神保町

Nov 22, 2019

新国立劇場の悲喜劇――『エウゲニ・オネーギン』『ドン・パスクワーレ』

 新国立劇場オペラの2019-20シーズンは,10月の『エウゲニ・オネーギン』で始まり,続いて11月には『ドン・パスクワーレ』が上演された(ただし,10月12日の『オネーギン』は台風で中止になった)。共に新制作で,今シーズンの演目10本のうち新制作は4本だが,そのうちの2本がシーズン始めに連続するというちょっと珍しい事態になった。2つの新制作が重なったこの夏,舞台裏は大忙しだったことだろう。
 上演は共に充実したもので,歌も演出も高水準。ヒロインが共にほっそり美人なのも吉。舞台装置もよくできている。
 ロシアの作曲家で私がいちばん多くオペラを見ているのはチャイコフスキーで,中でも『オネーギン』が最多で今回が7回目。『ドン・パスクワーレ』は,14年前に一度プラハでたまたま見たことがある(→参照)が,国内では初めてだった。

 この2本,『オネーギン』は悲劇,『ドン・パス』は喜劇という対照をなしているが,劇中の中高年男の結婚に関しては,悲喜あるいは幸不幸が逆転していることに後から気づいた。すなわち,『オネーギン』のグレーミン侯爵は中年になってタチアナと結婚して幸せいっぱいなのに対して,ドン・パスクワーレ氏は老年になって結婚しようとして苦い経験をすることになる。

◆神保町ミニだより
 すずらん通り裏の焼肉店で,昼食が売り切れて「ギブアップ中」という札が出ていた。

 靖国通り北側の路地のカレー店では,売り切れのメニューに「完食」という札が貼ってある。完食ということばのこういう用法は珍しい。

| | Comments (0)

Oct 11, 2019

旭化成本社は神保町――祝 ノーベル化学賞

 9日夜からずっとニュースに登場している旭化成本社は,神保町三井ビルにある。私の職場はかつてそこから60メートルほどの所にあり,しかも友人が同社の重要ポストにいたので,旭化成はご近所として親しみを感じる存在だった。
 神保町三井ビルは,神保町1丁目奇数番地のすずらん通り南側地域を「再開発」して建てられた3つのビルのうちのメインのビルである。このあたりはかつて小規模の書籍取次の店が建ち並んでいて,「神田村」と呼ばれていた。取り壊しが始まったのはちょうど20年前のことになる。
 三井ビルが建って再開発が完了したのは2003年3月で,同年12月,その1~9階に,会計検査院が「入居」した。霞ヶ関の中央合同庁舎7号館建設のあいだということで,結局4年間の仮住まいだった。その場所プラス14階のフロアに,2008年5月に日比谷から引っ越してきたのが,旭化成本社だった。
  神保町1丁目再開発の経緯については,以下を参照:
   本拠地 →神保町の昼食の章 →神保町昼食ニュース 目次

 台風15号による被害で不通になっていたJR久留里線の久留里~上総亀山間は,10月11日午後から運転を再開した。
 しかし,もっと強力な台風19号が近づいている。

| | Comments (0)

Sep 26, 2019

昼食の終わりと始まり――神保町だより9月

 神保町の昼食の店のいろいろな動きのうち,2件ご報告:
 マクドナルドの左の路地を突き抜けた右側の「魚百」で,ランチ営業を9月27日限りで終了するという貼り紙が出た。やはり人手不足なのだろうか。翌週からは,「ディナー営業」を15時50分からするという。
 ここの昼食では「海鮮丼」を何度も食べた。だいたい食べ終えてからご飯を足して出しをかけてお茶漬けにするところまで含めて 980円と,かなりのお徳用。毎月29日には「肉の日に対抗して」この海鮮丼が 500円で提供されていた。

 同じくマクドナルド左側の路地を入ってすぐの左側地下,メキシコ料理店の「ソルアミーゴ」(昔はエル・アルボリートという名だった)で,昼のみ営業のカレー店「まんぷくカリー24」が8月13日に開店した。通るたびに絶賛客引き中。
 ランチは1000円で,カレーは豚肉角煮,キーマ,およびそのハーフ&ハーフから,ご飯の量は大・中・小から選び,付け合わせ(コロッケ,焼きビーフン,もやしの和え物),サラダ,ドリンクは取り放題。ほかにデザートが付く。
 いくつかのウェブサイトによると,この店の店主は「間借り界のレジェンド」だそうだ。しかし神保町には,20年前にすでに昼だけの間借りカレー店があった。それはランチョンの左の道を北へ進んだ右側,居酒屋「櫓」で10年近く昼に営業していた「YAGURA」(1999/3/1開店,2008/8/4閉店)である。インド人(たぶん)がやっているけっこう本格的なインドカレーだった。
  参照:本拠地 →神保町の昼食の章
      →神保町 昼食さまざま
      →目次のずっと下の方「昼だけのカレー屋」
Adsc_0904 Adsc_0906

| | Comments (0)

Aug 07, 2019

神保町だより 2019年8月

 神保町1丁目北側,マクドナルドのあるブロックの北東の角に,7月1日,「ちゃんこ富風」が開店した。ここは前は <四川担々麺>簫記,その前はトッポギの店で,近年あまり店が長続きしない場所である。
 尾車部屋の力士だった富風が経営者する店で,赤坂に続く2店目だとのこと。
 昼食は,味が日替わりのちゃんこ定食がメインで,それに鶏唐揚げのついたもの,ご飯なしでうどんを入れたもの(ちゃんチャン麺)などがある。食べたのはちゃんチャン麺で,質量ともに立派。野菜が多く食べられるのがいい。
 今年はなかなか梅雨が明けなくて涼しかったからよかったが,さて真夏にはどうか。

 そのすぐ近く,魚百の向かいの「Grill-Griller-Grillest」(開店は2017年5月)が8月2日限りで閉店した。建物が建替えになるためで,移転先を探しているが見つかっていないという。

 4月に「伯耆」が閉店し,ずっと「テナント募集」の貼り紙が出ていたが,7月後半に改装が行われ,8月5日,韓国料理店「あんず」が開店した。
 「ほおき」とかながふってある伯耆の看板(正しくは「ほうき」)は,開店1週間前にはまだ「健在」で,しかも中の明かりがついていた。これはさすがに開店前に交換されたが,郵便受けの表示は開店日になっても「伯耆」のままだった。昔と違って,しょっちゅう郵便が届くというようなことは想定されていないのだろう。

 Adsc_0818 Adsc_0839_20190807212801 Adsc_0848

| | Comments (0)

Apr 26, 2019

神保町花だより

 桜の季節が終わっても寒暖の差が激しく,冬と初夏を行ったり来たりした。連休中も天気は落ち着かないらしい。
 今年は空前の大連休(最初「大連級」と変換された)。引退の身には関係がないと思っていたが,家の中の片付けが待ったなしになって,これにかなりの時間を使うことになる。

 4月1日,神保町の白山通り沿い,水道橋方向へ半分ちょっと行った右側に「茶珈匠」という持ち帰りの飲み物店が開店したのに気づいた。行列が横の路地に続いていた。どうやら各種のお茶のラテの店のようで,店頭に特筆してあるのは黒糖タピオカのラテだった。

Aadsc_0666

 4月,神保町にも新社会人と大学の新入生がやってきた。
 桜は去ったが,街角はちょっとした花の季節を迎えている。

Ap4229796

Ap4229801

Ap4229814

 

| | Comments (0)

Jan 31, 2019

歴代都知事の名前/神保町の2/11長屋

 北千住の居酒屋の名店「千住の永見」のカウンターに座ると,歴代の調理責任者の調理師免許状が貼ってあるのが見える。調理師免許状は都道府県の管轄なので,発行者として都知事の名が書いてあるのだが,その最初は東龍太郎,次が美濃部亮吉,以下鈴木俊一,青島幸男で,4代,40年にわたっている。
 神田錦町の由緒ある蕎麦屋「錦町更科」も同様で,こちらは東龍太郎の前の安井誠一郎が最初だった。たぶん先々代の店主のものだろう。東は私が高校のころまで知事だったから名前は知っているが,その前となると小学校4年までだからまったく記憶がない。

 靖国通り南側,ランチョンの向かいは,かつては東寄りの角の小宮山書店まで,同じ意匠のビルが11棟立ち並ぶ「11軒長屋」だったが,2005年には元の面影を残すのは三鈴堂眼鏡店と本と街の案内所の2軒だけになっていた(→参照)。三鈴堂は看板に「創業 明治十二年」とある。本と街の案内所の場所には,LP時代によく通った「ミューズ社」というレコード屋が1980年代まであった。
 1月中旬だと思うが,この2軒の建物に取り壊しの予告が出た。そして,両方の建物の間に「建築予定のお知らせ」も掲出された。

 先日書いたスタバ跡のビルの件は,貼り紙をよく見たら期間が3月までと短く,建て替えではなく改装らしい。そういえば,ビルの上の方の飲食店は営業を続けている。
Aadsc_0568


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 10, 2019

神保町 冬の便りは順不同

◇錦華通りを北へ200mほど行った右側の小道にある「<和亭>かもん」が12月からランチを始めた。かなり昔からある小料理屋だが,中の様子はわからず,入りにくい店だった。ランチは,海鮮たるたる丼,刺身定食,鯛茶漬け,まぐろ漬け丼が「常任」,日替わりが1種というラインナップ。

◇靖国通り南側,マカラズヤ前の信号のそばの海鮮丼の店「きときと」は,「店内改装のため」10月半ばから1か月半以上休業していた。小規模な店の改装としてはあまり聞かないような長期間だ。
Aadsc_0432Aadsc_0526
     Click to enlarge→
 
 
 
 
 

◇錦華通りを北へ200mほど行った左側に,コーヒー豆の店「青海珈琲」(「チンハイ」ではなく「あおみ」と読む)ができた。豆を焙煎して販売する店だが,「テイスティング」として,機械で淹れたコーヒーを持ち帰れるようになっている。100円のブレンドと200円の上級版の計4種あり,コインを箱に入れて,コンビニのコーヒーのように自分でボタンを押して淹れる。3種類飲んでみたが,200円の方も十分お買い得だった。

◇錦華通りの同じ左側のすぐ先,前は「東京ブッチャーズ」があった場所に,11月20日,「<四川大衆>ハォワール(好玩儿)」が開店した。ランチは麻婆豆腐,汁なし担々麺,麻辣麺の3種。一昨年から担々麺の店が次々とできた錦華通りにまたひとつ担々麺が登場したわけだが,ここはどちらかというと居酒屋に重点を置いているらしい。

◇神保町駅A5出口(交差点の北東側)からすぐの所の新築ビルは,11月ぐらいに完成したはいいがほとんど空き家らしく,全階にわたる「テナント募集」の貼り紙が出ている。

◇都営地下鉄の北側の改札口(新宿線本八幡行きホームからすぐ)の向きが,12月23-24日の連休のころに,西向きから北向きと北西向きに変わった。駅の改修工事の進展に伴うもので,今までの改札口はまったくの仮設だったが,今度のは少ししっかりしているようで,このまま「本番用」にするのかもしれない。

◇靖国通り北側の2017年秋に閉店したスタバがあったビル(マクドナルド隣り)は,ずっと空き家になっていたが,1月になって建て替え予定が掲示された。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 08, 2019

神保町「満留賀」年越さず

 神保町初詣の日の衝撃だった。1月7日朝,靖国通りからランチョン脇を北へ曲がった通りで目に入ったのが,古い蕎麦屋「満留賀」の貼り紙だった。曰く「当店は12月31日をもちまして閉店いたします」――「12月吉日」付の予告の文面だが,年内には気づかなかった。
 驚きつつ写真を撮っていたら,同じく足を止めた中年男性が「えーっ,閉店ですか」と貼り紙を熟読していた。「本当に楽しい70年でした。」と明るく特筆大書してあるのがかえって寂しい。隣には新そばの貼り紙が残っている。
 37年余り神保町近くに勤めていた間はたまにしか行かなかったが,今の仕事場からは便利なので前よりよく行っていた。古典的な気軽な町の蕎麦屋で,客は全体としてはおじさんが多いが,特に夏は冷やしものを求めて,それほど年ではない女性もけっこう来ていた。
↓Click to enlarge
Aadsc_0541_4

Aadsc_0543_4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 21, 2018

神保町だより 2018年11月

 8月に白山通りに面して出版クラブビルが竣工(神保町1-32),10月から本格的に稼働している。テナントは主に出版関係の業界団体で,パーティーができる部屋もあるようだが,飲食店は1階に「鶏 くるり」という店ひとつだけ。
 そこの昼食は「チキンブロススープセット」「から揚げセット」「鶏そばセット」の3種。前2者はご飯が(普通の)白米,雑穀米,今井米(というプレミアム米)から選べるということになっているが,私が行った日は白米しかなかった。で,食べたのは「チキンブロススープセット」1180円。鶏と大きめの野菜が入ったポトフのようなスープがメインディッシュで,良い味だった。量はやや少なめ。
 なお,brothは澄んだスープのことなので,「ブロススープ」は冗語気味。
 Dsc_0453
 
 
           (Click to enlarge)
 久しぶりにすずらん通りへ行ってみたら,白山通りへの出口の南角のビルが壊されて,更地になっていた。昔は「理髪一番」という床屋があって,比較的速くて昼休みでもなんとか行けたので,QBハウスが進出する前はときどき行っていた。
 Dsc_0457
 
 
 
 
 
 その近くの向かい側,揚子江菜館の隣りのコンクリートの建物の「酔っ手羽」は,建物に「24時間営業」と書いてあるが,昼に通ったら閉まっている。扉を見ると貼り紙があり,いわく,「まことにくやしながら しばらくのあいだ 営業時間を17:00~翌5時 と させていただきます」。くやしながら,か。
Dsc_0458
 
 
 完全禁煙の飲み屋として6月に開店した「酔いの月」(→参照)があえなく閉店し,「テナント募集中」の表示が出ている。心の中のエールだけだったのが申しわけない。

 先日書いた錦華通りの「五ノ井」の立て看板に,ある日,店名の説明が書いてあった。
 Dsc_0436
 
 
 
 
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 14, 2018

トイレいろいろ

 多数の人が出入りする建物では,トイレの内装は,男子用は水色,女子用はピンクという場合が圧倒的に多い。
 ところが,ある貸し会議室に行ったとき,男子トイレの内部のタイルがピンクなので驚いた。うっかり女子用に入ってしまったかと思って,あわてて外に戻って表示を確認した。その後何度か行ったので戸惑わなくなったが,なんとなく場違いな感じは今も少しある。

 最近,孫を送ってよく保育園へ行く。あるとき保育園でトイレに行きたくなり,保母さんに「大人のトイレはどこですか」と聞いたら,「あそこの子供のトイレの奥です」という返事。行ってみたら,幼児用のオープンなトイレの向こうに確かにブースがあったが,もちろん1つだけだし,普通は保母さんしか使わないから完全に女子用の仕様で,なんとも落ち着かなかった。

 地下鉄の神保町駅は,都営新宿線も東京メトロ半蔵門線もトイレの工事中である。新宿線のはまったく使えないが,半蔵門線は多少面積に余裕があるようで,本来の場所の先に仮設のトイレができている。仮設にしてはまあ立派だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧