日記・コラム・つぶやき

Jul 20, 2018

猛暑とカラス/いもやの跡

 今年は異常に早く,関東では6月中に梅雨が明けた。普通はその後「梅雨明け十日」の安定した夏の青空が続き,夏山にもっとも好適な時期になるが,今年は1週間しないうちに広い範囲で集中豪雨に見舞われ,これに続いて記録的な猛暑が続いている。高校野球の予選でも,応援の生徒や先生が熱中症で倒れた。
 このほど2年後のオリンピックの競技日程概要が発表されたが,仮に平年並みの暑さだったとしても,少なくとも観客に熱中症による死者が出ないですむことは考えにくい。

 暑さのせいか,このごろゴミを出す日にカラスがあまり来ない。少し前までは,収集作業開始の8時以降も図々しくやってきていたのだが。
 あの暑苦しそうな真っ黒の羽では,カラスも楽ではないだろう。某大学の某クラブの監督に頼んでカラスは白いと言ってもらえば白くなるはず。

 高校野球の西兵庫大会で,ベスト16がすべて公立校になったという。

【神保町だより】
 神保町交差点から白山通りを水道橋方向へ7割ぐらい行った左側(町名は西神田)に,「いずみカリー」という店を見つけた。5月に開店したという。牛すじカレーの店で,トッピングはコロッケ,オムとろ,ホウレンソウ,ナスとチーズなど多彩。1か月半の間に3回も通ってしまった。週2,3回しか神保町に行かない私としては異例の高頻度である。
 その手前の(水道橋へ向かって)同じく左側,閉店した「いもや」跡に,とんかつ「イマカツ」が同じく5月に開店した。いもやよりだいぶ高級路線で,ささみ膳 1100円,国産大和豚のロースカツ膳 1240円といった感じ(カナダ産豚だと 880円だったか)。
 白山通り反対側の肉屋の正直な食堂の裏手に讃岐うどんの「有頂天うどん」が6月に開店した。夏はおろしぶっかけがありがたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 15, 2018

3横綱と栃ノ心休場/藤井敗れる/短信6

 大相撲七月場所は前代未聞の休場特集となった。稀勢の里の休場は場所前に発表されていたが,白鵬が四日目から休場,続いて鶴竜が六日目から休場で,横綱不在になった。さらに,あろうことか,快調だった新大関栃ノ心が,六日目に土が付いたあと,七日目から休場になってしまった。
 しかも,残っている大関は2人ともカド番である。もし栃ノ心がこのまま残り全部休場すれば5勝2敗8休となり,来場所は栃ノ心が早くもカド番になってしまう。
 2017年3月に稀勢の里が横綱になってから,11月場所までの5場所が4横綱時代だった。しかし,この間,横綱4人が揃って出場した日は,3月場所は5日,5月は5日,7月は4日,9月以降0日で,計14日ということになっているが,よく見ると,途中休場の場合最初の日は不戦敗と記録されるので,4人が実際に相撲をとったのは計11日しかない。このうち4人揃って勝ったのは3月場所の二日目,5月場所の三日目の2日のみである。

 今日放送された将棋のNHK杯トーナメントで,藤井聡太七段が敗れた。藤井の「生涯成績」はこれで81勝15敗,勝率は 84.4%となった。日本将棋連盟のサイトによると,現役棋士対局数2桁以上の162人中,勝率70%以上は8人(そのうち対局400局以上は羽生善治ただ一人)で,2位は 74.4%なので,藤井はまさにダントツ,依然として信じがたい高水準である。

【ワールドカップ短信】
 準決勝もうひとつはクロアチアがイングランドに延長戦で勝った。決勝戦は16日午前0時から,フランス対クロアチア。
 3位決定戦では,ベルギーがイングランドに勝った。これで,「トーナメント理論」(→参照)によれば,組み合わせが違えば日本は4位になっていた可能性がある,ということになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 11, 2018

怪獣たち/大水害/短信5:あと3試合

 西日本の広域大水害は「平成最悪」の事態となった。しかしほかにも,先週から今週にかけて,オウム事件関係7名の死刑執行,タイの洞窟での13名遭難と救出,大口病院事件で元看護師逮捕,大谷が代打で決勝大ホームラン,小田急のロマンスカーLSE 7000形の最終運行など,次々といろいろなことがあった。6月の話題の中心だった紀州のドン・ファンはどこかへ行ってしまった。
 加藤剛に続き。今日7月11日に新聞には作曲家オリバー・ナッセン(Oliver Knussen)の訃報が載った。有名な絵本『かいじゅうたちのいるところ』(原題 Where the Wild Things Are 日本語版は冨山房刊)によるオペラを作曲した人として名前を知ったが,享年66歳で,私より若いのだった。

 このたびの水害では,広島県呉市も被害を受けた。
 呉には10年以上前に一度行ったことがある。呉は,私の郷里の横須賀と同じく旧海軍の鎮守府と工廠の町だったので,地形的条件も似ているだろうと予測していたところ,呉線の車窓から見る風景は実際に横須賀とよく似た雰囲気だった。(記録は →参照
 水害のニュースで,被災地として呉市安浦町という地名が出てきたので,テレビの前で「あ」と声を出してしまった。平凡な文字だから同じ名があっても不思議はないが,横須賀にも安浦という地名があるのである。横須賀の安浦は,旧安田財閥の祖・安田善次郎が埋め立てたことによる命名なので,自然地名ではないが。
 オールスター前最後のカード,広島―阪神 3連戦(9日から,広島球場)は中止になった。やむを得ないとは思うが,広島の試合はこれまでに雨ですでに7つ中止になっているので,9月がたいへんな日程になりそうだ。
 高校野球の広島県予選は,7日の予定だった開幕が17日に延期になった。

 この間,FIFAワールドカップは決勝トーナメントが進み,南米のチームはすべて敗退して,準決勝に進んだのはフランス,ベルギー,クロアチア,イングランドのヨーロッパ勢のみとなった。準決勝ではまず,ベルギーがフランスに敗れた。日本がベルギーと戦ったのは9日前のことだったが,もはや遠い過去となった。
 残りは準決勝もう1試合と決勝,3位決定戦の3試合。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 05, 2018

短信4:最後に逆転される/桂歌丸

 7月2日月曜夜は9時就寝,3時に起きて決勝トーナメントのベルギー戦を見た。日本の先制2点は胸のすくような鮮やかなゴールでかなり期待がふくらんだが,最後に,驚くべきスピードのカウンターで逆転された。うーん,強い。終わって,胸の代わりに腹がすいた。
 でも,ベルギーって,FIFAランキングが日本より下だった時代はけっこう長かった。ここ10年でベルギーがいちばん下だったのは 2009年10月の68位。日本がこれまでで最高の13位だった2011年4月にはベルギーは37位。しかしその後急成長して,逆転したのは2012年10月。今回のワールドカップ直前,ベルギーは3位なのに対し,日本はなんと61位で相撲でいえば十両中位だが,順位に比例した大きな差があるわけではなかろう。
 8強が出そろって,決勝トーナメントはこれからが佳境。どうせならベルギーに勝ち進んでほしい。(「トーナメント理論」については →参照

~~~~~~~~~~~~~~~~
 2日,桂歌丸死去。まだ81歳。このブログでは一度触れたことがある(→参照
 7,8年前だと思うが,一度,池袋の有名居酒屋で姿を見たことがある。池袋演芸場での高座が終わった後,先触れの人が来て「すいません,今歌丸師匠を連れて来ますんで」と予告し,4人連れで登場した。病気のせいもあっただろうが,驚くほど小柄だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 29, 2018

交流戦補遺/短信3:あと10分の大バクチ

 プロ野球交流戦の補足――
 6月9日(土)に,全6試合でセリーグが勝つという出来事があった。もしかして初めてかなと思ったら,2008年と2014年に1回ずつあって3回目らしい。パリーグの6試合全勝は4回あったとのこと。
 今回の交流戦は,日によってはBSで3試合中継される日も多く,珍しくTVが野球中継で賑わった。

【ワールドカップ短信】
 29日未明(日本時間),グループリーグが終了した。H組第3戦で,日本はポーランドに,セネガルはコロンビアに仲良く0-1で敗れた。この結果,日本とセネガルは,勝ち点,得失点差,総得点はもとより,当該チーム同士の対戦における勝ち点・得失点差・得点でも同じだったが,最後の基準の反則ポイントが4対6で日本が2点少なかったため,かろうじて2位に滑り込んで,決勝トーナメントに進出した。もし反則ポイントも同じだったら,規定では抽選になるところだった。
 日本は試合の最後の10分で,「(同時刻に試合をしている)セネガルがあと10分で1点入れて追いつくことはない」と踏んで,「そのまま終わる」ために危険を冒さずボールを回すという奇策に出た。結果としてこの苦渋の大バクチに勝ったからいいが,残り時間でセネガルが1点入れる確率はけっこう高いものだったはず。まあそれでも,コロンビアがもう1点入れる確率の方が高いと見たということか。
 決勝トーナメントの日本の最初の相手はベルギー,それにもし勝ったりするとその次はブラジルまたはメキシコ。強いチームが残っているのだから大変なのは当然だが,それにしても強そう。2位通過はよりつらいよ。

 29日朝のテレビによると,『デイリースポーツ』は,阪神が3連勝したというのに1面はサッカーの記事にするという苦渋の(?)決断をしたという。

 その前,ドイツが韓国に敗れたのには驚いた。ドイツは最下位で敗退し,これで3大会連続で前回優勝チームがグループリーグで敗退となった。ドイツだけは,安定度抜群でそんなことはあり得ないと思っていたのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 24, 2018

交流戦終了/短信2

 プロ野球交流戦は,6月21日に全日程を終え,ヤクルトが1位になった。
 順位表がちょっとおもしろくて,1位ヤクルトの下にオリックス以下パリーグが5チーム並び,その下に巨人以下セリーグが5チーム,最下位は楽天。トータルではパリーグ59勝,セリーグ48勝で,例年通りパリーグ圧勝だった。
 交流戦前,セリーグ内でヤクルトは最下位だったが,交流戦中に一時は3位にまで上がった。その後また下がったが,3位から6位まで0.5ゲーム差しかない(23日現在)。

【ワールドカップ短信】
 ワールドカップのグループリーグは,3分の2が終わった。やっぱり見ればおもしろいので,特に21時開始の試合はいくつか見た。
 第1戦を落としたドイツや引き分けたブラジルは,第2戦ではきっちり勝ったが,アルゼンチンはクロアチアに0-3で敗れ,グループリーグ敗退の危機に瀕している。しかし,当ブログの記録によれば,2010年南ア大会ではフランス,イタリアが,2014年ブラジル大会ではスペイン,イングランド,イタリア,ポルトガルが,トーナメントに進めなかった。勝負はやってみないと。
 2006年ドイツ大会の直前に,日本の強化試合の相手をしてくれたのが人口39万人のマルタ共和国だった。今回アルゼンチンと引き分けたアイスランドは,人口がもっと少ない35万人で,本大会史上最小の国。アイスランドにはちょっとした縁があるので(ただし,悲しい縁 →参照)陰ながら応援しているが,第2戦はナイジェリアに敗れた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 20, 2018

ワールドカップ短信

 このブログを始めて以来,4度目のワールドカップを迎えた。で,これまでと同様,「短信」で――
 昨夜,6日目にようやく登場した日本は,コロンビアに2-1で勝ち,南米チームにアジア勢初勝利。夜9時からという見やすい時間で,じっくり堪能。
 前日までに,ドイツが敗れ,アルゼンチン,ブラジルが引分けという番狂わせがあったから,日本も便乗して引分けにできないかなと思っていたが,始まってみると,相手が早々に10人になったということはあるにしても,終始落ち着いた試合運びだった。シュート数は14:8,ボール支配率は58%:42%。
 南米5か国で,グループリーグ初戦に勝ったのはウルグアイのみだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 11, 2018

プリンターの修理

 2週間ほど前に,自宅の2012年製プリンターが「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。(社名)の修理窓口に交換をご依頼ください。」というメッセージを出して,動かなくなった。その1か月ぐらい前に「…の限界が近づいています」というような予告が出ていたのだが,動いていたのでその後忘れてしまっていた。
 消耗品の交換なのになぜメーカーに送らないといけないのかと思ったが,ここは素直にネット経由でメーカーに修理を依頼した。梱包材料を持って集荷にやってきた宅配便屋さんに渡したところ,はるばる鳥取の工場まで行って,中4日で帰ってきた。受取りは代金引換で 5,940円也。
 この帰りの梱包がなかなか賢くて,段ボールの枠に透明のビニールを貼ったものが箱の中に作ってあり,プリンターはそこに浮いたような形になっていた。発泡スチロールなどはまったく使わず,ビニールと空気による緩衝材である。

【神保町だより】
 西神田にある「<新潟カツ丼>タレカツ」神保町本店に前に行ったことがある。卵でとじていないカツ丼なんてと思っていたが,食べてみたら,たれが甘すぎず,衣が薄くて軽い感じで,これもなかなかいいなと思った。
 先日,同じタレカツの「神保町すずらん通り店」に入ってみた。2017年8月オープンだという。カウンターの揚げ物の店には珍しく,8割が女性客だった。タレカツ丼のほかにカツサンドもあるらしい。

 神保町1丁目偶数番地,ランチョン裏の通りに「酔いの月」という居酒屋が6月4日に開店した。ポスターによると「完全禁煙」だとのこと。近くの「酔いの助」の姉妹店だというから,「タバコを吸いたい人は酔いの助へ」と言えるというゆとりが可能にした完全禁煙だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2018

名古屋より/月曜定休 謝罪看板

 先日,2日間にわたって開かれた行事のために,名古屋に宿泊した。考えてみたら,それ以前に名古屋に泊まったことはわずか2回しかない。
 だいぶ前に,ある企業の名古屋の支社に勤務する人が,「各地の人が出席する会議というとたいてい東京か大阪なんで,名古屋の社員は必ずどっちかに行くことになるんです。しかも遅くなっても帰れちゃうんで,必ず日帰り。下手するとそれが月に何回もあるんですよ。」というような話をしていた。
 私の場合も,長い会社勤めの間,京都・大阪・神戸へは計100泊以上泊まったが,名古屋には1泊しかしていない。その1泊も,名古屋に用事があったわけではなく,名古屋に朝集合して他の場所に行くためだった。ほかに,仕事でない宿泊が1回あったので,今回は3回目ということになる。

 名鉄で名鉄名古屋から豊橋方向に1駅の山王駅のホームで10分ほど待ち時間があった。目の前に東海道線の複々線と新幹線の線路があり,名鉄自身の線路とあわせて4本の複線を,ほとんど1分も間があくことなくひっきりなしに電車が通過していくのは壮観だった。
 次の金山で乗り換えた名鉄の特急では,貫通ドアの上にスピード表示があり,見ていた限りでは最高は 119km/h だった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 5月14日の昼過ぎのこと,神保町のすずらん通りの老舗てんぷら店「はちまき」が閉まっていたのでどうしたのかと思ったら,5月から月曜定休とするという貼り紙が出ていた。そういえば定休日を意識したことはなかったが,今までは年中無休で営業していたようだ。
 「はちまき」の亭主は今は3代目だが,私が昼食に行くようになったのは2代目の時代だった。この2代目,少なくともランチの時間はいつも無愛想で,安いランチ天丼の客には露骨に不機嫌な顔をした。そんなにいやなら,安い天丼なんか出さなきゃいいのにと思った。
 しかも,店で働いている奥さんを,ご飯を出すのが遅いとかなんとか鋭く叱ることがよくあった。奥さんの方は慣れていて柳に風,あわてず騒がず,特にもたもたすることもなく仕事をこなしていくのだが,そばで聞かされる方は愉快でない。その後揚げ物をあまり食べないようにしたこともあって,足が遠のいていた時期もあった。
 90年代ぐらいだったと思うが,「忌中」の貼り紙が出て店が休みになったことがあった。おお,あのオヤジやっと…と思ったら,亡くなったのは初代のおかみさんだった。

 ランチはやっていないが,神保町1丁目,靖国通りの元スタバの左の小道を抜けた向かいに,「どかん焼き」という店ができた。謝罪3項目の看板が出ていて,そのひとつ「魚のメニューがなくてゴメンなさい」というのは,謝りながらも,向かいの「魚百」との対照を強調している。
                            (click to enlarge→) 
Aadsc_0170
Aadsc_0172
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2018

あと1年

 4月30日,平成という年号は「あと1年」となった。
 大正,昭和,平成の始まりは,いずれも天皇の崩御の翌日だった。各代とも新しい天皇が即位すると,その次の年号の選考はすぐ始まっていたはずだが,なにしろ崩御が前提の話なので,おおっぴらの議論などない。「平成の次」についても前から準備が進んでいたはずで,今回は生前退位が決まって違う要素が加わったということだろう。当然,来年4月末より前に万一のことがあったときの手筈も決まっているに違いない。
 今回,最初は新年号は早めに(当時の想定では半年前ぐらいに)発表すると言っていたのに,最近は来年2月発表が有力だという。私自身は自分からすすんで和暦を使うことはないが,年度末にそのとき限りの作業が生じるのは全体として大きな損失になる。早くしてなにもまずいことはないと思うのだが,何をもったいぶっているのだろう。さらに言えば,本当は元日改元がいちばんすっきり便利だったのに。

 1988年秋,テレビのニュースではほぼ毎日,天皇の病状を報じていた。当時5歳だったうちの息子も,テレビに見立てた段ボールの枠から顔を出して「テンノウヘーカのヨーダイは…」などと言っていた。
 1989年1月,わが家は信州某所で3泊し,1月7日の昼前に車で帰京の途についた。宿泊施設の客室や食堂にテレビはなく,ケータイもない時代で,ニュースはまったく知らないままだった。出発してまもなく,早めの昼食にしようと寄った食堂でふとテレビを見上げると,なにやら黒いスーツに黒いネクタイの人が次々に登場する。福田元首相もいた。店の人に「もしかして…?」と聞くと「そうなんです,今朝」という簡潔な返事が返ってきた。
 その後はずっとラジオをつけて走った。午後,中央高速で,あの「平成おじさん」小淵官房長官が次の年号が発表するのを聞いた。ラジオだから,すぐに文字の説明が入ったのだと思う。昭和64年は7日間で終わった。
    [追記: 日付の誤りを2018/5/17訂正]
【連休短信】
◆4/29 ヴィオラ奏者の友人が主宰する室内楽の演奏会へ。大部分ハープ入りのフランスもの。――ハープって,譜めくりが必要なんですね。
◆4/30 自オケの本番。ホールの響きに助けられた。某居酒屋での知り合いが3人来場。
◆5/2 「クラフトビール新酒解禁祭り2018」へ。体育館のような場所に屋台が40軒。
◆5/5 「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO2018」の一環として池袋西口公園で開かれた無料のコンサートへ。女性ばかりのサックス3重奏(Sop,Sop,Ten)でモーツァルトを聴く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧