取り制度により,各州が巨大な小選挙区の状態になっているということになる。小選挙区制では,死票が多くなり,得票数との逆転現象が起きることがあるということについては,このブログでも書いたことがある(→参照――あれ,もう10年以上前か)。

 こちらはほんとうに旧聞だが,9月に慶応大の広告学研究会の集団暴行事件というのがあった。報道されていたように,この研究会(というサークル)は長い歴史のある団体で,葉山でキャンプストア(海の家)を長年運営してきた。
 私は,40年以上前の学生時代に,この葉山のキャンプストアに1日だけ関わったことがある。手引きした友人は慶応ではなかったし,どういう経緯だったかは思い出せないが,そこでのバンド演奏に参加したのだった。休憩時には,この事件の舞台となった合宿所(今と同じではないかもしれないが)で,昼飯をご馳走になったように思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 16, 2012

小春日和選挙

 今日は(東京では)晴れて比較的暖かくなり,選挙日和である。私のところでは投票所が変わって近くなり,散歩としてはあっけないくらいの距離になった。
 前回2009年8月は民主党が勝って政権交代を果たしたが,その前2005年9月は自民党がもっと大差で勝った。このようにばたばたと勝者が変わるのは小選挙区制という制度によるところが大きい。そして,その都度書いてきた(→参照;→参照)ように,比例区によって「調整」されているものの,両党の得票率には議席数ほどの差があるわけではない。これ自体は今回も変わらないと思うが,今回は,この両党以外にかなりの数の候補者を立てた党が複数あるので,事情は複雑化した。

 今回は1票の重みの格差に関して「違憲状態」のままの選挙である。格差は「2倍以内」というような物差しも示されているが,理屈としては2倍などというのはとんでもないことで,せいぜい「1.1倍未満」とでもすべきものではなかろうか。

 ところで,比例区の各党の名簿登載の順序は,ほとんどの党が選挙公報には書いていない。「全員1位」という裏技はあるものの当選はこの順によるわけだから,これも政党というものを考える基本資料として公報に掲載してほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 06, 2011

短信:今秋の世界情勢

 某メーカーの人から聞いた話――タイの洪水で,その会社では某ハイテク機器の部品の製造ができなくなったが,その中でも供給が止まって痛手なのは,皮肉なことに防水に関わる部品だという。「工場は防水じゃなかったんですよ」とその人は苦笑していた。

 どういう巡り合わせか,古代文明が栄えたギリシャとイタリアが財政危機に瀕している。ギリシャは国民の4分の1が公務員だとかいうすごい話も聞こえてきたが,デモをしている人も含めて,人々の表情はテレビで見る限りでは穏やかだ。この点はタイの人も同様。
 そういえば,イタリアの財政危機は70年代ぐらいにもあったと思う。その中でも明るく暮らすイタリア人気質を,昔,塩野七生の本で読んだ。

 琥珀ヱビス 10月12日から限定発売中。YEBISU のロゴが缶の下の方に引っ込んで,真ん中には kohaku yebisu という筆記体が踊っている。
 毎年のことだが,いつまで販売するのかは不明。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 28, 2011

ナセルとハイレ・セラシエ

 中学で海のキャンプに行き,泳ぎの特訓を受けた。水の中で目を開いて声を出す練習をしたのだが,そのとき「なせばなる,なさねばならぬ何事も,ならぬは人のなさぬなりけり」と水中で唱えるように言われた。何度かやっているうちにパロディする余裕が出てきて,「何事も」の後は「ナセルはアラブの大統領」と唱えて短く終わらせたりした。約50年前には,エジプト(途中からアラブ連合)のナセル大統領の名は子供にも知られていた。
 もう一人,小学生も知っていたアフリカの元首は,エチオピアのハイレ・セラシエ皇帝である。この皇帝の名が蘇ったのは,後にマージャンをするようになったときで,ツモるときにカンチャンが入ることを願って「入れ・セラシエ」と唱えるのが一時仲間うちで流行したのである。

 エジプトの大統領は,ナセルの次がサダト,その次が先日辞任したムバラクである。55年間に,大統領はわずか3人しかいなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 14, 2010

不適切な用語――「惨敗」「ねじれ」

 12日の新聞では,民主党の「惨敗」「大敗」という大見出しが踊った。確かに,改選議席では,民主党が54から44で-10,自民党が38から51で+13となった。しかし,これをもって「惨敗」というのは,言葉の使い方として,どうみてもおかしい。
 別に民主党の肩を持つわけではなく,数字として出ていることを言うだけだが,非改選を含めた参議院全体では,民主党は106議席で依然として第1党であり,自民党の84議席より22議席多い。(これまでは45議席差だったから,差は半分以下になったが。)また,単独では過半数に届かないという状態もこれまでと同じである。(これまでは国民新党と合わせて過半数になっていたが,それでは足りなくなったというのが新しい点である。)すなわち,民主党が第1党であることは変わらず,それが過半数割れというのも変わらなかった。衆議院では圧倒的な第1党だから,「ねじれ状態」という言葉もあてはまらない。
 なおかつ,得票率を見ると,比例区はもちろん,実は選挙区でも民主党の方が多くて,比例区では39.5%対28.1%,選挙区では40.5%対31.4%だった。獲得議席数は,比例区ではその名の通り得票に比例するから16対12,選挙区は逆転して28対39である。参院の選挙区はかなりの小選挙区を含むので,こうした現象が起きる。(→参照
 ただし,マスコミが大げさなのは昔からである。自民党が「常勝」だったころでも,少し減ると「大敗」と書き立てて,大敗に伴う責任論が取り沙汰されていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 09, 2010

不在者投票を体験

 今度の参院選で,初めて不在者投票をした。
 といっても,投票日に都合が悪いわけではなく,3月の転居に伴うものである。選挙の入場券が旧住所の選挙管理委員会から送られて来たので,なぜかと思ったら,新しい場所の選挙人名簿に登録されるのは転居届の3か月後の月末ぐらいになるので,公示日には間に合わなかったということらしい。不在者投票についての案内も同封されていた。
 それほど遠くへ引っ越したわけではないから,投票日に旧住所の投票所へ行って投票するのは可能だが,それを求められる筋合いのものではないと思い,現住所区内で不在者投票をすることにした。同封されていた用紙で「請求」したところ,不在者投票キットが書留で送られてきた。比例区・地方区の通常の投票用紙とそれを入れる二重の封筒,密封されて「決して開けるな」という封筒などが入っていた。
 某日朝,区の最寄りの出張所へ行った。しかし,出張所では期日前投票はできるが不在者投票はできないというので,やむなく,区役所へ。歩いて10分なのでまあいいけれど,少し汗をかいた。行った先は区役所のごく普通の古い事務室で,狭いところに苦労して記載台が作ってあった。「決して開けるな」の封筒は係員が機械で開いた。本人確認のために生年月日を言わされてから,記載台へ。記載した投票用紙を大小二重の別々の封筒に入れて封をし,係に渡して完了。正味3分であっけなく終わった。
 しかし,そもそも,選挙人名簿の移転になぜ3か月もかかるのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2010

最近知ったこと

 1933年,「滝川事件」が起きた。京都帝大法学部の滝川幸辰(たきかわ ゆきとき)教授の著書をめぐり,大学の自治と学問の自由が弾圧された事件である。このとき,滝川教授の罷免を京大総長に要求し,京大が応じなかったため滝川の休職処分を強行した文部大臣というのは,鳩山首相の祖父・鳩山一郎だったことを,最近知った。
 鳩山一郎は,戦後5年間にわたり公職追放になったが,復活して首相になった。(岸信介も同様である。)そういえば,カラヤンも,ナチ党員だったため,戦後,公開演奏禁止処分を受けたが,復活し,こちらは首相ではなく,もっと偉い「帝王」になった。

 書きながら,時節柄,上の文の「滝川教授」を「横綱A」に,「京大」を「日本相撲協会」に,「総長」を「理事長」に置き換えたら…,などと考えてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 07, 2007

背広の値段

 学生時代に持っていたスーツは,慶弔行事と演奏会出演用の黒服だけだった。「吊るし」(死語か?)で買った安物だが,男はこれひとつで慶弔とも間に合うので,三十ちょっと過ぎまで役に立った。
 これを別にすると,就職する直前の3月に,紺のスーツを「イージーオーダー」で作ったのが,私の「背広始め」だった。支払いは月賦だったが,たぶん初任給の半分以上の値段だったと思う。毎日必ずスーツを着ないといけないという雰囲気はなかったのを幸い,しばらくこの1着ですませた。

 入社した年の暮れとその翌年の暮れに,郷里の横須賀の洋服屋でちゃんとオーダーして背広を作った。オイルショックのころで物価は激しく上がったが給料も上がった。2年目に作った背広は,その上がった月給と同じくらいの値段だった。それが結果的に,これまでのわが人生で買ったいちばん高い洋服となった。
 職人技で作られたその背広は,正しくゆとりがとってあったと見え,十何年か後に数キロ太ってからもちゃんと着ることができた。(その後さすがに色あせして着なくなり,今年の引っ越しのときに廃棄した。その洋服屋の名が入った立派な木のハンガーは今も使っている。)

 その後,バブル崩壊までの絶えざる物価上昇の中でも,背広の値段はほとんど上がらなかった。もちろん,きちんと手間がかかったものは上がっていたのだろうが,既製服の品質が向上してしかも多様になる中で,中ぐらい以下のクラスの背広は三十年前と同じか,むしろ安いくらいである。いま,どの年代でも,月給と同額の背広など,作る人はいないに違いない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 24, 2007

傘の値段

 バブル崩壊まで長い間ずっと,物価は上昇し続けた。油が水に浮くように,物価といえば上がるものであり,「物価上昇」というのが四字熟語として固定していた。そこに風穴を空けたのが「価格破壊」という動きだった。
 価格破壊の例としては,だいぶ前に書いた音楽CDが顕著だが,個人的な印象が強いのは雨傘である。たぶん70年代末ごろだったと思うが,出張先の関西某所で強い雨に降られた。やむを得ず,駅から濡れないで行けるデパートで傘を買ったら,出張の手当が消えてしまった。
 それが,その後10年あまりの間に,コンビニはもちろん,駅の売店や,100円ショップでも,ビニール傘が買えるようになった。東京・蒲田で,居酒屋で傘が売られているのを見たこともある。ジャンプ傘のトップメーカーだったアイデアルは倒産したし,個人的にも雨に備えて折りたたみ傘を持っていくのを面倒に思うようになってしまった。
 破壊された状態が定着して,「価格破壊」という言葉も古語になった感がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 14, 2005

死票累々――社会科と社会

 今回の総選挙の結果で,小選挙区全体(300議席)における自民党と民主党の獲得議席数は219対52と大差がついたが,実は得票数の比率を見ると47%対36%である。すなわち,自民党は得票数は民主党の1.3倍に過ぎないのに,4.2倍の議席を得たのである。
 東京はもっと極端で,得票数比は50対37で,議席数は23対1だった。死票累々である。これが,小選挙区制の怖いところであり,おもしろいところでもある。
 比例区があって多少「緩和」されてはいるが,全体の議席数は296対113で,自民党は民主党の2.6倍となった。

 昔々,高校で,政治経済のM先生に小選挙区制について教わった。「勢力の拮抗する二大政党がある場合,少しの人が支持政党を変えると結果が逆転するので,政権の交代が起こりやすい」「死票が生じやすい。51%でも勝ちは勝ちで,残りの49%は死票となる」「得票数と議席数が逆転することもありうる。たとえば,選挙区A~Cで,X党とY党の得票数が55:45,55:45,10:90だったとすると,合計の得票数は120:180だが,A区,B区ではX党,C区ではY党が議席を得るので,議席数は2:1になり,得票数と逆の結果になる」といった話だった。
 今回の結果を見てすぐ,得票率はどうなのだろうと思ったのは,この話が頭の片隅にあったからである。当時は中選挙区制で,自民党政権が変わる気配はなかったから,小選挙区制はまったく理論上の問題として語られていた。

 選挙に関連してこのM先生が話していたことでもうひとつ記憶に残っているのは,最高裁判所の国民審査のことである。
 M先生は「不信任の×印の比率は,いつも名簿の最初の人が少し高く,あとはほとんど差がない。大部分の人がランダムに印をつけているからだ」と説明し,「こんな制度はいらないという意見もある。しかし,万一おかしな裁判官が現れたときのためということと,裁判は別として国民が三権のうちの司法に直接関わることができる唯一の機会であることを考えると,私は残しておく方がいいと思う」という見解を述べた。
 今回も,国民審査にあたっては,公報の「これまでに関わった判決」のところを読んでから投票所に向かった。

 M先生には,そのほかに,株式会社のしくみ,銀行の預金準備率,為替手形・約束手形というもの,ケインズ経済学の基礎など,教科書の扱う範囲をかなり越えて,世の中のしくみの基本を習った。最初つまらないと思っていた政治経済という科目が,ほどなく目からウロコの連続の楽しみな科目となった。
 M先生から学んだことの大部分は,その後文学部系の学生が学校では二度と学ばなかったことがらで,今も大いに役に立っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧