日記・コラム・つぶやき

Feb 08, 2018

戊戌の年

 今年は「戊戌」の年である。毎年,年賀状に「2018年(戊戌)1月」といった具合に干支を書いているのだが,年賀状を作るときは,表を参照してコピーするだけで,あまり音を意識しない。しかし,正月になってだいぶたってから,この漢字は「ぼじゅつ」と読むのだということに気づいた。
 「戊戌(ほじゅつ)」といえば思い出されるのは2つ,世界史では日清戦争後の清の改革派弾圧事件「戊戌の政変」,日本史では高野長英が幕府の外交を批判した著作「戊戌夢物語」である。調べてみたら,戊戌の政変は1898年だから120年前,戊戌夢物語は1838年で180年前で,共に確かに戊戌の年のことだった。
   (干支については →参照
 
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 東京では1月22日-23日に雪が降ったが,その後の寒さが尋常でないために,2週間以上たった今も,場所によってはまだ雪が残っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 27, 2018

マイナス4度

 25日朝の東京の最低気温マイナス4度には驚いた。いつもプラス4度を切ると寒い朝という感覚だが,このときは前日の夜,すでにマイナスになっていた。
 下は東京新聞の紙面。見出しの少し斜字体にした「-4°C」という文字は,ブライダルショップ 4°C のロゴを意識したものだろう。しゃれたいたずら。4domidashi
 
 
 
 
 今日27日は日帰りで京都へ行く。いつもだと冬の京都は寒いというイメージだが,今週は東京と同じくらいの気温だ。大雪の日でなくてよかったが,新幹線は関ヶ原で遅れが出る可能性がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 16, 2018

ATMの隠れた機能

 銀行のATMには,キャッシュカードを預かる機能があるのを初めて知った。
 先日,銀行の某出張所(窓口はない)に行ったときのこと,自分の用事が済んだところで,左隣のATMの前にキャッシュカードが落ちているのに気づいた。さっきすれ違いに出て行った人の可能性が高い。
 特に急ぐ用事はなかったので連絡ぐらいしてみようかと思い,該当ATMに設置された連絡電話を取り上げてみたところ,係の人が出てきた。向こうにはどこの出張所のどのATMからかかっているのかわかるらしい。
「キャッシュカードが落ちてたんですけど」
「銀行名,番号,名前の表示を読んでいただけますか」
「○○銀行……」
「それは私どもの(合併前の)前身の銀行が確かに発行したものですので,お預かりさせていただきます。すみません,2分ほどお時間をいただいてもいいでしょうか」
「いいですよ」
「いま,そのATMを一時使用停止にします。……いかがでしょうか」
「あ,使用停止になりました」
「では,カードを入れてくださいという表示を出しますので,そのカードを入れてください」
「入れました」
「お忙しいところ,ありがとうございました」
というわけで,落とし物はATMにより,遠隔操作で回収された。

 キャッシュカード,それも自行のカードだからこういう扱いができたが,他の落とし物だったらそうはいかないだろう。近くの支店から行員が来るしかないのだろうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 新国立劇場のオペラのシーズン会員には,都合が悪いときに同じ演目の他の日に変更するサービスがある。その申し込みのために,ボックスオフィスに出向いた。演目を聞かれ,「3月の『愛の妙薬』です」と言ったところ,「アイミョウですか」だって。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jan 09, 2018

共に70歳で――星野仙一とフランス・ギャル

 1月6日の朝は,なんとなく朝のニュースを見ないで過ごし,昼過ぎに会った人から「星野さんが亡くなったわね」と聞いた。「えっ,星野って,あの?」「そう,野球の星野仙一」と確認して,遅ればせながら驚愕。死去は4日,膵臓がんだった。まだ70歳,長嶋よりも王よりも野村よりもずっと若いのに。
 常に「闘将」という称号が冠される星野だが,最初中日の監督のときにはほんとうに泥臭い闘将だったのに対し,楽天の監督のときには,もちろん闘志にあふれていたが,かなりスマートな闘将になったような印象がある。
 2013年に楽天がリーグ優勝したとき星野監督は66歳で,リーグ優勝の最年長監督となった。昔の大監督はかなりの年齢のような感じがしていたが,最後に優勝したとき川上は53歳,三原,水谷はもっと下,野村も62歳(ヤクルト,97年)だった。

 7日,フランス・ギャル(France Gall)が乳がんで死去。若いころしか知らないからまったくぴんとこなかったが(新聞の訃報の写真も1965年撮影だった),奇しくも星野と同じ70歳だった。
 このブログでは10年前にシルヴィ・バルタン来日の話題のついでに書いたように(→参照),フランス・ギャルといえば「夢見るシャンソン人形」。フランス語の歌詞で,-son,および -waa という音の語尾が韻を踏んでいるのが,高校生の耳にも甘美に響いた。日本語版(岩谷時子によるらしい)でも,-waa の部分は「…わ」と訳していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 05, 2018

旧臘短信

◇3か国
 12月某日,テレビのニュースで,「3か国の半分の6か国が…」という言葉が聞こえてきて,あれ,6か国と3か国が逆じゃないのと思った。画面を見たら,「3か国」ではなく「参加国」だった。

◇まともな英語
 関連のニュースで,河野太郎外相が,国連安全保障理事会で英語で議長をしている姿が映った。英語の発音がかなりまともだなと思ったら,ワシントンD.C.のジョージタウン大学を出たとこのこと。

◇横須賀ヒストリー
 NHKテレビの「ファミリー・ヒストリー」の桂歌丸の巻を見ていたら,歌丸の祖母は三重県生まれだが,若いころ私の故郷・横須賀にいたという話が出てきた。柏木田遊郭で働いて遊郭の「運営」を学び,後に横浜で自分で遊郭を開いたという。
 柏木田は今の上町(うわまち)3丁目の一部で,駅は京急の県立大学前が近い。戦前は横須賀随一の色街で,客には海軍関係者が多かった。

◇サンタが迷子
 クリスマス・イブにデパートを通りかかったら,「白いズボンにサンタクロースの上着と帽子をお召しの6歳の男の子を,お母さまが探していらっしゃいます。お気づきの方は…」というアナウンスが聞こえてきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 04, 2018

頌春 2018

  ~~~~ あけましておめでとうございます ~~~~

 今年3月で開設からまる14年を迎えるこのブログを,今年もよろしくお願い申しあげます。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昨年とほぼ同様に,30日にゆで豚を作り,元日に紅白なますと雑煮を自作し,あとは既製のおせち料理で新年を祝った。雑煮は,日ごろ味噌汁などに愛用している茅乃舎のだしと昆布と干し椎茸を前夜から水につけてとっただし汁による醤油味,具は鶏肉,小松菜,椎茸,なるとに三つ葉と柚子で香りづけ,餅は焼いた切り餅という東京風。
 雑煮の前後,30日から2日までは,かなりの規模の大掃除,というより大片付けをして,ごみ袋の山の置き場に一苦労し,腰が痛くなった。掃除は,2日に長男一家が来る直前まで続いた。
 2日は午後から,初めて孫(生後10か月;→参照)を囲んでのおせちと雑煮の宴。孫は最初は慣れなくて表情が硬かったが,しだいにやんちゃぶりを発揮し,笑顔をふりまいた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 24, 2017

今秋以降に読んだ本の中から

 まず,飯間浩明『小説の言葉尻をとらえてみた』(光文社新書)では,国語辞典編纂者が,現代日本語の用例を求めて小説の中の世界に入っていく。対象になるのは,1960年以降生まれの作者による,2004年以降に発表された小説15編。
 新語やいかにも若者言葉といったものも出てくるが,それよりも「さっきの今」「売るほどある」「見物しいの,拝みいの」といったフレーズや「刹那」の副詞用法(単独で「その刹那に」の意味で使う)など,人の目で見ないと採集が難しそうなものがおもしろい。新しい言葉とされるが実は昔からある言い方だったり,方言の断片だったり,その姿は多彩である。先日書いた「綺羅星」のことも出てきた(→参照)。

 読売日本交響楽団編『オーケストラ解体新書』(中央公論新社)は,プロのオーケストラの活動はどのようにして進められていくのかを,事務局が中心になってまとめたもの。指揮者や楽団員の発言はいろいろな形で伝わってくるが,事務局,特に制作部,ライブラリアン,ステージマネージャー,楽器運搬など,裏方のプロ集団の仕事がこれだけまとめて紹介されたのは希有のことだ。

 もうひとつ読売がらみで,読売新聞文化部『唱歌・童謡ものがたり』(岩波現代文庫)は,90年代に読売新聞に連載されたものが,1999年になぜか岩波書店から単行本で出たのが元版である。2013年に岩波現代文庫になってからも版を重ねているロングセラー。
 連載は大部分20年以上前なので,取材を受けている人々(おもに作詞者・作曲者)には今は故人となっているであろう人も多く,貴重な証言ばかりである。それぞれの歌に物語があり,それぞれ目頭が熱くなる。先日書いた「真白き富士の根」もとりあげられている(→参照)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 少し前にNHKのTVで,阿久悠を回顧するコンサートに岩崎宏美が出て「思秋期」を歌っていた。だいぶ顔がふっくらして,かわいいおばさまになっていた。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Dec 15, 2017

運転免許証と目的外使用

 11月某日,誕生日を前に運転免許証の更新をした。有効期限は「平成35年1月」となっているが,2019年5月に改元が行われるので,「△△5年1月」と読み替えることになる。
 今回は期間が5年間延長されたが,次回は70歳を超えるので3年間になり,更新には認知症のテストも必要になる。次回も無事に延長できるかどうか。車を運転すること自体はそう面倒だと思わないし,楽しいことも多いが,でも運転しないで酒を飲んでもよければその方がいいというのが正直なところだ。

 運転免許証は,本来,公道上で車を運転する能力があることを証するものに過ぎないものなのに,運転とは関係なく,顔写真付きの公的な身分証明書として「本人確認」のために使われることが多い。本来の用途以外の場面に出しゃばっているわけだ。
 それで少し大勢に逆らって(しかし体制に取り込まれて),場合によってはマイナンバーカードを使うようにしている。

 しかし,いまもっとも「目的外使用」が甚だしいのは携帯電話だ。もちろん,通話という本来の目的が忘れられているということはないが,電話以外に使う時間の方が圧倒的に長いのは,むしろ普通のことだろう。最初に Docomo が iMode を始めたときには予想もできなかった。(→参照「雑誌と通勤電車」)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 08, 2017

新国立劇場20周年のシーズン

 新国立劇場が今年10月で開場20周年を迎え,記念のシーズンが進行中である。大ホールでは,開演前および休憩時に,3階左右の客席のいちばん舞台寄りのバルコニーに「新国立劇場 20th Anniversary」のロゴが投影されている。オペラはこれまでに『神々の黄昏』『椿姫』『ばらの騎士』が上演された。
 10月の『神々の黄昏』は,飯森泰次郎/ゲッツ・フリードリヒによるヘルシンキとの提携による「リング」(ニーベルングの指輪)の完結編。最初の『ラインの黄金』は2015年10月,次の『ワルキューレ』は2016年10月で,間が1年あいたが,その次の『ジークフリート』は2017年6月で間は8か月,最後の『神々の黄昏』はそれから4か月で,2年で完結の日を迎えた。私が最初に見た「リング」は同じゲッツ・フリードリヒ演出のベルリン・ドイツオペラ来日公演(1987年)だったから,30年ぶり2回目のフリードリヒ演出となった。
 前の「リング」は,今は細部はほとんど覚えていないが,なにしろ初めてだから衝撃は大きかった。『神々の黄昏』は4部作の最後で,奏でられるモティーフはすべて既知のものなのに,それによって編まれるドラマの高揚は比類がなく,特に「リング」の中で唯一合唱が登場する第2幕は恐ろしいほどの迫力があった。今回も,暗い照明の中でギービヒ家の軍勢が槍を立てて集合し,その迫力のドラマが再現された。
 11月末からの『椿姫』は2年半前のプレミエ以来2回目。舞台は青が基調で,全体に暗く,パーティーの場面などにも華やかさは乏しい。歌はかなりの水準。
 12月の『ばらの騎士』は2007年6月プレミエ以来4回目のジョナサン・ミラー演出。このうち2回目は2011年4月で,震災後初めてのオペラ上演だった。『椿姫』と対照的に外から光がふりそそぐ明るい舞台で(もちろん第3幕は別),指揮・オーケストラは精妙。歌手はすべて良く,特にゾフィーは透明でしかも味があるすばらしい声だった。(おばさん顔なのがちょっと…。)

 今日12月8日は実は私の誕生日なのだが,一般的にはまずは真珠湾攻撃の日(1941)(ただし米国時間では7日)だろう。次いでジョン・レノン殺害の日(1980),その間に力道山が刺されるという事件(1963)(1週間後に死亡)もあり,あまりいい日ではない。この日生まれたのは,シベリウス,マルティヌー,カミーユ・クローデルなど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 01, 2017

学生時代

 昔は有名だった英語の例文:
(1) My mother is my mother.
(2) Today is Sunday.
   (答えは末尾参照)

 昔,大学のクラスに,ある程度は意図的だと思うのだが,いつもすり切れたような服を着ている女子学生がいた。わざと古そうに見せるジーンズなどなかった時代の話である。で,ついたあだ名は「Bolacyさん」(<ミスボラシイ)。

 昔,学生のオーケストラのメンバーにハザマ君という人がいた。で,当然通称は「オケハザマ」。

 先日聞いた名言:
車で道路を暴走するのが18歳,逆走するのが80歳
自分探しをしているのが18歳,皆が自分を探しているのが80歳

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   上の英語の例文の訳:
    (1) 私の母はわがママです。
    (2) 東大は駿台である。(当時,東大合格者をもっとも
      多く送り出していたのは駿台予備校だった。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧