食べ物・飲み物

Sep 29, 2017

「食器が伝票」方式

 今年の初夏,久しぶりに行った北千住の居酒屋「千住の永見」の店内に「当店はどんぶり勘定です」という貼り紙が出ていた。紙の伝票は使わず,料理の入っていた食器(およびお酒のカップ・ビール瓶)で代金の計算をします,したがって食べ終わっても食器は下げません,という趣旨の注意書きである。実際にはどんぶりを使う料理は少ないので,実態としては「皿勘定」だが。(ただし,この貼り紙は,その次に行ったときにはなぜかなくなっていた。)
 私が行ったことのある居酒屋では,肉豆腐の「千登利」(池袋)と,郷里・横須賀の名店「銀次」がこの「食器が伝票」方式である。千登利では皿のほか,焼きとんや野菜焼きの串も伝票で,いつか女性客が食べ終わった串を床に落としてそのままにしていて,隣のおじさんに注意されていた。焼きとんについては,重要なのは串であり,焼きとんをのせる浅い皿は有価証券ではないので空いたら下げてくれる。
 「銀次」のおかみさんは,料理を出すときはだれの注文だったか忘れることがあるのに,勘定の段になると記憶が鮮明になって,皿を見ながら食べた品目を迷わず唱えて,上が2つ玉の古風な算盤を入れていく。

 紙の伝票を使う店では,注文を受けるとすぐ伝票に書き込むのが普通である。そのひとつ「鳥万」(蒲田)では,客は自分の伝票を店員に渡しながら注文するのが自然に成立したルールになっている。これに対し,「齋藤酒場」(十条)は,注文は口頭で厨房に伝え,できた料理を客に届けてから伝票に記入する。
 ユニークなのは「まるます家」(赤羽)のプラスチックのチップを使う方法。ここは店の中央奥に座るおかみさんによる集中管理方式で,両カウンターの店員が「3番さん,タマネギフライ」とおかみさんに伝えると,おかみさんが大声で「タマネギフライがひとつ」といった具合に厨房に伝え,このとき,穴のあいたプラスチックのチップ(値段によって色や形が異なる)を席番号の棒にさしこむ。飲み物は店員が出すものもあるが,それもおかみさんに伝えられ,おかみさんがチップで記録する。
 店員が「3番さん,会計」と告げると,おかみさんがチップを数えて素早く計算する。おかみさんには一刻の休みもない。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 いま,東京付近では,日の出も日の入りも5時半前後である。夜の長い季節がやってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 15, 2017

池之端藪蕎麦の閉店

 9月某日の昼過ぎ,上野の美術館に行った帰りに,久しぶりに池之端の藪蕎麦へ行こうと思い立った。
 中央通りを折れて,昼間でも客引きのいるあたりを抜け,このあたりと思う所まで来たのだが,「藪」の看板が見えない。なおも行くともう千代田線の湯島駅なので引き返し,もう一度よく見たところ,店のあった場所とおぼしき所に建築中の小さいビルがあった。鉄骨が2階まで組み上がったところだった。先日も居酒屋の取り壊しと復活を見たばかりだったので,ここも建て替えかと思ったのだが,建築に関する掲示の建築主のところは不動産会社の名になっていた。昼食は,この通りのもうひとつの名店「蓮玉庵」に入った。
 帰ってからネットを検索したら,具体的な情報はあまりなかったが,どうやら店主が病気で昨年閉店したらしい。火事にあった「神田藪」は立派に再建されたが,それと入れ替わるように「三大藪」(もうひとつは浅草の「並木藪」)の一角が消えてしまったことになる。藪蕎麦はどこも蕎麦の量が少なめで,「池之端藪」も決して安いとは思わないが,つまみがいろいろあるし,落ち着いていてしかも適度に気軽な雰囲気の店だった。
 デジタルの記録のあるここ20年で17回足を運んだ。そのうち2013年の1月のときは,これも好んで行っていた新井薬師の「松扇」が閉店(こちらは地方へ移転)していたので,やむを得ず池之端へ行ったのだった。その次,同じ年の11月に行ったのが最後になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 03, 2017

まるよし復活

 8月の20日過ぎ,工事中だった赤羽の居酒屋「まるよし」に行ってみたら,以前と同じ黄色の看板が出ていた。予定通り7月下旬に開店したとのこと。行ったら更地でおどろいたのが4月下旬だったから,3か月足らずで建ったことになる。
 店内は,入って右側にあった小上がりがテーブルに変更になったが,コの字型のカウンターは健在。メニューは,「熟読」したわけではないが,ほとんど変わっていない。店員さんがそろいの黒のTシャツを着ているのが新しい点である。
  (→参照:消えた赤羽「まるよし」)(→参照:赤羽「まるよし」続報
Amaruyoshi1
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~
 隣の駅の名居酒屋「齋藤酒場」は,駅前の小道を入ったところにあるが,手前角のビルが工事中で,今だけ駅から看板が見えている。

Asaito1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 20, 2017

ドトールの選択肢

 ドトールでコーヒー(ホット)を買おうと思うと,5段階の選択を迫られる。まずは,持ち帰りか店内か。品物は「コーヒー」というとホットかアイスかを聞かれるので,ホットのときは「ブレンド」と言えばよい。
 次は,サイズ。たいていの飲み物にはSLMの3種類がある。(スタバ語では Short,Long,Grande,Venti という。)
 次に,持ち帰りの場合,袋に入れるか入れないか。これは昔は,言われない限り袋に入れてくれたので,聞かれなかった。
 次は,これも持ち帰りの場合だが,ミルク・砂糖が必要かどうか(店内の場合は自分で取るので聞かれない)。両方不要なら「ブラックで」と答えるのが簡単(一度だけ,初心者マークの店員さんに通じなかったことがあったが)。
 最後に,「レシートご利用ですか」と聞かれる。これも昔は聞かれなかった。プリペイドカードの残高を把握しておく必要があるので,今はレシートはもらうようにしている。

 少し前からコンビニで大手カフェ・チェーンの飲み物が売られているが,今年,街角の自販機にドトールのカフェ・オ・レ(アイス)のペットボトル(大と小)があるのを見つけた。

 今は「カフェラテ」というもっと新しい名があるが,70年代には「カフェ・オ・レ」というのは新しい言い方だった。喫茶店では新しもの好きの人が「おれ,カフェオレ」などと言っていた。それ前は「ミルクコーヒー」というのが普通だった。
 ちなみに,もっと前には「コーヒー牛乳」というものもあった。コーヒーの味・香りをつけた牛乳で,当時はびん入りで売られていた(→参照)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 07, 2017

珈琲店と喫茶店/交流中

 このごろ,「星乃珈琲店」という看板が,繁華街の家賃の高そうな場所に増殖している。しかも,外の椅子で待っている人が絶えない。ウェブサイトによると店舗は全国で190ほどあり,ドトール・日レスホールディングスのグループ会社だという。飲み物のほかスフレとかサンドイッチ類等の多彩なメニューで,客単価を上げる努力をしている。
 価格は店舗によって違うらしいが,最高ランクと思われる大繁華街の某店ではブレンドコーヒーが600円。カフェの値段に慣れてしまった感覚からすると高いが,40年前に200円ぐらいの昼食を食べたあと喫茶店で150円のコーヒーを毎日飲んでいたころに比べると,相対的に特に高いわけではない。
 コーヒーが1000円近くする高級店「椿屋珈琲店」のチェーンも堅調のようだ。椿屋の店舗のいくつかは,かつての「談話室滝沢」を引き継いだものだ。
 そのほか,入ったことはないが,名古屋発祥の「コメダ珈琲店」のチェーンも東京に店を増やしている。
 かつての喫茶店文化はすっかり衰えてしまったが,いろいろな形で,ある程度は生き残っている。神保町周辺でも,老舗の「ラドリオ」「ミロンガ」「さぼうる」などのほかに,町を歩いていると,狭い道に小さな喫茶店の看板がひょこっと出ているのに出会う。

 プロ野球は5月末から交流戦の季節になった。各チームとも相手リーグの6球団と各3連戦,計18試合で,今は3カードめがパリーグ本拠地で開催されている。今日は,BSでは交流戦3試合の中継があった。
 交流戦はいつもパリーグが強い。去年はセリークで勝ち越したのは広島だけだった。今年はセリーグもこれまでよりはまあがんばっていて,順位でいうと上位半分はセパ3チームずつである(7日終了時現在)。ただし,ヤクルト・巨人が共に0勝(ヤクルトは1分あり)で,総計ではパリーグが54勝40敗2分と大きく勝ち越している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2017

春キャベツ/駿河台下交差点

 ホタルイカのシーズンは普通は5月の連休の後まもなく終わるが,スーパーでも居酒屋でも,今年はまだ出回っている。富山湾産以外は少し遅くまであるのかも。

 春キャベツと春タマネギは,どうやってもおいしいが,これもそろそろシーズンの末期を迎えている。
 春キャベツは,さっとゆでて肉類の付け合わせにするのが私の基本的な使い方だが,今シーズンは,CookDo の「きょうの大皿」シリーズのひとつを使って,「とろ卵豚キャベツ 海鮮うま塩炒め」を何度か作った。先述の「まるよし」のキャベ玉炒めにちょっと似た仕上がりになる。
 先日,新宿区内の某居酒屋で,「三浦の春キャベツと豚肉炒め」というのがあって,三浦半島出身者としては迷わず注文した。後で調べたら,ネット上の『デジタル大辞泉プラス』にも「三浦キャベツ」という項目があった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 いろいろな顔を持つ神田神保町だが,他の街と同じチェーン店も増えてきた。洋服店は「スーツ・セレクト」などが少し前からあったが,「書泉ブックマート」のビルに「ABCマート」が入ったのに続き,2017年になってから「ドンキホーテ」ができた。「ABCマート」と向かい合っているので,駿河台下の交差点の風景はかなり変わった。
 昔からある町の靴屋さんに行ったとき,「ABCマートができたんですね」と言ったら,「まあ,うちの品物とは競合しないと思うんですがね」と落ち着いていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 30, 2017

消えた赤羽「まるよし」

 先週,赤羽の名居酒屋「まるます家」に行ってみたが,店の前には10人近い行列ができていた。これはまあ想定内だったので,すぐにUターンして駅のすぐ近くの「まるよし」を目指した。ところが,店から数十メートルのところまで行っても,あの黄色い看板が見えない。向かい側まで行ったら,店は跡形もなく,なんと更地になっていた。縄が張ってあるだけで,あいさつ等の掲示はまったくない。
 「まるよし」は,この何年かはいちばんよく行くFの次に訪問回数の多い居酒屋で,私の「ある日記」(→参照)によると2015年,2016年は各9回行ったが,今年は2月に1回行っただけだった。コの字型のカウンターと小上がりがある古典的な店で,つまみは200円台が中心。焼き鳥・焼きとんが看板だが,一番人気は「キャベ玉炒め」だ。

 行ったら居酒屋が消えていたというのは実は2回目である。「前回」は,埼玉県の東武東上線某駅のすぐ近くの店で,これも行ったらきれいに消えていて,なんのあいさつも出ていなかった。しかしこの店は近くにいくつか店がある地元のチェーン店で,駅に近いいい場所だし,簡単につぶしてしまうとは思えなかった。予想は当たって,1年半ぐらいたって元の場所に,ほぼ同じ構造の建物が再建された。
 「まるよし」は,確かにいつ建て直しになっても不思議はないかなり古い建物だったから,建物と共にひとつの時代が終わったということなのだろう。復活はあるのか,チェーンでなくまったく単独の店だから心配だ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jan 03, 2017

頌春 2016-2017

  ~~~~ あけましておめでとうございます ~~~~

 今年3月で開設からまる13年を迎えるこのブログを,今年もよろしくお願い申しあげます。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 元日・2日は,雑煮となますを自作し,あとは既製のおせち料理で新年を祝った。雑煮は,袋入りのだしと昆布と干し椎茸を前夜から水につけてとっただし汁による醤油味,具は鶏肉,小松菜,紅白のかまぼこ(なるとを買い忘れたので)に三つ葉と柚子で香りづけ,餅は焼いた切り餅というまあ東京風ということになるだろう。袋入りのだしというのは,ふだん味噌汁に愛用し,雑煮には2年前から使っているもので(→参照),今年は干し椎茸を加えて,われながらうまくできた。
 なますは,紅白にするつもりだったが,大晦日には買っておいたはずのニンジンが見当たらず,やむを得ず白けなますになってしまった。元日の夜になって,いろいろ詰め込んで混乱している冷蔵庫の中をよく見たらニンジンを発見し,あらためて紅白なますを作った。
 年末は,30日から1日まで,わが家としては最大規模の超特大大掃除をした。掃除は1日夜に長男と長女のカップルを迎える直前まで続き,家の一定部分は画期的にきれいになったが,客に見えない部分はごみ袋の山になった。新年のごみ収集は4日からだが,引っ越しのごみのように大量なので,全部出すのは来週までかかるだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mar 17, 2016

早春賦2016

3月11日,東日本大震災から5年の日を迎えた。同一の日付の曜日は平年は1年に1日ずつずれていくが,この5年の間に閏年の2月29日が2回あったので,今年の3月11日はあのときと同じ金曜日だった。
 通りかかった某大学では,2013年のとき(→参照)と同様の弔旗が掲げられていた。

今年は,ホタルイカを初めて食べたのは2月になってからで,例年よりだいぶ遅かった。しかも,特に最初のうちは,小さなものが多かった。小さいものは身がしまって味がよいことも多く,悪いことではない。

5日,ニコラウス・アーノンクール死去。少し前に引退の発表があり,実演を聞かずに終わったなと思ったところだった。バッハのカンタータなどDVDはいくつか持っている。そこで見る目つきの鋭さは恐ろしいほどで,もしや不死身なのではと思わせたが,彼もやはり人間だった。

15日に高崎線の籠原駅で電気設備の火災があり,岡部―熊谷間がまる2日半という異例の長時間,不通になった。都心部なら他線に振り替えができるが,ここでは新幹線の本庄早稲田は在来線からは遠い。また湘南新宿ラインや上野東京ラインも止まった。
 車両の故障は,その列車をどければとりあえず運転を再開できるが,電気系統の障害は影響が全線に及ぶ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 29, 2015

年の瀬だより

 3年前ぐらいの年末に姿を消したが,会社の近くの路上に,いつも大量の荷物を引きずっているホームレスのおばさんがいた。それも小さい荷物ではなく,トランクや買い物カートなどで,ざっと40個あった。
 どこにいても追い立てられるからだろうが,しょっちゅう移動していた。歩道に荷物を十数メートルにわたって並べておいて,先頭の5,6個を10メートルぐらいゆっくりと前進させ,戻ってまた次の5,6個を運ぶという調子で,移動の速度はたぶん時速150メートルぐらい。

 12月も20日過ぎの某日,池袋の居酒屋Fに,白髪・白ひげのおじさんが来ていた。常連客ではない。濃い白色というのは変な表現だが,輝くように真っ白で美しく,ひげは頬からあごまでつながって毛の量もたっぷりで,見事というほかはない。
 時節柄,どうしてもサンタ・クロースを連想して,店員のRさんと「そのままでサンタ・クロースができそう」「(クリスマス直前の)今頃こんな所で飲んでいていいのかなあ」などと噂した。

 先日,友人宅で恒例の年末パーティーがあり,例年通り(→参照)ゆで豚を作って持参した。以前,切るときにぽろぽろになったりしたのは,ゆでる時間が長すぎるからだということに気づいて,2年前ぐらいからゆでるのは40分にしている。あとは湯から引き上げて余熱に任せておくと,真ん中の方にわずかに赤みが残って,いい具合になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧