神保町

Sep 17, 2020

半年ぶりに神保町/新国立劇場『こうもり』

 前回神保町へ行ったのは4月7日の昼で,その夜に東京など7都府県に緊急事態宣言が出た(→参照)。それ以来半年ぶりに,9月16日の昼,神保町に立ち寄った。街を行く人の様子には特に変わったことはない。けっこう人が密になっているところもあるし,換気のためドアが開いている飲食店からは声高らかな談笑も聞こえてくる。
 今春閉店した店のうち,キッチン南海の建物はシートをかぶっていてすでに取り壊し工事中で,少し離れた場所にできた新しい店には行列ができていた。スヰートポーヅ,柳屋(三井パークタワー1階の蕎麦店)には,閉店あいさつの貼り紙が残っていた。改築のため閉店したレオ・マカラズヤの場所は更地になっていて,奥行きがけっこうある店だったことがわかる。
 昼食は「静邨」で蕎麦。おかみさんは30年ちっとも変わっていない。

 新国立劇場から,11月末~12月のオペラ公演『こうもり』の案内が来た。劇場等の人数制限緩和を待って発送されたものだろう。おなじみのハインツ・ツェドニク演出だが,今回は「新様式対応」で一部を変更するという。
 指揮者・歌手はほぼ元通りの名前が並んでいるが,入国制限が変わらなければ変更せざるを得なくなる。10月の『夏の夜の夢』は結局すべて日本人歌手に変更になった。
 『こうもり』の前に,11月中旬には藤倉大『アルマゲドンの夢』の初演が予定されているが,この公演実施については「後日あらためてお知らせいたします」とされている。

[追記]18日に,『アルマゲドンの夢』は公演を実施するというメールが新国立劇場から届いた。招聘スタッフ・キャストについては「現時点では発表済のスタッフ・キャストでの上演を予定しておりますが、出入国制限の状況により変更となる場合がございます。」とのこと。

| | Comments (0)

Jun 15, 2020

神保町「スヰートポーヅ」閉店

 神保町・すずらん通りの古い餃子専門店「スヰートポーヅ」に,6月10日,閉店を告げる貼り紙が出たとのこと。私が知ったのは翌日のネット上のニュースでだった。4月上旬から休業していたが,そのまま閉店ということらしい。
 私がスヰートポーヅに行き始めたのは,1973年に会社に入って間もなくだった。ここの餃子は葉巻の断面を四角くしたような独特の形をしていて,ニラやニンニクを使わず,辛子が添えられているのが特徴だった。基本の1皿が8個,中皿が12個,大皿が16個で,「餃子ライス」はご飯と小さな漬け物が付き,「餃子定食」はそれに加えて(中華風のスープではなく)味噌汁が付いた。小柄なおねえさんが,とびかう注文を間違えずにさばいていた。値段は普通の中華の店より少し高かった。
 私は昼食は少なくとも2週間は毎日違うところに行くことにしていたので,毎週のようにということはなかったが,それでも47年間だから,行った回数は100回を軽く超えているはずだ。記録がすぐ出る今世紀(ただし2011-15年は神保町を離れていた)については計13回である。昼食以外では,水餃子や天津包子を食べたころもある。
 今年2月6日に行って,いつものとおり中定(中皿定食)を食べたのが最後になってしまった。

 神保町近くの仕事場へ行くのを「自粛」している間に,「酔之介」の閉店が一般紙でも記事になり,ついこの間は「キッチン南海」の今月末閉店が伝えられたばかりだった。酔之介は2回ぐらい飲みに行っただけだし,キッチン南海はいつも1時を過ぎても行列ができているので40年に4,5回行ったぐらいで,共になじみの店とは言えないが,スヰートポーヅ閉店の衝撃は大きい。

| | Comments (3)

Apr 09, 2020

テイクアウト/発出/無観客/ポジティブ

 緊急事態宣言直前の4月7日午後,19日ぶりで神保町へ出かけた。神保町も人通りは少なめだった。大学が休みということも要因のひとつだ。
 飲食店は,休業しているところ,営業時間を短縮しているところなどさまざま。今までテイクアウトをやっていなかった店がいくつか,「テイクアウトできます」という貼り紙を出しているのに気づいた。下の写真(click to enlarge)は「ランチョン」「共栄堂」「神田餃子屋」の老舗3軒。

Adsc_0212 Adsc_0213 Adsc_0215

 7日夕方,東京とそれを取り囲む3県,大阪,兵庫,福岡に緊急事態宣言が「発出」された。この7都府県の人口は計約5600万人で,全国の44.3パーセントを占める。これに愛知を加えると6350万人,50.2パーセントで,4大都市圏の人口が日本の人口の半分になることがわかる。

 大相撲春場所は無観客で行われたが,中央競馬は2月末からずっと無観客でレースを続けている。大相撲は無観客だと入場料収入がまったく失われるのに対し,中央競馬の馬券は,競馬場と場外馬券売り場では買えないが,ネットと電話で買うことができ,売上げは今のところ昨年同時期の8割をキープしているという。
 将棋の名人戦七番勝負の開幕が延期になった。第4局として予定されていた長野県での対局(5月19日~)で開幕することになるという。将棋の対局は,狭い部屋で対局者同士が近い距離で長時間向かい合っているわけで,たしかに感染の危険性が高い。しかし,部屋を分けてモニター越しに対局することは容易だし,盤をそれぞれに用意して記録係が差し手を伝えるというようなアナログなやり方もあり,その気になればやりようはあるはずだが。
 宝塚歌劇は,4月12日まで全公演を中止していたが,今日9日,6月末までの中止を発表した。その後の予定は全体的に変わることになるらしい。

 オリンピック延期の関連で,「ポジティブにとらえてトレーニングを続ける」というようなことを言った人がいた。あの,「陽性」も positive なんですけど。

 前回書くのを忘れたが,志村けんの死去はショックだった。全盛期にそれほど熱心に見ていたわけではないが,なにしろ同学年だし。

| | Comments (0)

Mar 15, 2020

3・14鉄道の日

 3月14日は鉄道関係の大きな出来事がいろいろあった。
常磐線 全通
 震災で不通になっていた最後の区間,常磐線の富岡―浪江 20.8キロが開通した。品川・上野―仙台には特急ひたちが1日3往復走る(いわきとの間は12往復)。いわき―原ノ町の各停は11往復。
三陸鉄道 普代-久慈 開通
 震災から復旧し,途中のJR山田線の一部を移管して昨年3月に「全通」したばかりだったのに,秋に台風19号の影響で不通となっていた普代-久慈間(26・1キロ)が14日に開通した。
 このあと20日には釜石-陸中山田間(28・9キロ)が開通の予定で,これで,盛から久慈までのリアス線163キロが全線復旧する。
高輪ゲートウェイ駅 開業
 山手線・京浜東北線の品川―田町間に高輪ゲートウェイ駅が開業した。山手線の新駅は1971年の西日暮里駅以来のこと。
 49年前,西日暮里開業の時,私は学生だった。約半世紀も前なのに記憶があるのは自分でも不思議な感じがする。しかし考えてみると,それまでのいちばん新しい駅である御徒町駅は1925年開業なので,当時からすると46年前のことであり,今回よりも間隔は短いことになる。
京浜急行 6駅の駅名改称
[羽田空港線]
羽田空港国際線ターミナル →羽田空港第3ターミナル
羽田空港国内線ターミナル →羽田空港第1・第2ターミナル
 第2ターミナルで国際線を一部扱うようになることによる改称。
[大師線]
産業道路 →大師橋
 この駅は昨年地下化された。
[本線]
花月園前 →花月総持寺
仲木戸 →京急東神奈川
 JR東神奈川とは従来からペデストリアンデッキ経由で比較的簡単に乗り換え可能だったが,駅名が同じになってわかりやすくなった。
[逗子線]
新逗子 →逗子・葉山
 京浜逗子と逗子海岸の2駅を統合してできたのが新逗子駅だった。
東京モノレール 駅名変更
羽田空港国際線ビル駅 →羽田空港第3ターミナル駅
羽田空港第1ビル駅 →羽田空港第1ターミナル駅
羽田空港第2ビル駅 →羽田空港第2ターミナル駅

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【神保町ミニだより】
 都営地下鉄神保町駅改札内,新宿線本八幡方面行きホームに,2月27日にスターバックスが開店した。神保町1丁目にあったスタバが2017年秋に閉店して以来の復活だが,なにしろホームの片隅なので,規模は小さい。(ほかに,新宿線新宿行きホームの裏手にパン屋,スイーツ店なども同日開店した。)
 もうひとつ重要なのは,同じ本八幡方面行きホームのトイレが同日使用開始になったことである。

| | Comments (0)

Mar 10, 2020

無観客・サーモグラフィー・便乗自粛/神保町ミニだより

 3月8日から大相撲三月場所が無観客で始まった。BSで見る三段目あたりは,ふだんでも観客が多くはなくて静かだが,それでもこれだけ静まりかえっていることはない。進行はすべていつもと同じで,行司,検査役,呼出しはもちろんいるし,場内アナウンスもある。土俵入りもあるし,物言いがついたときの「ご説明」もある。
 プロ野球は,オープン戦は無観客で行われていたが,20日からの予定だったペナントレースは開幕が延期となった。開幕してすぐ中断していたJリーグも,中断が延長された。

 音楽,舞台もほぼ全滅状態。こうした中,2月29日から3月8日まで休演していた宝塚歌劇は,宝塚では9日から,東京は10日からたくましく公演を再開した。劇場入口にはサーモグラフィーを設置し,客席を使った演出は中止,「密集」を避けるため当日券はなし,入り待ち・出待ち禁止,ブランケットの貸し出しもなしといった措置がとられるという。
 宝塚大劇場の9日は星組の千秋楽で,その次の公演は13日の花組になる。

 東京・池袋の某居酒屋では,月1度の恒例の料理半額デーを3月は中止した。ごく小規模なイベントなのに,便乗自粛。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【神保町ミニだより】
 神保町1丁目の靖国通り南側,マカラズヤ前の信号のすぐそばに,「<博多うどん酒場> 官兵衛」が2月末に開店した。元は海鮮丼の「きときと」があった場所である。博多うどんの店というのを見るのは初めて。
 売り物トッピングはゴボ天と丸天(さつま揚げ)らしいので,この両者をのせたうどんを食べてみた。950円也と讃岐うどんの店などよりやや高めだ。ゴボ天は,長さ20センチ以上ある薄切りのゴボウが5,6枚で,揚げたてなのが吉。

==================================
[3月11日追記]
 3月11日,宝塚歌劇は公演を再び一時休止することを発表した。期間は,宝塚(花組)が13-19日,東京(星組)が12-19日。

| | Comments (3)

Jan 30, 2020

人生劇場閉幕――神保町だより 2020年1月

 神保町1丁目北側の老舗パチンコ店「人生劇場」が年末から閉まっている。「機械整備のためしばらくの間休業」という貼り紙が出ているが,なにかをしている様子はなく,通常の新台入れ替えなら一夜にして実施されるだろうからどう見ても不自然で,どうやら閉店らしい。
 昔,パチンコ屋の景品といえばほとんどタバコしかなかったころから,この店には文庫本などがあり,さすがに本の街神保町と言われていた。私はパチンコをしたことは今までの生涯で10回あるかないかだが,その半分ぐらいは人生劇場で,いずれも飲んだ後だった。

 これと対照的に短命だったのが,その少し東寄り,錦華通りに入ってまもなくの左側のちゃんこ「富風」である。昨年7月の開店で,カウンターで1人前のちゃんこ鍋が食べられる店だったが,「人員不足に伴い」ということで昨年末で閉店した。
 私は,たまたま開店の日に通りかかって入って以来(→参照),4回行った。通常2か月は同じ店に行かない私としては6か月に4回というのは最高頻度である。寒さが厳しくなって,また行きたいと思っていたところだった。

 錦華通りのもう少し北の右側,元「ねいろ屋」というラーメン屋だった場所に,「人と羊」というひつじラーメンの店が11月に開店した。当然「ひととひつじ」と読むのかと思ったら,立て看板に「ひととよう」という読みが(ローマ字で)書いてある。一青窈という名の存在があっての店名なのかなと想像した。
 看板の「ひつじそば」は 1350円と強気の価格で,実はまだ食べていない。

 そのすぐそばのお茶の水小学校の旧校舎が解体され,冬の青空を背景に明治大学がそびえ立っている。錦華小学校の時代からの校舎だった。
   Ajingeki_20200130222901 Atomikaze_20200130222901 Ahitotoyo_20200130222901 Aochanomizues    Click to Enlarge






 

 

 

 

 

| | Comments (0)

Dec 16, 2019

鉄道の不通 12月号

 台風の影響で不通になっていた鉄道のうち,11月初めの段階で「11月中に再開見込み」となっていた次の線区は予定通り運転を再開した。
 ・両毛線 岩舟~栃木  ☆全線運転再開
 ・磐越東線 小野新町~いわき  ☆全線運転再開
 ・八高線 寄居~北藤岡  ☆全線運転再開
 これに加えて,11月初めには予定未定だったが,12月になって次の線区が運転再開した。
 ・八戸線 階上~久慈 12月1日  ☆全線運転再開
 ・阿武隈急行 丸森〜槻木 12月6日
 そして,予定未定なのが
 ・吾妻線 長野原草津口~大前
 ・水郡線 西金~常陸大子
 ・阿武隈急行 丸森~富野(県境部分)

 私鉄・第三セクターのうち,最大の三陸鉄道の現況・再開予定は以下のとおり:
  久慈―田野畑 35.4km 2020年3月中目標
  田野畑―田老 22.9km 2019年12月28日運転再開の見通し
  田老―宮古―津軽石 21.9km ★列車運行中 臨時ダイヤ9往復
  津軽石―陸中山田 17.3km 2020年1月16日運転再開の見通し
  陸中山田―釜石 28.9km 2020年3月中目標
  釜石―盛 30.6km ★列車運行中 所定11往復
 全 163km 中,運行中は 58.5km で 35.9%。上の予定では1月16日には 98.7km,60.6% になり,3月中に100%となる。今年3月にJR山田線だった部分が移管されてようやく「全通」したのに,半年余りでこの被害を受けたわけだが,あと3か月でなんとか蘇りそうなのは喜ばしい。

 その他の私鉄:
 ・小湊鐵道 里見~上総中野
   里見~養老渓谷間は「年内の復旧を目指して」
   養老渓谷~上総中野間は「来年以降の開通を目指して」(12/11現在)
 ・箱根登山鉄道 箱根湯本~強羅
   「運転再開予定時期 2020年秋頃」(11/22リリース)
 ・上田電鉄 上田~城下
   「運転再開 2021年春頃を目指す」(11/22リリース)
 いずれも,道は遠い。

◆神保町ミニだより
 蕎麦店「満留賀」の場所に,今年の夏ぐらいだったと思うが,「きぬちゃん食堂」という食堂・居酒屋が開店した。
 ここの蛍光灯入り縦長看板は,もとの「きそば」という看板をそのまま使って,「き」はストレートに表示,「そ」の上には「ぬ」という字を貼り,「ば」の上には「ちゃん」という字を貼ってある。それでも昼間はまあいいが,夜になって中の蛍光灯をつけると元の文字「そば」が透けて見えて新しい店名が読めなくなる。――労作ではあるが。
Aadsc_0954 ←click to enlarge

 

| | Comments (0)

Nov 22, 2019

新国立劇場の悲喜劇――『エウゲニ・オネーギン』『ドン・パスクワーレ』

 新国立劇場オペラの2019-20シーズンは,10月の『エウゲニ・オネーギン』で始まり,続いて11月には『ドン・パスクワーレ』が上演された(ただし,10月12日の『オネーギン』は台風で中止になった)。共に新制作で,今シーズンの演目10本のうち新制作は4本だが,そのうちの2本がシーズン始めに連続するというちょっと珍しい事態になった。2つの新制作が重なったこの夏,舞台裏は大忙しだったことだろう。
 上演は共に充実したもので,歌も演出も高水準。ヒロインが共にほっそり美人なのも吉。舞台装置もよくできている。
 ロシアの作曲家で私がいちばん多くオペラを見ているのはチャイコフスキーで,中でも『オネーギン』が最多で今回が7回目。『ドン・パスクワーレ』は,14年前に一度プラハでたまたま見たことがある(→参照)が,国内では初めてだった。

 この2本,『オネーギン』は悲劇,『ドン・パス』は喜劇という対照をなしているが,劇中の中高年男の結婚に関しては,悲喜あるいは幸不幸が逆転していることに後から気づいた。すなわち,『オネーギン』のグレーミン侯爵は中年になってタチアナと結婚して幸せいっぱいなのに対して,ドン・パスクワーレ氏は老年になって結婚しようとして苦い経験をすることになる。

◆神保町ミニだより
 すずらん通り裏の焼肉店で,昼食が売り切れて「ギブアップ中」という札が出ていた。

 靖国通り北側の路地のカレー店では,売り切れのメニューに「完食」という札が貼ってある。完食ということばのこういう用法は珍しい。

| | Comments (0)

Oct 11, 2019

旭化成本社は神保町――祝 ノーベル化学賞

 9日夜からずっとニュースに登場している旭化成本社は,神保町三井ビルにある。私の職場はかつてそこから60メートルほどの所にあり,しかも友人が同社の重要ポストにいたので,旭化成はご近所として親しみを感じる存在だった。
 神保町三井ビルは,神保町1丁目奇数番地のすずらん通り南側地域を「再開発」して建てられた3つのビルのうちのメインのビルである。このあたりはかつて小規模の書籍取次の店が建ち並んでいて,「神田村」と呼ばれていた。取り壊しが始まったのはちょうど20年前のことになる。
 三井ビルが建って再開発が完了したのは2003年3月で,同年12月,その1~9階に,会計検査院が「入居」した。霞ヶ関の中央合同庁舎7号館建設のあいだということで,結局4年間の仮住まいだった。その場所プラス14階のフロアに,2008年5月に日比谷から引っ越してきたのが,旭化成本社だった。
  神保町1丁目再開発の経緯については,以下を参照:
   本拠地 →神保町の昼食の章 →神保町昼食ニュース 目次

 台風15号による被害で不通になっていたJR久留里線の久留里~上総亀山間は,10月11日午後から運転を再開した。
 しかし,もっと強力な台風19号が近づいている。

| | Comments (0)

Sep 26, 2019

昼食の終わりと始まり――神保町だより9月

 神保町の昼食の店のいろいろな動きのうち,2件ご報告:
 マクドナルドの左の路地を突き抜けた右側の「魚百」で,ランチ営業を9月27日限りで終了するという貼り紙が出た。やはり人手不足なのだろうか。翌週からは,「ディナー営業」を15時50分からするという。
 ここの昼食では「海鮮丼」を何度も食べた。だいたい食べ終えてからご飯を足して出しをかけてお茶漬けにするところまで含めて 980円と,かなりのお徳用。毎月29日には「肉の日に対抗して」この海鮮丼が 500円で提供されていた。

 同じくマクドナルド左側の路地を入ってすぐの左側地下,メキシコ料理店の「ソルアミーゴ」(昔はエル・アルボリートという名だった)で,昼のみ営業のカレー店「まんぷくカリー24」が8月13日に開店した。通るたびに絶賛客引き中。
 ランチは1000円で,カレーは豚肉角煮,キーマ,およびそのハーフ&ハーフから,ご飯の量は大・中・小から選び,付け合わせ(コロッケ,焼きビーフン,もやしの和え物),サラダ,ドリンクは取り放題。ほかにデザートが付く。
 いくつかのウェブサイトによると,この店の店主は「間借り界のレジェンド」だそうだ。しかし神保町には,20年前にすでに昼だけの間借りカレー店があった。それはランチョンの左の道を北へ進んだ右側,居酒屋「櫓」で10年近く昼に営業していた「YAGURA」(1999/3/1開店,2008/8/4閉店)である。インド人(たぶん)がやっているけっこう本格的なインドカレーだった。
  参照:本拠地 →神保町の昼食の章
      →神保町 昼食さまざま
      →目次のずっと下の方「昼だけのカレー屋」
Adsc_0904 Adsc_0906

| | Comments (0)

より以前の記事一覧