日記・コラム・つぶやき

Nov 19, 2017

銀行の合併

 文学部系の者には縁がなかったことだが,1970年代の就職先の花形は総合商社と金融関係だった。金融関係の代表は銀行で,第一勧銀,三菱,三井,住友,富士が都市銀行のトップグループを形成していた。第一銀行と日本勧業銀行が合併して第一勧業銀行になったのは1971年と早かったが,それ以外はみな明治以来の財閥系で,「護送船団」という枠の中ではあったが互いがライバルであり,合併・再編など想像もつかなかった。
 それが,80年代に相互銀行が続々と普通銀行に転換されたのに続き,再編の波は90年代には大銀行に及んだ。バブルが崩壊し,北海道拓銀,山一証券,長銀,日債銀の破綻が相次ぐ中で,かつては三井と住友の合併など冗談にもならないくらい非現実的なことだったが,素人目にはあれよあれよといううちに話が進んだ。今の3大メガバンク+りそなという体制になったのは2006年だった。(同じ2006年,阪急電鉄と阪神電鉄の合併(経営統合)にも驚いた。)

 銀行への接し方も大きく変わった。ATMもその他銀行との提携もない時代は,銀行預金の出し入れは口座のある銀行の支店でのみ可能で,それも平日の9時から3時までに通帳と印鑑を持って窓口に行く必要があった。(→参照:休日の朝――昔のATM
 私が就職した1970年代前半にはATM(正確には払い出しのみの機械(CD)だったと思う)がだんだん設置されるようになった。しかし,最初のうちはATMの稼働時間は窓口の営業時間よりわずかに長いだけで,同じ銀行でしかおろせないのはそれまでと同じだった。都市銀行のオンラインシステムが相互接続されたのは1980年代半ばのこと。
 ちなみに,今となっては想像するのが難しいが,私の職場では70年代末まで月給は現金支給で,給料日の朝には経理の担当者が会社の車で現金(金種ごとの数を計算してある)を会社に運び,会社の会議室で給料袋に詰めていた。一般には,月給やボーナスの銀行振込は70年代前半に広まったと思う。そのひとつのきっかけになったのは,1968年の「3億円強奪事件」(東芝府中のボーナスを運ぶ現金輸送車が襲われた)だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 09, 2017

「真白き富士の根」と「高校三年生」――悲しくない短調 再び

 前に,昔の日本の歌には「悲しくない短調」の曲がけっこうある,という話を書いたことがある(→参照)。
 そのとき挙げなかった例として,「船頭さん」(村の渡しの船頭さんは…)と「森の小人」(森の木陰でどんじゃらほい…)のことをちょっと調べてみたら,この2曲は,ともに開戦の年1941年の曲で,歌詞の軍国的な部分を戦後改変したという共通点があるとのこと。私の子供のころにはみな知っている歌になっていたのは,NHKラジオの「うたのおばさん」などを通じて広まったからだと思う。(今だったら「おばさん」などというタイトルはつけないでしょうね。)
 「船頭さん」の作曲者は河村光陽という人で,この人は「うれしいひなまつり」「仲良し小道」「りんごのひとりごと」といった悲しくない短調の曲を残している。

 短調と長調ということでおもしろいのは,「真白き富士の根」(七里ヶ浜の哀歌)である。1910年1月に逗子開成中学の生徒ら12人が乗ったボートが鎌倉・七里ヶ浜沖で転覆して全員死亡した事件があり,その追悼会で,鎌倉女学校(現鎌倉女学院 逗子開成と創立者が同じ「姉妹校」だった)の生徒たちによって“初演”された。原曲はアメリカの賛美歌で,鎌倉女学校の教諭だった三角錫子が詞をつけたものである。この曲,たしかに楽しげな曲ではないが,長調だし,哀歌という感じではない。しかし,『日本唱歌集』(岩波文庫)の解説ほかによると,後に演歌師などが短調で歌って全国に広まったという。
 逗子開成も鎌倉女学院もほぼ地元なので,この事件のことは私は中学のころぐらいから知っていたが,後に聞いたところでは,この事件は,生徒たちが勝手にボートを持ち出して強風の吹く冬の海に漕ぎだして起きたという。とすれば,この歌がなかったら世の人の涙を誘うようなことにはならなかった可能性が高い。

 「青い山脈」の系譜に属する「悲しくない短調」としては,「高校三年生」(1963)が思い出深い。サビの「ああ」は女声コーラスをバックに2小節延ばされ,8分音符のキザミと共に盛り上がる。レコードのジャケットの舟木一夫は学生服姿だった。
 その後も,たとえば1975年の「我が良き友よ」(吉田拓郎)も,短調で青春を歌っている。しかし,歌詞の内容は「青い山脈」などより上の年代であり,かつてのような青春賛歌とは趣を異にしている。
 いま,明るい短調の曲は書かれているのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 31, 2017

神保町ニュース 2017秋――スタバ,ドンキ閉店/行列/担々麺2軒

 10月下旬の某日,神保町の錦華通りからマクドナルドの角を曲がって靖国通りに出たら,景色が変わっていた。右手のビルの1階が閉まっていて,ガラスのドアや窓に白いシートが貼ってある。あれ,ここ何があったんだっけと一瞬考えて,そうだスタバだったと気づいた。
 近寄ると,スターバックスコーヒー神保町1丁目店は10月24日をもって「閉店することになりました」という予告の貼り紙がそのまま出ていた。ふだんドトールを愛用している私にとっては,まったく突然だった。
 愛好者のツイッター(→参照)によると,同店は開店15周年を迎えたところだったという。地下鉄3線が集まる神保町駅から200メートルほどで,場所は悪くないと思うし,神保町ならスタバの1軒ぐらいあっていいと思うのだが,なぜ15年もたって撤退なのだろう。ビルの持ち主の事情か,あるいは,もっといい場所が見つかったとか?Aapa307875Aapa307876


 
 
 
 
 もうひとつ,こちらは少し前からネット上でその早さが話題になっていたが,ドン・キホーテ靖国通り神保町店が10月13日限りで閉店した。今年2月の開店だから,わずか8か月の命だった。
 同社広報は「ロケーションなどを勘案し店舗以外での活用がグループ全体として最適だと判断した」としている。つまり,そのロケーション選びが誤りで,ドンキは神保町にはそぐわなかったということだろう。本棚のイラストを壁に描いたりして「同化」を図っていたようではあるけれど。

 いま神保町随一の行列店は,レオマカラズヤ隣に8月22日開店の <蘭州拉麺> 馬子禄(マーズルー) 牛肉面。中国・蘭州の牛肉麺の店の日本第1号店だという。
 いつも店前の歩道上に九段下方向に向かって行列ができているが,今は古本市の露天店舗があるため,レオマカラズヤの裏側に行列の続きができている(正確には,作らされている)。

 10月に入ってから,錦華通りに担々麺の店が2つもできた。
 ひとつは,14日開店の <汁なし担々麺>くにまつ。汁なし専門で,高い椅子と立ち食いのカウンターの店。広島の有名店が進出してきたとのこと。メニューは普通のと激辛KUNIMAXの2種に,温泉卵,ミニライスとシンプル。「洗うのをサボって」紙のカップで出される。
 もうひとつは,そこからほんの30メートルほどのところに16日開店の <四川担々麺> 簫記。つい先ごろまでトッポギの店があった場所である。メニューは白ごま,黒ごま,麻辣(この順に辛くなる)と,汁なし。

 いま,神保町古本まつりが開催されている。11月5日まで。Aapa307880_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 24, 2017

綺羅星と間髪

 大部分の国語辞典に「綺羅星(きらぼし)」という見出し語がある。「綺羅星のごとく」というフレーズでのみ使われる言葉だが,元来「綺羅,星(ほし)のごとく」であり,「綺羅星」というものがあるわけではない,ということを,私の場合,大人になってだいぶたってから知った。

 「間髪」の場合も,しばしば「かんぱつ」と発音されるが,元は「間(かん),髪(はつ)を入れず」であり,「間髪」というものがあるわけではない。すなわち,「綺羅星」と事情は同様だと思うのだが,なぜか「間髪」を見出し語にしている辞典はごく少ない。
 この意味の「髪」を使った熟語に「一髪」がある。これはもちろん辞典に載っているが,この語の「使い道」はふつうには「間一髪」と「危機一髪」ぐらいしかない。
 「危機一髪」で思い出すのは,映画『From Russia with Love』の1964年公開時の邦題『007危機一発』である。いわばダジャレによる造語なのだが,当時「子供が間違って覚えてしまう」などと激しい非難を浴びた。(1972年の再公開時には,原題に沿って『007 ロシアより愛をこめて』になった。)

 「一衣帯水」は「いちい たいすい」のように発音されることも多いが,正しくは「衣帯」が「帯」の意味の熟語なので,区切るとすれば「いち・いたい/すい」であり,「ひとつの『衣帯』の(ように幅の狭い)水」の意味だという。これも私は若いころは知らなかった。

 「折り紙付き」の「折り紙」は,多くの国語辞典には,古くは「おりかみ」だったという注がある。しかし,「おりかみ」を見出し語にしている辞典はごくわずかである。パソコンで試しに「おりかみつき」と打ってみたら,ATOK君は「折り噛みつき」と変換した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 20, 2017

3拍子に変身

 三菱東京UFJ銀行の支店内のATMコーナーで,あまり音のよくないスピーカーから軽やかなワルツ風の曲が聞こえてきた。3/4拍子で階名で書くと以下のような具合:
 ソーー|ーファミ|レーー|ーミレ|ドーー|ーレミ|/ソー/ラ|/ソーー(中略)
 レ・8レレ|レドレ|ミーファ|ソーー|レーミ|ファーー|ミーレ|ドーー
   ◇カタカナと「ー」(長音)は1字が4分音符1つ分
      (「ファ」も1字扱い)
   ◇「/ソ」は(ドより)下のソ
   ◇「|」は小節線
   ◇「レ・」は付点4分音符のレ
   ◇「8レ」は8分音符のレ
 よく知っている曲なのに,曲名が出てこない。やはり,年のせいか。でも,ワルツの途中を聞いて曲名を答えるのはけっこう難しいんだよな。しかも,聞こえてくるのは上記の部分ばかりでイントロ部分などはない。
 銀行を出てしばらくして,ようやく気づいた。ワルツではない。シューベルトの「軍隊行進曲」の1曲目(ニ長調)を3拍子にしたものだった。この編曲,いくつかの支店で流れていたから,銀行がオリジナルで制作したものかもしれない。元がシューベルトだし,ウィンナ・ワルツより古風なしゃれたワルツに仕立てることもできそうだ。

 4拍子・2拍子から3拍子への編曲というと,唯一思いつくのは,パチンコ屋などの閉店のときの「蛍の光」である。ジンタの伝統によるのか,あれは昔から3拍子だ。
 逆に3拍子から2拍子系への編曲で有名なのは,バッハ『アンナ・マグダレーナの音楽帖』の中の「メヌエット ト長調」を原曲とする「A Lover's Concerto」である。(ただし,この曲は今ではバッハの曲ではないとされている。)[他の例は →参照

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 12, 2017

衆議院解散 1980と2017

 首相の思いつきによる「思いつき解散」によって衆議院議員選挙が公示され,選挙戦が始まった。今回の衆議院解散はかなり突然だったにもかかわらず,28日の解散から5日後には近所に選挙ポスターの掲示板が立派にできていた。――うーん,日本人は真面目だ。
 衆議院議員の任期は4年だが,たいていはそれ前に解散がある。前回の選挙からもう2年半以上たっていたから,関係者は少しずつ準備をしていたのだろうが,全国規模で誤りなく整えるのは容易ではないだろう。しかも今回は選挙区の区割りの変更があったし。

 私が選挙権を得て以来,今回は18回目の総選挙になるらしい。その中で,あまりの突然の解散にもっとも驚いたのは,1980年5月の通称「ハプニング解散」である。
 当時私は一人暮らしでテレビを持っていなくて,解散のニュースを知らないまま寝た。翌朝は土曜日だった。寝ぼけまなこで新聞を広げたところ(今の多くの若者と違って新聞は取っていた),「大平内閣不信任案可決」「衆院解散へ」という大見出しが踊っていて目が覚めた。
 不動の自民党政権の時代で,不信任案が提出され否決されるのは儀式のようなものだった。しかしこのときは,自民党内の反主流派の多くが採決を欠席したために,通るはずのない内閣不信任案が可決されたのである。大平首相は,当然総辞職はしないで衆議院を解散,予定されていた参議院選挙と初めての同日選挙になった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~
 うかつにも先週初めて気づいたのだが,東急東横線の日吉駅の駅メロは「若き血」だった。なるほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 08, 2017

居酒屋の会話帖

 居酒屋での知人Nさんが,喉の手術をして話すのが難しくなり,「会話帖」を使っている。ホワイトボード薄くしたようなつるつるの厚紙を綴じたノートで,Nさんが話したい内容を書いて相手に示すと,耳は問題ないので,相手は声で応える。だから,正確には「発話帖」で,Nさんは用が済むとどんどん消してしまう。しゃべるのと同じ感覚である。
 Nさんとよく連れ立ってやってくるKさんは,ときどきつられて自分も会話帖に書き込んで,「あ,オレは書く必要ないんだよな」と言って自分で苦笑したりする。
 当然思い出したのはベートーヴェンの会話帖。もしこれがNさんのようなノートだったら後世に残らなかった。しかし,よく考えると,ベートーヴェンの場合は耳が聞こえないのだから,会話帖に書くのは主にベートーヴェン以外の人である。こちらは「受話帖」というべきか。

 昔,職場の先輩で,だれかの訃報をきくと必ず「季節の変わり目だからね」とか「この気候じゃね」という人がいた。こういう感覚も,季節の移りゆきへの敏感さの表れかもしれないと思うようになったのは,だいぶ後になってからである。日本の季節は,真夏・真冬の一時期を除いては,「いつも変わり目」とも言える。
 ここ数日,急に涼しくなったり,また暑い日が戻ってきたりしている。そういえば昔の学校では6月1日と10月1日が「衣替え」の日で,この日に一斉に制服を夏服または冬服にしていた。6月1日には女子高生のブラウスがまぶしかった。今は機械的に一律にとはしない学校も多いようだ。

 ~~~~~~~~~~~~~~
 郷里・横須賀にちなむ田中宏巳『横須賀鎮守府』(有隣新書)という本を読んだ。さすがというべきか,発行日は5月27日,つまり昔の海軍記念日になっていた。
 ちなみに,横須賀鎮守府の略称・愛称は「ヨコチン」だったという。
 立川談四楼のシリーズ(→参照)第3弾『もっとハゲしく 声に出して笑える日本語』(光文社知恵の森文庫)が出た。2009年の1冊目・2冊目以来である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 29, 2017

「食器が伝票」方式

 今年の初夏,久しぶりに行った北千住の居酒屋「千住の永見」の店内に「当店はどんぶり勘定です」という貼り紙が出ていた。紙の伝票は使わず,料理の入っていた食器(およびお酒のカップ・ビール瓶)で代金の計算をします,したがって食べ終わっても食器は下げません,という趣旨の注意書きである。実際にはどんぶりを使う料理は少ないので,実態としては「皿勘定」だが。(ただし,この貼り紙は,その次に行ったときにはなぜかなくなっていた。)
 私が行ったことのある居酒屋では,肉豆腐の「千登利」(池袋)と,郷里・横須賀の名店「銀次」がこの「食器が伝票」方式である。千登利では皿のほか,焼きとんや野菜焼きの串も伝票で,いつか女性客が食べ終わった串を床に落としてそのままにしていて,隣のおじさんに注意されていた。焼きとんについては,重要なのは串であり,焼きとんをのせる浅い皿は有価証券ではないので空いたら下げてくれる。
 「銀次」のおかみさんは,料理を出すときはだれの注文だったか忘れることがあるのに,勘定の段になると記憶が鮮明になって,皿を見ながら食べた品目を迷わず唱えて,上が2つ玉の古風な算盤を入れていく。

 紙の伝票を使う店では,注文を受けるとすぐ伝票に書き込むのが普通である。そのひとつ「鳥万」(蒲田)では,客は自分の伝票を店員に渡しながら注文するのが自然に成立したルールになっている。これに対し,「齋藤酒場」(十条)は,注文は口頭で厨房に伝え,できた料理を客に届けてから伝票に記入する。
 ユニークなのは「まるます家」(赤羽)のプラスチックのチップを使う方法。ここは店の中央奥に座るおかみさんによる集中管理方式で,両カウンターの店員が「3番さん,タマネギフライ」とおかみさんに伝えると,おかみさんが大声で「タマネギフライがひとつ」といった具合に厨房に伝え,このとき,穴のあいたプラスチックのチップ(値段によって色や形が異なる)を席番号の棒にさしこむ。飲み物は店員が出すものもあるが,それもおかみさんに伝えられ,おかみさんがチップで記録する。
 店員が「3番さん,会計」と告げると,おかみさんがチップを数えて素早く計算する。おかみさんには一刻の休みもない。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 いま,東京付近では,日の出も日の入りも5時半前後である。夜の長い季節がやってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 21, 2017

エスカレーターを歩く/東京外し

 駅や商業施設などのエスカレーター上を歩くことの是非をめぐって,ときどき論争が起こる。鉄道会社や店舗側は,強弱はいろいろだが,歩かないことを求める掲示を出している。しかし,少なくとも鉄道の駅では,歩かない人はエスカレーターの(東京の場合)左側に立ち,歩く人のために右側を空けておく習慣が確立している。
 確かに走るのは危険だから,私は年も考えて,エスカレーターでは原則として走らないことにしているが,正直にいうと,急いでいるときは歩きたい。せっかく速く移動する手段があるのだから使いたいと思う。
 それで私は,自分なりの原則を立てた。その1は「なるべく(特に下りは)階段を歩く」。そしてエスカレーター上を歩く条件だが,その2「先行者(前を歩く人)が複数人いるときのみ歩く」。もちろん立っている人の状況(荷物を出っ張らせていないなど)を見た上でのことであるが,前を歩く人がある程度の数いて問題なく歩いていれば,危険性はぐっと減る。これに加えてその3は「付則」で「前に誰もいないときは歩いてもよい」。
 ただし,エスカレーターの安全基準の前提は,「歩かない」ことよりも「(急停止に備えて)手すりにつかまって乗る」ということに重点があるらしい。これをどうしてくれると言われるとちょっと困るが,とっさのときにすぐ手すりをつかむという心構えをしておく,というところだろうか。

 三菱東京UFJ銀行が,来年4月に名称から「東京」を外し,「三菱UFJ銀行」となるという。UFJと合併する前は「東京三菱銀行」で,当時はこれでも長いと感じていた(業界での略称は「トーミツ」だった)(→参照)。
 東京三菱は,三菱銀行と東京銀行が合併したものである。東京銀行は,昔の横浜正金銀行が解体された後その業務を引き継いだ外為銀行で,かつては外貨,特に米ドル以外の入手には,たいてい東京銀行へ行っていた。その東京銀行に由来する「東京」が今回消えることになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 15, 2017

池之端藪蕎麦の閉店

 9月某日の昼過ぎ,上野の美術館に行った帰りに,久しぶりに池之端の藪蕎麦へ行こうと思い立った。
 中央通りを折れて,昼間でも客引きのいるあたりを抜け,このあたりと思う所まで来たのだが,「藪」の看板が見えない。なおも行くともう千代田線の湯島駅なので引き返し,もう一度よく見たところ,店のあった場所とおぼしき所に建築中の小さいビルがあった。鉄骨が2階まで組み上がったところだった。先日も居酒屋の取り壊しと復活を見たばかりだったので,ここも建て替えかと思ったのだが,建築に関する掲示の建築主のところは不動産会社の名になっていた。昼食は,この通りのもうひとつの名店「蓮玉庵」に入った。
 帰ってからネットを検索したら,具体的な情報はあまりなかったが,どうやら店主が病気で昨年閉店したらしい。火事にあった「神田藪」は立派に再建されたが,それと入れ替わるように「三大藪」(もうひとつは浅草の「並木藪」)の一角が消えてしまったことになる。藪蕎麦はどこも蕎麦の量が少なめで,「池之端藪」も決して安いとは思わないが,つまみがいろいろあるし,落ち着いていてしかも適度に気軽な雰囲気の店だった。
 デジタルの記録のあるここ20年で17回足を運んだ。そのうち2013年の1月のときは,これも好んで行っていた新井薬師の「松扇」が閉店(こちらは地方へ移転)していたので,やむを得ず池之端へ行ったのだった。その次,同じ年の11月に行ったのが最後になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧