食べ物・飲み物

Aug 05, 2018

終わりと始まり――猛暑の夏

 新国立劇場のオペラは,7月の『トスカ』で2017-18シーズンが終わった。
 『トスカ』は,故アントネッロ・マダウ=ディアツ演出で,2000年9月のプレミエ以来,今回が5回目の上演。何度見ても圧倒される豪華で美しい舞台で,成熟した歌と演奏が堪能できた。前回の2015年のときは,トスカ役が第2幕から交代するという事件があった(→参照)。
 オペラ芸術監督の飯森泰次郎氏は8月末で任期を終え,9月から大野和士氏が就任する。といっても,オペラの予定は公演の3年前には決まっているらしいから,4年間の任期中の上演予定はもうほぼ固まって,こんどはその実施に向かって突き進むのだろう。
 なお,バレエの次期芸術監督(2020年9月から4年間)には吉田都氏が就任するとのこと。

 8月1日に孫(長女の第1子)が生まれた。母子ともに元気でほっとした。孫は昨年2月に続いて2人目で,前回(→参照)と対照的に真夏の誕生になった。

 昨日8月4日,サッポロライオンのチェーン店では「ビヤホールの日」で,生ビールがすべて半額だった。毎年案内のメールをもらっていたが,今年初めて半額ビールを享受した。

 今日8月5日,甲子園の高校野球第100回大会が,松井秀喜の始球式で開幕した。例年にもましてあつい戦いとなりそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 27, 2018

キクラゲがおいしい

 数年前に,たまたま入った高尾山口の蕎麦店で,「天狗の耳たぶ」の天ぷらを食べた。何でも天狗と結びつける高尾山だが,この耳たぶというのは,地元産の肉厚のキクラゲのことだった。この店にはその後何度か行って,そのたびに同じものを食べた。(→参照
 それがひとつのきっかけになって少し注目していたのだが,全般にキクラゲがおいしくなったと思う。昔はほとんどが中国産の乾燥したもので,炒め物によく入っているが,紙のように薄く,ほとんど味がしないものだった。それが今は,国産の養殖ものが出回るようになり,乾燥でなく生のものも売られている。肉厚で大きく,ぷりぷりした食感が心地よい。
 定番の木須肉(ムースーロー)(キクラゲ卵炒め)のほか,春キャベツ,ピーマン,ホウレンソウなどの野菜,および豚肉といっしょに塩味であっさり炒めるのがおすすめ。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 神保町1丁目の某イタリアンのランチタイムは,パスタが「男性大盛り無料」になっている。こうした形の男性優遇は今どき珍しいと思ったが,よく見ると,女性は「デザート食べ放題」なのだった。

 少し前に行ったレストランの名は「セキハラ」さん。きっと名字そのままなのだろうが,カタカナで書いてあるので,申し訳ないが1字違いの語をどうしても思い出してしまう。

 ニュースで使われる肩書きはときどき「新種」が登場するが,一昨日あたりから,「メンバー」という新しい肩書きが登場している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 24, 2018

深川めしと森下の蕎麦/30年前

 3月某日,深川で昼過ぎに用事が終わったので,深川めしでも食べようかと思い立った。しかし,昼食の看板を出している店を何軒かのぞいてみたが,いずれも2000円近い値段である。もちろん,それにふさわしい内容はあるのだろうが,元来庶民的なぶっかけご飯とはだいぶ違う。
 それで,天気が良かったのでぶらぶらと森下まで一駅歩いて,久しぶりに蕎麦の名店「京金」を目指した。で,行ってみると,店の名が「十七」に変わっていた。なにしろ12年ぶりの訪問。内部は少し改装されていたが,店の構えと雰囲気は昔とほぼ同じだった。あとで見たネット上の情報では,店主が引退し,弟子が店を継いだらしい。
 酒少しとつまみをとったので深川めしよりは高くなったが,質も量も立派で,ちゃんとした蕎麦屋としては高くない。

 今日3月24日は,「上海列車事故」から30年の日である。
 私は中国(大陸)へ1回だけ行ったことがあるが,その出発がこの事故の直後で,事故の9日後に上海郊外の現場を通ったのである。
 日が傾いてきたころ,上海まであと少しのところで,私たちのツアー一行の乗った列車は少し徐行した。見ると,線路のそばの畑の中に,客車がごろんと転がっていた。電化区間ではなく,線路には大きな損傷はなかったようで,線路上の車両をどければ列車は運行できたということのようだ。
 到着した上海のホテルには,事故に遭った高知学芸高校の関係者の家族が大勢宿泊していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mar 15, 2018

神保町フォトだより 2018年3月

     (写真をクリックすると大きい写真が出ます)

◇街角でコーヒーを無料配布
 神保町2丁目北側,白山通りの2本裏の道にて
Ajmb01_2
 
 
 
 
 
◇飲食店の励ましの看板
 こちらは靖国通りから神田餃子屋の小道に入った右側
Ajmb02
 
 
 
 
 
◇「いもや」が3月末閉店
 白山通りを北へ向かって左側,キッチングラン(木下3兄弟の店のひとつ)の手前の角の天丼「いもや」が3月末に閉店するとのこと。
Ajmb03
 
 
 
 
 
◇ビルの2階に寺が
 そのキッチングランの建物の2階に寺が入居しているらしく,「みんなのお寺」という看板が出ている。看板には「ご本尊 大日如来」というスローガンと,「古都奈良・十輪院仏教相談センター」という説明が書いてある。
Ajmb04
 
 
 
 
 
 
 
◇路上の記号
 その向かいの歩道に,白ペンキで丁寧に描かれた図面
Ajmb05
 
 
 
◇おまけ: これは神保町ではありませんが
 公正な取引をすると値上げになるらしい。
Ajmb10
 
 
 
 
 
◆追記 本ブログは,昨日(3月14日),開設14周年を迎えました。お読みいただいている方々にあらためてお礼を申しあげます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Feb 26, 2018

比喩的用法の頻度/朝食短信

 「まっぱだか」「すっぱだか」「まるはだか」はほぼ同じ意味だが,用法としては違う点がひとつある。それは比喩的に使う頻度である。すなわち,「まっぱだか」は文字通りに人が裸になる場合にしか使わないし,「すっぱだか」は多くの国語辞典には「財産などをすっかり失った状態」といった比喩的な意味も載っているが,私の感覚ではこれは普通ではない。これに対し,「まるはだか」は逆で,比喩的に使う頻度が圧倒的に高い。
 こうした類義語のグループはいろいろあると思うが,探そうと思うとなかなか思いつかない。そんな中でちょっとおもしろいのは,「あしあと」と「そくせき」である。漢字で書くと「足跡」で同じだが,「あしあと」と読むと,比喩的にも使うけれど,人・動物が歩いたあとに残る足・履物の形という具体的な意味になることがずっと多いのに対し,「そくせき」はほとんど常に比喩的な意味で使われる。

 いつのころからか,「まっぱ」「すっぱ」という短縮語を聞くようになった。私の感覚では7,8年前ぐらいからのような気がするが,実際にはもっと前からなのだろう。ちょっと似た短縮語でもっとよく使われるものに「やりっぱ」「おきっぱ」など,「っぱなし」由来の語がある。

   ----------------
 立春を過ぎて2月の10日前後だったが,スーパーに新タマネギが登場した。厳寒の中でも春が遠くないことを感じさせる。新タマネギは水にさらす必要がないので,朝食の手間がひとつ省けるのもありがたい。
 同じくスーパーで,紙の箱に入った「コーン&ベジタブル」というが売られているのを見つけた。ゆでたコーン,グリーンピースと,細かい賽の目に切ったニンジンの組み合わせで,昔からあるミックス・ベジタブルの常温版である。これも朝のサラダに便利だ。
 もうひとつ,このところ朝食に「スプレッタブル」というのを愛用している。要するにチーズを練り込んだバターで,冷蔵庫でも固くならず,すぐパンに塗れる。チューブ入りバター(カロリー30%)を前から使っているが,それに取って代わろうとしている。(→参照

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jan 04, 2018

頌春 2018

  ~~~~ あけましておめでとうございます ~~~~

 今年3月で開設からまる14年を迎えるこのブログを,今年もよろしくお願い申しあげます。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昨年とほぼ同様に,30日にゆで豚を作り,元日に紅白なますと雑煮を自作し,あとは既製のおせち料理で新年を祝った。雑煮は,日ごろ味噌汁などに愛用している茅乃舎のだしと昆布と干し椎茸を前夜から水につけてとっただし汁による醤油味,具は鶏肉,小松菜,椎茸,なるとに三つ葉と柚子で香りづけ,餅は焼いた切り餅という東京風。
 雑煮の前後,30日から2日までは,かなりの規模の大掃除,というより大片付けをして,ごみ袋の山の置き場に一苦労し,腰が痛くなった。掃除は,2日に長男一家が来る直前まで続いた。
 2日は午後から,初めて孫(生後10か月;→参照)を囲んでのおせちと雑煮の宴。孫は最初は慣れなくて表情が硬かったが,しだいにやんちゃぶりを発揮し,笑顔をふりまいた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 24, 2017

神保町ニュース 2017晩秋――半チャンラーメン新旧,乾隆帝,個人差

 神保町の有名ラーメン店「さぶちゃん」が11月(何日かは不明)閉店した。店主の三郎さんはここ何年か体調不良だったようで,ときどき店を休みにしているのは目撃していた。やっているときも,体を動かすのがつらそうだったという。(右の写真は今年9月8日の撮影 スマホの中を探したら見つかったので,11/27追加)20170908_123733_3

 この店,半チャンラーメンの元祖(ほかにもいろいろな説があるけれど)ということで有名だが,もっとも特徴的だったのは,木下家の3兄弟で並んで異なるジャンルの飲食店を50年以上にわたって営んできたことだ。長男が路地の入り口の洋食屋「キッチングラン」,次男が奥の和食店「近江や」,そして三男がまんなかの「さぶちゃん」。「キッチングラン」は今は2代目がやっているが,「さぶちゃん」は後継者がなく,高齢(いくつかの情報によると79歳ぐらい)と体調不良のため閉店することにしたらしい。
 私は長年神保町近辺にいたが,「さぶちゃん」に入ったのは,80年代と00年代,各1回だけだった。ああいう食事はもっと若いうちでないと,おいしくは食べられない。

 9月半ばに開店した「海老丸」(看板の表記は「海老○」)に行ってみた。白山通りを水道橋に向かって半分ほど行った左側,もとサッポロラーメン「エイト」の場所である。
 スープはオマール海老(と味噌)の濃厚なヴィスクで,豚・牛・鶏などの動物系をまったく使っていないという。注文したクリーム海老ラーメン(850円)が出てきたとき,丼の大きさに少々たじろいだが,中身はそうやたらに多いわけではなく,多くの人はハーフサイズのご飯もの(レタスチャーハン,リゾットなど)といっしょに食べていた。いわば,フレンチ・半チャンラーメンか。

 老舗の「揚子江菜館」(すずらん通り)で,「乾隆肉麺」(特別価格 1030円)という看板が出ていた。清の乾隆帝が愛でたものだという。頼んでみたら,豚の三枚肉を唐揚げにしたようなものが乗った麺で,おいしかったけれど,ほかに何も入ってないのでいささか単調だった。東坡肉のように青菜でもついているといいのだが――あそうか,満州出身の清朝は青菜には興味がないのか。

 カレー店「ヤミツキ」(白山通り水道橋方向へ6割ぐらい行った右側)の「辛さインフォーメーション」は,個人差についての表現がちょっとおもしろい:
 ・スタンダード  微辛(個人差はありますが,辛いもの苦手な人でもOK)
 ・辛口  一般的な辛さです(個人差はありますが一般的です。)
 ・倍辛  辛党さんいらっしゃーい(あくまでも個人差はあります。)
 ・大辛  爆撃[爆弾マーク](個人差はありません。辛いです。)
 ・激辛  悶絶・・・[髑髏マーク](個人差はありません。)
          (「食べログ」に写真あり)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 29, 2017

「食器が伝票」方式

 今年の初夏,久しぶりに行った北千住の居酒屋「千住の永見」の店内に「当店はどんぶり勘定です」という貼り紙が出ていた。紙の伝票は使わず,料理の入っていた食器(およびお酒のカップ・ビール瓶)で代金の計算をします,したがって食べ終わっても食器は下げません,という趣旨の注意書きである。実際にはどんぶりを使う料理は少ないので,実態としては「皿勘定」だが。(ただし,この貼り紙は,その次に行ったときにはなぜかなくなっていた。)
 私が行ったことのある居酒屋では,肉豆腐の「千登利」(池袋)と,郷里・横須賀の名店「銀次」がこの「食器が伝票」方式である。千登利では皿のほか,焼きとんや野菜焼きの串も伝票で,いつか女性客が食べ終わった串を床に落としてそのままにしていて,隣のおじさんに注意されていた。焼きとんについては,重要なのは串であり,焼きとんをのせる浅い皿は有価証券ではないので空いたら下げてくれる。
 「銀次」のおかみさんは,料理を出すときはだれの注文だったか忘れることがあるのに,勘定の段になると記憶が鮮明になって,皿を見ながら食べた品目を迷わず唱えて,上が2つ玉の古風な算盤を入れていく。

 紙の伝票を使う店では,注文を受けるとすぐ伝票に書き込むのが普通である。そのひとつ「鳥万」(蒲田)では,客は自分の伝票を店員に渡しながら注文するのが自然に成立したルールになっている。これに対し,「齋藤酒場」(十条)は,注文は口頭で厨房に伝え,できた料理を客に届けてから伝票に記入する。
 ユニークなのは「まるます家」(赤羽)のプラスチックのチップを使う方法。ここは店の中央奥に座るおかみさんによる集中管理方式で,両カウンターの店員が「3番さん,タマネギフライ」とおかみさんに伝えると,おかみさんが大声で「タマネギフライがひとつ」といった具合に厨房に伝え,このとき,穴のあいたプラスチックのチップ(値段によって色や形が異なる)を席番号の棒にさしこむ。飲み物は店員が出すものもあるが,それもおかみさんに伝えられ,おかみさんがチップで記録する。
 店員が「3番さん,会計」と告げると,おかみさんがチップを数えて素早く計算する。おかみさんには一刻の休みもない。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 いま,東京付近では,日の出も日の入りも5時半前後である。夜の長い季節がやってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 15, 2017

池之端藪蕎麦の閉店

 9月某日の昼過ぎ,上野の美術館に行った帰りに,久しぶりに池之端の藪蕎麦へ行こうと思い立った。
 中央通りを折れて,昼間でも客引きのいるあたりを抜け,このあたりと思う所まで来たのだが,「藪」の看板が見えない。なおも行くともう千代田線の湯島駅なので引き返し,もう一度よく見たところ,店のあった場所とおぼしき所に建築中の小さいビルがあった。鉄骨が2階まで組み上がったところだった。先日も居酒屋の取り壊しと復活を見たばかりだったので,ここも建て替えかと思ったのだが,建築に関する掲示の建築主のところは不動産会社の名になっていた。昼食は,この通りのもうひとつの名店「蓮玉庵」に入った。
 帰ってからネットを検索したら,具体的な情報はあまりなかったが,どうやら店主が病気で昨年閉店したらしい。火事にあった「神田藪」は立派に再建されたが,それと入れ替わるように「三大藪」(もうひとつは浅草の「並木藪」)の一角が消えてしまったことになる。藪蕎麦はどこも蕎麦の量が少なめで,「池之端藪」も決して安いとは思わないが,つまみがいろいろあるし,落ち着いていてしかも適度に気軽な雰囲気の店だった。
 デジタルの記録のあるここ20年で17回足を運んだ。そのうち2013年の1月のときは,これも好んで行っていた新井薬師の「松扇」が閉店(こちらは地方へ移転)していたので,やむを得ず池之端へ行ったのだった。その次,同じ年の11月に行ったのが最後になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 03, 2017

まるよし復活

 8月の20日過ぎ,工事中だった赤羽の居酒屋「まるよし」に行ってみたら,以前と同じ黄色の看板が出ていた。予定通り7月下旬に開店したとのこと。行ったら更地でおどろいたのが4月下旬だったから,3か月足らずで建ったことになる。
 店内は,入って右側にあった小上がりがテーブルに変更になったが,コの字型のカウンターは健在。メニューは,「熟読」したわけではないが,ほとんど変わっていない。店員さんがそろいの黒のTシャツを着ているのが新しい点である。
  (→参照:消えた赤羽「まるよし」)(→参照:赤羽「まるよし」続報
Amaruyoshi1
 
 
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~
 隣の駅の名居酒屋「齋藤酒場」は,駅前の小道を入ったところにあるが,手前角のビルが工事中で,今だけ駅から看板が見えている。

Asaito1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧