日記・コラム・つぶやき

Sep 20, 2018

西日本豪雨 鉄道の復旧 9/20版

 西日本7月豪雨で不通になったJR線の復旧は着実に進んできた。いくつかの資料によって,9月20日現在の状況をまとめておく。

 まず,JR四国。予讃線の卯之町~宇和島が9月13日に開通し,これでJR四国の鉄道はすべて復旧した。

 もっとも大きな被害を受けたJR西日本では,山陽線の柳井~下松,八本松~瀬野が9月9日に開通した。残っている三原~白市も9月30日開通の予定で,これで大幹線が甦る。岩徳線も9月22日に周防高森~徳山が開通して,全線復旧となる。
 呉線は9月9日に呉~坂が開通し,これで西半分の広から呉・海田市(かいたいち)を経て広島までがつながった。安芸川尻~広が10月,安浦~安芸川尻が11月中,残る三原~安浦は1月開通の予定。
 福塩線は,吉舎~塩町で10月4日から,上下~吉舎(きさ)で10月18日から「部分運転を実施」するという。部分運転というのは耳慣れない用語だが,区間は明示されているので,本数を減らして一部の列車を運転するという意味だろうか。残る府中~上下は「2019年1月~3月中」の予定。
 被害がもっとも大きかったのは芸備線。10月4日から備後庄原~三次で同じく「部分運転」を実施,備後落合~備後庄原は来年1月~3月中開通とされている。しかし残る三次~狩留家(かるが)は,鉄橋の流出などもあり,再開には「少なくとも1年以上」かかるという。7月末には備後落合~狩留家間はまとめて「運転再開まで長期間」となっていたので,これでも区間ごとに見通しが少しはっきりしたことになる。

 JR東海の高山線は,富山寄りの坂上~猪谷が不通で,開通は11月下旬を見込んでいるとのこと。特急「ワイドビューひだ」は飛騨古川止まりになっている。

 次はJR九州。原田線の桂川(けいせん)~原田(はるだ)が「運転再開には期間を要する見込みです」という状態が続いている。JR九州では,このほかに,豊肥本線肥後大津~阿蘇が2016年の熊本地震により,日田彦山線添田~夜明が2017年の九州北部豪雨による被害を受けて,同じく運転再開の予定が立っていない。異なる天災による被害が3年にわたって累積してしまった。
 このほか,九州では,平成筑豊鉄道田川線の崎山~田川伊田が不通になっていて,開通は10月中が目標となっている。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昔,眼鏡屋の人に聞いた話――眼鏡のレンズをシリコン布やティッシュペーパーなどで拭く人が多いが,汚れにはときどき硬い成分があり,それをこすりつけてレンズに傷をつける結果になることがある。眼鏡は,じゃぶじゃぶ水洗いするのがいちばんよい。
 でも,眼鏡のレンズって,手で触るわけではないのに,なんでしょっちゅう汚れるんですかね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 19, 2018

ラッキョウの地位

 日本的なカレーの付け合わせとして,不動の定番の地位にあるのは福神漬けである。福神漬けにはとてもかなわないがそれに次ぐ存在は,ラッキョウの甘酢漬けだと思う。店により,大きさも甘さ・酸っぱさも微妙に違うのがおもしろい。しばしば,大きめのラッキョウを挟むのが難しい小さなトングがついていて,せめて5つは取ってやるぞと意地を張ってみたりする。
 ところが,自由に取れる付け合わせのラインナップからラッキョウをはずすカレー店が,ここ10年ほど,多くなったような気がする。若者の間で人気が落ちたのか,あるいは経費が上がったのか。有料のオプションにした店もある。有料だと,店としてはさすがにあまり少量にするわけにもいかないから,ある程度以上の量があって,愛好者としてはこれはこれでありがたい。
 7月にちょっと紹介した神保町の「いずみカリー」(住所は西神田 →参照)でもラッキョウは有料である。あるときこの店で,入り口脇の立て看板に「ラッキョウ50円」と書いてあるのに,店内の食券自販機では80円になっているのに気づいたので,「看板に偽りあり」というのはまずいと店員さんに言っておいた。最近通りかかったら,前の看板は見当たらず,代わりに神田カレーグランプリの看板が出ていた。カレーグランプリが終わった後,元と同じにならなければいいが。

 8場所休場明けで出場した横綱・稀勢の里は,10日目に勝ち越しを決めた。横綱だから勝ち越しなど当たり前過ぎて気にするようなことではないはずだが,中継の画面からはほっとしたような雰囲気が伝わってきた。
 今場所,横綱白鵬,鶴竜,稀勢の里の3人が5日目までそろって白星を重ねた。これは1989年3月場所以来だという。つまり,平成の初めと終わりに起きた出来事ということになる。29年半前の横綱は千代の富士,北勝海,大乃国で,11日目まで3人全勝だったとのこと。
 先場所優勝の御嶽海は10日目までで4敗,大関取りは苦しくなった。栃ノ心も4敗で,カド番脱出への戦いが続く。

 関西空港連絡橋は,鉄道が予定より早く,18日に復旧した。めでたい。
 しかし道路については,18日の報道では,橋桁2本を建造してかけ直すため,完全復旧は来年の大型連休前になるという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 12, 2018

台風21号と北海道胆振東部地震

 先週は,「天変」と「地異」に相次いで襲われた。こんな大災害でもどんどん記憶が薄れていくから,こうしてメモしておけば少しは思い出す手がかりになる(かもしれない)。
 まず,9月4日,関西を台風21号が直撃,尋常でない強風が吹き荒れた。そのあと関西空港の件が起きたのでその前のことは忘れてしまいそうになっているが,泉南市だったか,なぎ倒された電柱の写真は衝撃的だった。トラックが衝突しても倒れそうもない電柱が,軒並み9本,同じ方向に倒れていた。
 同じ日,関西空港が高潮で冠水して使用不能になり,さらに連絡橋がタンカーの衝突で破損して通行できなくなって,文字通りの孤島になった。かつてヴェネツィアが高潮で水浸しになったのを思い出す。

 そして台風のニュースを吹き飛ばすように,6日未明,北海道で大地震が起きた。北海道では,十勝沖,奥尻島など,海の方で何度か大地震が起きているが,札幌など北海道中央部はあまり地震のイメージはなかった。
 こちらで衝撃的だったのは,厚真町の山崩れの写真。何十もの山がすべて同じ方向に崩れて,半分土を露出させていた。
 最大の火力発電所が止まって,北海道はほぼ全体が停電した。ひとつ止まると需給のアンバランスが生じて周波数が安定しなくなり,他の発電所も自らを守るために停止するのだという。かつて電力会社の人に,電気は使用量が増えるとリアルタイムで増産するという話を聞いたことを思います。

 7月豪雨で大きな被害のあったJR西日本は,姫新線,因美線などが運転を再開し,呉線も一部運転を始めた。JR四国は残っていた予讃線の卯之町駅~宇和島駅間が,明日13日運転再開だという。めでたい。
 なお,関西空港連絡橋は,鉄道線路は9月中に復旧。道路は片側のみで対面通行をしていて,もう片方の復旧の見通しは立っていないとのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 04, 2018

伊勢湾台風の日に

 今年は台風が早い時期から「毎号」のように近づいているが,今日は非常に強いままの21号が襲来した。関西のJRは,「本数を減らしていき,昼以降は全面運休」というあまり聞いたことのない措置をとっている。
 台風についての古い記憶は,まずは1959年の伊勢湾台風である。被害が大きかったのは愛知県・三重県だが,関東地方でもかなりの雨と風に見舞われた。当時私が住んでいたのは古い木造の家で,雨戸を早くから閉めたが,一晩中風で家ががたがた揺れて怖かった覚えがある。ラジオなどでは「超大型」という意味で「マンモス台風」という言い方をしていたので,あとでこの夜のことを「マンモス台風」という作文に書いた。

 伊勢湾台風というと思い出すのは,伊勢湾台風がやってきたその日1959年9月26日に開店したというバーFである。
 東京某所,街道沿いだが裏は住宅地という静かな場所にあったその店に私が通うようになったのは,開店から16年後のことだった。美しい上品なママさんにはファンの客が多く,開店25周年・40周年のときには,開店の日以来の客などが発起人になって盛大な記念パーティーが開かれたりもした。
 ママさんには双子の娘がいて,開店当時は小学生だったはずだが,私が行き始めたころには学校を出て店を手伝うようになっていた。後に,ママさんが倒れて入院したときも,娘たちの手で店は立派に守られた。
 2003年6月のこと,間もなく息子が成人するのでいっしょにFで飲みたいと思い,その「下見」に久しぶりにFへ向かった。しかし,店に明かりがついていない。扉に近づくと貼り紙があり,曰く「F店主N…子は1月18日に死去しました」。その前から同年9月に閉店する予定と聞いていたのだが,予定より少し早い閉店となってしまった。翌年,「FとN…子さんを偲ぶ会」が開かれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 30, 2018

「光部」考/分類目録

 前回,金足農業の吉田輝星投手に関連して,漢和辞典では「輝」という字の部首は「車部」であり,「光」という部首はないと書いた。手元にある辞典では,「光」は「儿部」(にんにょう,ひとあし),「耀」は「羽部」の所属としている。いずれも,漢字の一部の形による分類である。
 その後辞典を眺めてみたところでは,「晃」「幌」「恍」「胱」などの字の「光」という部分は《コウ》という音を表している(したがって部首ではない)。これに対し,「光」「輝」「耀」は,形から見ても,「かがやき」という意味が共通することから見ても,「光」という部首とするにふさわしいように見える。
 それで,仮名漢字変換システムの漢字辞典を探してみたが,「光部」を立てたとしても,所属する文字はJIS第1・第2水準では上記の3字のみ,ユニコードの範囲でも「兤」「韑」「黋」(少し形が違うが)が加わるくらいのようだ。
 なお,形声文字の部首は意味のグループ分けを示すものだから,「光」を部首にすると,「光」自身は別として,ますます《コウ》と読むのはおかしいということになる。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 えーと,また新しい事件が加わってこんがらがってきた。あと何があったかな?。
【競技団体・組織の問題】 大相撲,女子レスリング,ボクシング,女子体操
【個別のクラブ(とその所属法人)の問題】 日大アメリカン・フットボール部
【選手の犯罪】 バドミントン(賭博),大相撲(暴行),プロ野球(賭博,覚醒剤,窃盗など),バスケットボール(アジア大会での買春)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 23, 2018

金足農業 準優勝の輝き

 また高校野球だが,何度も奇跡を起こしつつ決勝までやってきた金足農業高校は,8月21日,大阪桐蔭の前に玉砕し,参加3781校の中で,3780番目に敗れたチームになった。何が起こるかわからないのが高校野球だが,秋田県内出身者のみからなる公立校チームは,「全国区」の桐蔭優勢の予想を覆すことはできなかった。

 金足農業は,県予選以来,固定した9人のメンバーのみで戦い,代走すら使わなかった。つまり,控え選手はまったく出番がなかったことになる。これはベンチ入りできなかったその他の部員よりましということになろうが,生殺しのようでかわいそうとつい思ってしまう。控え選手は全員2年生という事情はあるのだろうが,だからこそ,来年につなぐための配慮があってもよかったような気がするのだが。(表彰式では控え選手ももちろん準優勝メダルを受賞した。)
 決勝戦の5回まで全イニングを投げ,快進撃を引っ張ってきたのは話題の吉田輝星投手。この人の名は「こうせい」だというが,「輝」を《コウ》と読ませるのは大いに無理がある。この字の音を示すのは「光」ではなく右側の「軍」で,音読みは「揮」「暉」と同じく《キ》である。(調べたら,「輝」の部首はなんと「車」(くるま)なのだった。「光」の部分は部首でもないし,そもそも漢和辞典にはなぜか「光」という部首はない。)
 なお,吉田投手の11歳の弟の名は「大輝(たいき)」だそうで,こちらは穏当に《キ》と読んでいる。やはり野球をやっていて,「甲子園で優勝」をめざしているとのこと。

 翌22日のスポニチでは,1面の隅に,1969年の決勝の時の同紙の記事が小さく「引用」されていた。見出しは「太田,君にも深紅の大旗を」。太田とは,東北のチームとして戦後初めて決勝に進出した三沢高校(青森)のエース太田幸司で,決勝では延長18回を投げ抜いたあと再試合で敗れた。今年の決勝戦で「レジェンド始球式」をつとめたのは,奇遇にもその太田だった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 19, 2018

サヨナラ・2ランスクイズ

 高校野球第100回大会で,地元・南神奈川の横浜高校は,3回戦で秋田の金足農業(ユニフォームでの表記はKANANO)に敗れてしまい,こうなったらその金足農にがんばってもらおうと思った。で,8月18日(土)夕方,帰宅してテレビをつけたら準々決勝の近江―金足農戦が終盤を迎え,2―1で近江がリードしていた。
 そのまま迎えた9回裏,金足農は四球をきっかけに無死満塁とし,バッターはこれまで無安打の9番打者。これが絶妙のスクイズを決め,おお同点と思ったら,前進してバントの打球を捕った3塁手が1塁に送球している間に2塁ランナーがホームに突入,1塁からの返球はわずかに間に合わず,2点目が入って逆転サヨナラ。なるほど2ランスクイズというのがありうるのか。生放送で見るのは初めてだった(と思う)。
 大会で予想以上の活躍を見せるチームは,大会の試合を経験することによって大会中にも強くなっている。アマチュアの演奏家の多くが認めている「いちばん練習になるのは(演奏会)本番だ」という法則は,ここでも当てはまる。

 南関東は,17日・18日は湿度が低く爽やか。特に18日は久しぶりに最高気温が27度だった。桜も梅雨明けもやたらと早かった今年だが,秋の訪れも早いのかどうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 14, 2018

タイは破られた――8.12の記録

 8月12日(日)は夏の大スポーツデーだった。
 まずは高校野球第100回大会の星陵(石川)―済美(愛媛)戦。済美が 1-7 から8点入れて逆転しただけでもすごいドラマだが,星陵も9回表に2点入れて9-9。延長10回,11回は両チーム無得点で,13回からは今大会2試合めのタイブレーク(無死1,2塁から始める)に突入した。13回表に星陵が2点を入れ,これで決まりかと思ったら,その裏の済美は逆転サヨナラ満塁ホームラン。まさに漫画のような結末となった。
 タイブレークは今年から高校野球に導入されたが,春のセンバツでは実施はなく,今大会では2回目のタイブレーク突入だった。今大会の初めてのタイブレークは,6日の佐久長聖(長野)―旭川大高(北北海道)戦で,13回は両軍無得点,14回表に佐久が1点入れ,裏をゼロに抑えて決着した。なるほど,タイブレークだからといってすぐ点が入るとは限らないわけだと思った。
 今大会の地方予選では35試合で実施されたという。全3700余の試合の中の1%弱ということになる。これに対し,甲子園では12日までの30試合の中で2試合実施だから,かなりの実施率ともいえる。
 タイブレークの導入については異論も多かった。しかし,済美の山口投手は前の試合も完投し,この試合では184球も投げている。もしタイブレークなしでこのまま投げ,引分け再試合でまた投げてということになっていたら,などという恐ろしい事態を考えれば,導入の意味は明らかだ。
 なお,タイブレークでの満塁ホームランは,当然のことながら,打者の打点は4,投手の自責点は2とカウントされる。

 同じ12日,ソフトボール世界選手権でも,決勝で「タイブレーカー」があり,日本は米国にサヨナラ負けをした。上野由岐子投手は1日で2試合を中3時間半で完投した。昔国鉄スワローズでダブルヘッダーの両試合にしばしば投げたカネやん(金田正一)を思い出す。
 ソフトボールでは名称はタイブレーカー。テニスなども含め,英語では -er あり・なし両方が使われるようだが,英語の制度名としては tie breaker の方がしっくりするような気がする。
 ソフトボールでは1987年から採用されているというから,野球にとっては大先輩になる。ソフトでは通常の7回まで終わって同点の場合,8回からは無死2塁(ランナーは直前の打者)で始める。

 この日ほかにも,ヤクルトの石川雅規が7回までパーフェクト,巨人がマツダスタジアムで1年ぶりの勝利,パンパシフィック選手権水泳で大橋悠依200mと400m個人メドレーで金メダル,本田圭佑がカンボジアの事実上の代表監督就任など,山のようにスポーツニュースがあった。
 それなのに,翌13日は新聞休刊日。火曜のスポーツ紙で日曜のニュースを見るか。

◆追記
 14日(火)のスポニチでは,「12日のスポーツ」という1ページに,高校野球もプロ野球も水泳も押し込まれていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 08, 2018

高校野球における詐称と極大項/内弁慶

 甲子園の高校野球の2日目,佐賀商業と高岡商業の公立商業高校同士の試合を見ていたら,ユニフォームに書かれた学校名が,高岡は順当に(?)「TAKASHO」なのに対し,佐賀は「SASHO」(「SAGASHO」でなく)だったので,あれ,「詐称」みたい(失礼)と思ってしまった。Wiki等によれば,佐賀商の通称はなるほど「佐商」で,他に「佐工」(佐賀工業高),「佐農」(佐賀農業高)もあって,「佐」で一貫している。さらに,佐賀女子短大付属佐賀女子高は「佐女」,唐津市の早稲田佐賀高(共に私立)は「わせさ」というとのこと。
 「佐賀」は短い県名なので口頭でなら略さなくてもよさそうに思うが,漢字1字で表記するとすれば「佐」になるということだろう。ネットで見ると,地元の新聞などに有名人の「来佐」の記事がたくさんある。

 もうひとつ,同じ日に登場した旭川大学高校は「KYOKUDAIKO」と表記していた。こちらは略記するなら必然的に「旭大高」となるだろうが,口頭で「きょくだいこう」と普通にいうのかどうか(なんだか「極大項」みたい)。
 なお,佐賀の場合と同様に,「来旭」という言い方もある程度使われるようだ。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 今日8日,大谷翔平が第12号ホームランを打った。8月に入ってから6試合に出場し(うち5試合は指名打者),24打席で20打数8安打(四死球4)で打率4割,ホームラン3本と好調。よしよし。
 ただ,12本中10本が本拠地球場で,著しく「内弁慶」状態だ。

 今日8日,某スポーツ競技団体の会長が辞任を表明。よしよし。
 だいたい,名誉職でない実務的な会長が「終身」などというのは,通常の団体では考えられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 05, 2018

終わりと始まり――猛暑の夏

 新国立劇場のオペラは,7月の『トスカ』で2017-18シーズンが終わった。
 『トスカ』は,故アントネッロ・マダウ=ディアツ演出で,2000年9月のプレミエ以来,今回が5回目の上演。何度見ても圧倒される豪華で美しい舞台で,成熟した歌と演奏が堪能できた。前回の2015年のときは,トスカ役が第2幕から交代するという事件があった(→参照)。
 オペラ芸術監督の飯森泰次郎氏は8月末で任期を終え,9月から大野和士氏が就任する。といっても,オペラの予定は公演の3年前には決まっているらしいから,4年間の任期中の上演予定はもうほぼ固まって,こんどはその実施に向かって突き進むのだろう。
 なお,バレエの次期芸術監督(2020年9月から4年間)には吉田都氏が就任するとのこと。

 8月1日に孫(長女の第1子)が生まれた。母子ともに元気でほっとした。孫は昨年2月に続いて2人目で,前回(→参照)と対照的に真夏の誕生になった。

 昨日8月4日,サッポロライオンのチェーン店では「ビヤホールの日」で,生ビールがすべて半額だった。毎年案内のメールをもらっていたが,今年初めて半額ビールを享受した。

 今日8月5日,甲子園の高校野球第100回大会が,松井秀喜の始球式で開幕した。例年にもましてあつい戦いとなりそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧