神保町

Jan 10, 2019

神保町 冬の便りは順不同

◇錦華通りを北へ200mほど行った右側の小道にある「<和亭>かもん」が12月からランチを始めた。かなり昔からある小料理屋だが,中の様子はわからず,入りにくい店だった。ランチは,海鮮たるたる丼,刺身定食,鯛茶漬け,まぐろ漬け丼が「常任」,日替わりが1種というラインナップ。

◇靖国通り南側,マカラズヤ前の信号のそばの海鮮丼の店「きときと」は,「店内改装のため」10月半ばから1か月半以上休業していた。小規模な店の改装としてはあまり聞かないような長期間だ。
Aadsc_0432Aadsc_0526
     Click to enlarge→
 
 
 
 
 

◇錦華通りを北へ200mほど行った左側に,コーヒー豆の店「青海珈琲」(「チンハイ」ではなく「あおみ」と読む)ができた。豆を焙煎して販売する店だが,「テイスティング」として,機械で淹れたコーヒーを持ち帰れるようになっている。100円のブレンドと200円の上級版の計4種あり,コインを箱に入れて,コンビニのコーヒーのように自分でボタンを押して淹れる。3種類飲んでみたが,200円の方も十分お買い得だった。

◇錦華通りの同じ左側のすぐ先,前は「東京ブッチャーズ」があった場所に,11月20日,「<四川大衆>ハォワール(好玩儿)」が開店した。ランチは麻婆豆腐,汁なし担々麺,麻辣麺の3種。一昨年から担々麺の店が次々とできた錦華通りにまたひとつ担々麺が登場したわけだが,ここはどちらかというと居酒屋に重点を置いているらしい。

◇神保町駅A5出口(交差点の北東側)からすぐの所の新築ビルは,11月ぐらいに完成したはいいがほとんど空き家らしく,全階にわたる「テナント募集」の貼り紙が出ている。

◇都営地下鉄の北側の改札口(新宿線本八幡行きホームからすぐ)の向きが,12月23-24日の連休のころに,西向きから北向きと北西向きに変わった。駅の改修工事の進展に伴うもので,今までの改札口はまったくの仮設だったが,今度のは少ししっかりしているようで,このまま「本番用」にするのかもしれない。

◇靖国通り北側の2017年秋に閉店したスタバがあったビル(マクドナルド隣り)は,ずっと空き家になっていたが,1月になって建て替え予定が掲示された。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 08, 2019

神保町「満留賀」年越さず

 神保町初詣の日の衝撃だった。1月7日朝,靖国通りからランチョン脇を北へ曲がった通りで目に入ったのが,古い蕎麦屋「満留賀」の貼り紙だった。曰く「当店は12月31日をもちまして閉店いたします」――「12月吉日」付の予告の文面だが,年内には気づかなかった。
 驚きつつ写真を撮っていたら,同じく足を止めた中年男性が「えーっ,閉店ですか」と貼り紙を熟読していた。「本当に楽しい70年でした。」と明るく特筆大書してあるのがかえって寂しい。隣には新そばの貼り紙が残っている。
 37年余り神保町近くに勤めていた間はたまにしか行かなかったが,今の仕事場からは便利なので前よりよく行っていた。古典的な気軽な町の蕎麦屋で,客は全体としてはおじさんが多いが,特に夏は冷やしものを求めて,それほど年ではない女性もけっこう来ていた。
↓Click to enlarge
Aadsc_0541_4

Aadsc_0543_4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 21, 2018

神保町だより 2018年11月

 8月に白山通りに面して出版クラブビルが竣工(神保町1-32),10月から本格的に稼働している。テナントは主に出版関係の業界団体で,パーティーができる部屋もあるようだが,飲食店は1階に「鶏 くるり」という店ひとつだけ。
 そこの昼食は「チキンブロススープセット」「から揚げセット」「鶏そばセット」の3種。前2者はご飯が(普通の)白米,雑穀米,今井米(というプレミアム米)から選べるということになっているが,私が行った日は白米しかなかった。で,食べたのは「チキンブロススープセット」1180円。鶏と大きめの野菜が入ったポトフのようなスープがメインディッシュで,良い味だった。量はやや少なめ。
 なお,brothは澄んだスープのことなので,「ブロススープ」は冗語気味。
 Dsc_0453
 
 
           (Click to enlarge)
 久しぶりにすずらん通りへ行ってみたら,白山通りへの出口の南角のビルが壊されて,更地になっていた。昔は「理髪一番」という床屋があって,比較的速くて昼休みでもなんとか行けたので,QBハウスが進出する前はときどき行っていた。
 Dsc_0457
 
 
 
 
 
 その近くの向かい側,揚子江菜館の隣りのコンクリートの建物の「酔っ手羽」は,建物に「24時間営業」と書いてあるが,昼に通ったら閉まっている。扉を見ると貼り紙があり,いわく,「まことにくやしながら しばらくのあいだ 営業時間を17:00~翌5時 と させていただきます」。くやしながら,か。
Dsc_0458
 
 
 完全禁煙の飲み屋として6月に開店した「酔いの月」(→参照)があえなく閉店し,「テナント募集中」の表示が出ている。心の中のエールだけだったのが申しわけない。

 先日書いた錦華通りの「五ノ井」の立て看板に,ある日,店名の説明が書いてあった。
 Dsc_0436
 
 
 
 
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 14, 2018

トイレいろいろ

 多数の人が出入りする建物では,トイレの内装は,男子用は水色,女子用はピンクという場合が圧倒的に多い。
 ところが,ある貸し会議室に行ったとき,男子トイレの内部のタイルがピンクなので驚いた。うっかり女子用に入ってしまったかと思って,あわてて外に戻って表示を確認した。その後何度か行ったので戸惑わなくなったが,なんとなく場違いな感じは今も少しある。

 最近,孫を送ってよく保育園へ行く。あるとき保育園でトイレに行きたくなり,保母さんに「大人のトイレはどこですか」と聞いたら,「あそこの子供のトイレの奥です」という返事。行ってみたら,幼児用のオープンなトイレの向こうに確かにブースがあったが,もちろん1つだけだし,普通は保母さんしか使わないから完全に女子用の仕様で,なんとも落ち着かなかった。

 地下鉄の神保町駅は,都営新宿線も東京メトロ半蔵門線もトイレの工事中である。新宿線のはまったく使えないが,半蔵門線は多少面積に余裕があるようで,本来の場所の先に仮設のトイレができている。仮設にしてはまあ立派だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 31, 2018

神保町・錦華通り

 神保町の飲食店の興亡はについては折に触れて書いてきたが,実際にはいろいろありすぎて,週2~3日の探訪では追いかけるのは難しい。そんな中で,錦華通り(靖国通りのマクドナルドの脇の道)の同じ側の狭い範囲に,この夏3軒の店が相次いで開店したのはちょっと珍しいできごとだった。
 最初は「ねいろ屋」。いつも行列のつけ麺「勝本」の先に,7月に開店した。看板がラーメン屋らしくない地味なもので,小さく書かれた店名の「ろ」の字の先がちょっと丸まっていたので,最初「ねいる屋」と読んでしまい,一瞬ネイルアートの店かと思った。
 瀬戸内レモンラーメンというのが看板商品らしい。ほかに瀬戸内しょうゆラーメン,汁なしレモンそば,弓削塩ラーメンなど。最初に食べたのは瀬戸内しょうゆラーメンで,まだ暑い時期だったが,比較的あっさりしていてさっぱり食した。なお,私は興味ないが,甘味処でもあるらしい。
 続いては,その隣に「五ノ井」が8月開店。ねいろ屋とは対照的に,赤い派手な壁面に金文字で店名が出ている。こちらの看板商品は排骨担々麺で,ほかにしょうゆ味の排骨麺があり,それぞれ排骨なしのラーメンがある。これに夏はそれぞれの冷やしが加わり,冬は味噌味が加わる,という構成らしい。斜め向かいには担々麺の店が2軒あり(→参照),担々麺通りになってきた。
 もうひとつは,「勝本」を挟んでもっと靖国通り寄りの「阿つみ食堂」で,8月下旬開店。最初はランチだけの営業だった。フレンチの雰囲気だが,土鍋ご飯がつくランチがある。ほかにパスタのランチもあり,いずれも実だくさんのスープとサラダ,およびデザートまたはコーヒー付きで1280円。ご飯のつくランチを2回食べたが,共に充実の内容だった。

 錦華通りをもう少し北へ行って左に入ったところにある古い店「菊水」は,何年か前から昼食のみになったが,その昼食も去年ぐらいから金曜日休みで週4日の営業になった。
 先日久しぶりに行って,箸袋に「海の幸 山の幸 街の幸」と書いてあることに初めて気づいた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ちょっとしたニュースをメモしておく。
 10月中旬だったと思うが,将棋のプロの対局で,6日間に3回の反則負けという異例のできごとがあった。そのひとつは,通り道にある他の駒を飛び越えて角を動かしてしまったというもので,ルールを覚えたばかりの子供のような珍事である。あとの2回は二歩で,二歩は反則の中ではいちばんよく起きるものだが,今回の2回の二歩のうちの1回は,2手続けて歩を同じ筋に打ったというもの。これもおよそプロらしからぬ事件である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 19, 2018

ラッキョウの地位

 日本的なカレーの付け合わせとして,不動の定番の地位にあるのは福神漬けである。福神漬けにはとてもかなわないがそれに次ぐ存在は,ラッキョウの甘酢漬けだと思う。店により,大きさも甘さ・酸っぱさも微妙に違うのがおもしろい。しばしば,大きめのラッキョウを挟むのが難しい小さなトングがついていて,せめて5つは取ってやるぞと意地を張ってみたりする。
 ところが,自由に取れる付け合わせのラインナップからラッキョウをはずすカレー店が,ここ10年ほど,多くなったような気がする。若者の間で人気が落ちたのか,あるいは経費が上がったのか。有料のオプションにした店もある。有料だと,店としてはさすがにあまり少量にするわけにもいかないから,ある程度以上の量があって,愛好者としてはこれはこれでありがたい。
 7月にちょっと紹介した神保町の「いずみカリー」(住所は西神田 →参照)でもラッキョウは有料である。あるときこの店で,入り口脇の立て看板に「ラッキョウ50円」と書いてあるのに,店内の食券自販機では80円になっているのに気づいたので,「看板に偽りあり」というのはまずいと店員さんに言っておいた。最近通りかかったら,前の看板は見当たらず,代わりに神田カレーグランプリの看板が出ていた。カレーグランプリが終わった後,元と同じにならなければいいが。

 8場所休場明けで出場した横綱・稀勢の里は,10日目に勝ち越しを決めた。横綱だから勝ち越しなど当たり前過ぎて気にするようなことではないはずだが,中継の画面からはほっとしたような雰囲気が伝わってきた。
 今場所,横綱白鵬,鶴竜,稀勢の里の3人が5日目までそろって白星を重ねた。これは1989年3月場所以来だという。つまり,平成の初めと終わりに起きた出来事ということになる。29年半前の横綱は千代の富士,北勝海,大乃国で,11日目まで3人全勝だったとのこと。
 先場所優勝の御嶽海は10日目までで4敗,大関取りは苦しくなった。栃ノ心も4敗で,カド番脱出への戦いが続く。

 関西空港連絡橋は,鉄道が予定より早く,18日に復旧した。めでたい。
 しかし道路については,18日の報道では,橋桁2本を建造してかけ直すため,完全復旧は来年の大型連休前になるという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 20, 2018

猛暑とカラス/いもやの跡

 今年は異常に早く,関東では6月中に梅雨が明けた。普通はその後「梅雨明け十日」の安定した夏の青空が続き,夏山にもっとも好適な時期になるが,今年は1週間しないうちに広い範囲で集中豪雨に見舞われ,これに続いて記録的な猛暑が続いている。高校野球の予選でも,応援の生徒や先生が熱中症で倒れた。
 このほど2年後のオリンピックの競技日程概要が発表されたが,仮に平年並みの暑さだったとしても,少なくとも観客に熱中症による死者が出ないですむことは考えにくい。

 暑さのせいか,このごろゴミを出す日にカラスがあまり来ない。少し前までは,収集作業開始の8時以降も図々しくやってきていたのだが。
 あの暑苦しそうな真っ黒の羽では,カラスも楽ではないだろう。某大学の某クラブの監督に頼んでカラスは白いと言ってもらえば白くなるはず。

 高校野球の西兵庫大会で,ベスト16がすべて公立校になったという。

【神保町だより】
 神保町交差点から白山通りを水道橋方向へ7割ぐらい行った左側(町名は西神田)に,「いずみカリー」という店を見つけた。5月に開店したという。牛すじカレーの店で,トッピングはコロッケ,オムとろ,ホウレンソウ,ナスとチーズなど多彩。1か月半の間に3回も通ってしまった。週2,3回しか神保町に行かない私としては異例の高頻度である。
 その手前の(水道橋へ向かって)同じく左側,閉店した「いもや」跡に,とんかつ「イマカツ」が同じく5月に開店した。いもやよりだいぶ高級路線で,ささみ膳 1100円,国産大和豚のロースカツ膳 1240円といった感じ(カナダ産豚だと 880円だったか)。
 白山通り反対側の肉屋の正直な食堂の裏手に讃岐うどんの「有頂天うどん」が6月に開店した。夏はおろしぶっかけがありがたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 11, 2018

プリンターの修理

 2週間ほど前に,自宅の2012年製プリンターが「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。(社名)の修理窓口に交換をご依頼ください。」というメッセージを出して,動かなくなった。その1か月ぐらい前に「…の限界が近づいています」というような予告が出ていたのだが,動いていたのでその後忘れてしまっていた。
 消耗品の交換なのになぜメーカーに送らないといけないのかと思ったが,ここは素直にネット経由でメーカーに修理を依頼した。梱包材料を持って集荷にやってきた宅配便屋さんに渡したところ,はるばる鳥取の工場まで行って,中4日で帰ってきた。受取りは代金引換で 5,940円也。
 この帰りの梱包がなかなか賢くて,段ボールの枠に透明のビニールを貼ったものが箱の中に作ってあり,プリンターはそこに浮いたような形になっていた。発泡スチロールなどはまったく使わず,ビニールと空気による緩衝材である。

【神保町だより】
 西神田にある「<新潟カツ丼>タレカツ」神保町本店に前に行ったことがある。卵でとじていないカツ丼なんてと思っていたが,食べてみたら,たれが甘すぎず,衣が薄くて軽い感じで,これもなかなかいいなと思った。
 先日,同じタレカツの「神保町すずらん通り店」に入ってみた。2017年8月オープンだという。カウンターの揚げ物の店には珍しく,8割が女性客だった。タレカツ丼のほかにカツサンドもあるらしい。

 神保町1丁目偶数番地,ランチョン裏の通りに「酔いの月」という居酒屋が6月4日に開店した。ポスターによると「完全禁煙」だとのこと。近くの「酔いの助」の姉妹店だというから,「タバコを吸いたい人は酔いの助へ」と言えるというゆとりが可能にした完全禁煙だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 05, 2018

ぴあMOOK『京急電鉄ぴあ』

 発売から2か月もたってしまったが,まだ売っているところもあるようなのでご紹介――3月末に ぴあMOOK『京急電鉄ぴあ』(ぴあ)が出た(→参照)。京浜急行電鉄の創業120周年を記念するもので,これまで鉄道本とはほとんど縁がなかった ぴあ からというのがおもしろい。
 120年の歩みや車輌ガイドなどなど鉄道雑誌風のところもあるが,「旅する京急 京急沿線おでかけガイド」といった部分が充実しているのは少し ぴあ らしい。
 特別付録として京急電車トートバッグがついているので,雑誌としてはちょっとかさばる。トートバッグは赤・青・黄の3色の京急電車のイラスト付き。
Aap6058618

 120年というのは,大師電気鉄道設立の1898年から起算してのことで,開通は翌年1月だった。川崎大師参詣のためという意図の社名だったが,早くも開通の3か月後には京浜電気鉄道と改称した。戦時政策で「大東急」に飲み込まれた時期もあったが,戦後の1948年,50周年の年に京浜急行電鉄となって今日に至っている。
 京急沿線の横須賀に育った私は必然的に京急に興味を持ったが(下記リンク参照),地縁はなくても京急が好きという熱心なファンも多い。その事情を扱った「専門書」として,佐藤良介『なぜ京急は愛されるのか――"らしさ"が光る,車輌,サービス』(交通新聞社新書)も今年出版された。
 
  参照:「京浜急行 四季の私記」

本拠地サイトの「鉄道の章」中の「鉄道紀行文集 車窓伴影」の中の目次からジャンプできます。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【神保町だより】
 先日開店を保留していた「きたかた食堂」は,翌週5月30日には開店していた。メニューは「新中華そば」と「新名物肉そば」の2本立てのようだが,1時を過ぎても混んでいて,まだ入れていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2018

名古屋より/月曜定休 謝罪看板

 先日,2日間にわたって開かれた行事のために,名古屋に宿泊した。考えてみたら,それ以前に名古屋に泊まったことはわずか2回しかない。
 だいぶ前に,ある企業の名古屋の支社に勤務する人が,「各地の人が出席する会議というとたいてい東京か大阪なんで,名古屋の社員は必ずどっちかに行くことになるんです。しかも遅くなっても帰れちゃうんで,必ず日帰り。下手するとそれが月に何回もあるんですよ。」というような話をしていた。
 私の場合も,長い会社勤めの間,京都・大阪・神戸へは計100泊以上泊まったが,名古屋には1泊しかしていない。その1泊も,名古屋に用事があったわけではなく,名古屋に朝集合して他の場所に行くためだった。ほかに,仕事でない宿泊が1回あったので,今回は3回目ということになる。

 名鉄で名鉄名古屋から豊橋方向に1駅の山王駅のホームで10分ほど待ち時間があった。目の前に東海道線の複々線と新幹線の線路があり,名鉄自身の線路とあわせて4本の複線を,ほとんど1分も間があくことなくひっきりなしに電車が通過していくのは壮観だった。
 次の金山で乗り換えた名鉄の特急では,貫通ドアの上にスピード表示があり,見ていた限りでは最高は 119km/h だった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 5月14日の昼過ぎのこと,神保町のすずらん通りの老舗てんぷら店「はちまき」が閉まっていたのでどうしたのかと思ったら,5月から月曜定休とするという貼り紙が出ていた。そういえば定休日を意識したことはなかったが,今までは年中無休で営業していたようだ。
 「はちまき」の亭主は今は3代目だが,私が昼食に行くようになったのは2代目の時代だった。この2代目,少なくともランチの時間はいつも無愛想で,安いランチ天丼の客には露骨に不機嫌な顔をした。そんなにいやなら,安い天丼なんか出さなきゃいいのにと思った。
 しかも,店で働いている奥さんを,ご飯を出すのが遅いとかなんとか鋭く叱ることがよくあった。奥さんの方は慣れていて柳に風,あわてず騒がず,特にもたもたすることもなく仕事をこなしていくのだが,そばで聞かされる方は愉快でない。その後揚げ物をあまり食べないようにしたこともあって,足が遠のいていた時期もあった。
 90年代ぐらいだったと思うが,「忌中」の貼り紙が出て店が休みになったことがあった。おお,あのオヤジやっと…と思ったら,亡くなったのは初代のおかみさんだった。

 ランチはやっていないが,神保町1丁目,靖国通りの元スタバの左の小道を抜けた向かいに,「どかん焼き」という店ができた。謝罪3項目の看板が出ていて,そのひとつ「魚のメニューがなくてゴメンなさい」というのは,謝りながらも,向かいの「魚百」との対照を強調している。
                            (click to enlarge→) 
Aadsc_0170
Aadsc_0172
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧