食べ物・飲み物

Jul 29, 2019

文学とビールと『トゥーランドット』,そして梅雨明け

 今日7月29日,関東地方がようやく梅雨明けとなった。去年はあきれるほど早く6月29日に梅雨明けを迎えたので,去年よりちょうど1か月遅かったことになる。ずっと激しく降ったわけではないが,ほぼ毎日少しは降っていたという感じだ。
 長雨で,野菜が一時かなり高くなった。特にキュウリは,近くのスーパーのばら売りがふだんは1本38円だが,今月は最高で78円になった。その後下がったが,今も50円台である。

 文京区立森鷗外記念館(最寄り駅は千代田線の千駄木)で,コレクション展「文学とビール――鴎外と味わう麦酒(ビール)の話」を見てきた。ほぼ1部屋のみの展示で,文学(大部分は戦前まで)の中にビールがどのように登場しているかという紹介が主。ビールを描いてもっともウマそうなのは椎名誠だと思うが,そこまでは出てこない。
 付設のカフェでは,オリジナルの「モリキネビール」が飲める。鷗外のふるさと石見の地ビールらしい。
 同展は10月6日まで(8/27 9/24(火)は休館)。9月7日(土)には,『軍服を脱いだ鷗外――青年森林太郎のミュンヘン』という本の著者・美留町義雄氏の講演会があるとのこと。

 新国立劇場の今シーズンの最後の演目,新制作オペラ『トゥーランドット』を7月20日に見た。すでに東京文化会館で3回,新国立劇場で4回,びわ湖ホールで2回の公演が終わり,8月に入って札幌文化芸術劇場で2回上演され,計11回となる。
 指揮は大野和士で,ピットには大野が音楽監督を務めるバルセロナ交響楽団が入っていた。近ごろめずらしい4週間にも及ぶ日本ツアーになる。音は全体として色彩豊かで華やか。歌手は世界水準で粒ぞろいだった。
 で,演出のアレックス・オリエがいろいろな機会に示唆していたのが,作曲が未完のまま終わった最後の部分は「めでたし,めでたし」にはなり得ないということである。まだ公演があるからネタバレは書かないが,それは一瞬のできごとだった。こう来たか,と思う間もなく幕になった。

| | Comments (0)

Jun 17, 2019

調味料とカフェイン

 年に2,3回行く某居酒屋には,主に一人客が座るカウンター席が10人分ほどある。その一部は,座ると目の前が業務用の調味料などの置き場になっている。
 置いてあるのは家庭用として昔からなじみのものが大部分だが,サイズがさすがに大きい。たぶん2リットルのボトルがそれぞれいくつも積んであるのが,ヒゲタしょうゆ,カゴメのトマトケチャップ,キューピーのマヨネーズ,ブルドック中濃ソース,あとラー油,ポン酢,おろし生姜など。ボトルではないケース入りがハナマルキの味噌。もっと大きいのがエバラ生姜焼きのたれの5kgパック,そして最大のものは味の素20kgの箱。
 楽屋裏はどこもおもしろいが,見ていると調味料で腹が一杯になりそうになる。

 テレビのバラエティー番組で,飲むとトイレに行きたくなる飲み物(ソフトドリンク)のベスト3(いやワースト3か)は何かという問題が出された。これについては,年をとって日常的に面倒が生じているので,あわてて答えをメモした。正解は
  1 コーヒー
  2 オレンジジュース
  3 緑茶
だった。飲み物の利尿効果は主にカフェインとカリウムによるもので,オレンジジュースはカリウムが多く,コーヒーと緑茶はカフェインとカリウムの両者を含んでいるのだという。その後見た他の資料によると,カフェインの量は紅茶,ウーロン茶も煎茶と同程度,ほうじ茶,玄米茶はその半分程度となっていた。
 ということは,音楽会やオペラの会場で売っている飲み物でカフェイン,カリウムの入っていないものはほとんどないということになる。麦茶を持って行くしかないか。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 6月15日の土曜日,大谷のサイクルヒットを祝って,久しぶりにスポニチを買った。ところが,いつもスポニチの1面は赤い見出しが躍っているのに,なぜか全体に青い。あらためて見ると,1面は大谷ではなく中央競馬で,あるサプリメントが違法薬物を含んでいる可能性のあることが発覚し,156頭が出走取消になったというニュースだった。大谷の記事はもちろん2~3面にちゃんとあったけれど。

| | Comments (0)

Feb 28, 2019

紅茶の磯淵猛氏急逝に衝撃

 2月25日のこと,ちょっとした配りものを用意するために,藤沢にある紅茶の店「ディンブラ」の通販サイトに久しぶりにアクセスした。問題なく注文が済んだあと,トップページをあらためて見たら,そこにあったのはなんと


当社 代表取締役社長 礒淵猛儀 2月21日16時8分 急逝致しました。

という告知だった(訃報関係のみ「礒」淵と表記してある)。享年67歳。
 リンクされているブログには,夫人によるあいさつが27日付で掲載された。それによると,セミナーのために行った高松で階段から落ちて頭を打ったのだという。同ブログは,亡くなる前日の20日まで,磯淵氏によって更新されている。

 このブログでも10年以上前に書いた(→参照)が,磯淵猛氏が1979年に鎌倉で開店した「ディンブラ」へは,私は開店間もないころから行っていた。当時磯淵氏はほとんど一人で店に立っていて,客は申しわけないくらい少なく,いつも静かな時が流れていた。
 その後,店は藤沢に移転し,たぶんその前後から氏の紅茶研究家としての活動が本格的になった。店のあるビルの上の階に(株)ティー・イソブチカンパニーの事務所を構え,スリランカには年に何度も足を運び,全国でセミナーを開催し,多くの著書を出した。(詳しくは,上記サイト,右上の「磯淵猛についてはこちら」というリンク参照。)
 神保町に2年ぐらい前にできた紅茶店の店主も,磯淵氏にはいろいろ教えを受けたと言っていた。(私は今は紅茶を,ディンブラ・ブランドが置いてある新宿・小田急ハルクと,この神保町の店で買っている。)

 たまたま久しぶりのアクセスで長年知っている人の訃報を見た衝撃は大きかったが,通販サイトからは何ごともなかったかのように注文確認メールが届き,27日には発送完了メールが届いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 10, 2019

神保町 冬の便りは順不同

◇錦華通りを北へ200mほど行った右側の小道にある「<和亭>かもん」が12月からランチを始めた。かなり昔からある小料理屋だが,中の様子はわからず,入りにくい店だった。ランチは,海鮮たるたる丼,刺身定食,鯛茶漬け,まぐろ漬け丼が「常任」,日替わりが1種というラインナップ。

◇靖国通り南側,マカラズヤ前の信号のそばの海鮮丼の店「きときと」は,「店内改装のため」10月半ばから1か月半以上休業していた。小規模な店の改装としてはあまり聞かないような長期間だ。
Aadsc_0432Aadsc_0526
     Click to enlarge→
 
 
 
 
 

◇錦華通りを北へ200mほど行った左側に,コーヒー豆の店「青海珈琲」(「チンハイ」ではなく「あおみ」と読む)ができた。豆を焙煎して販売する店だが,「テイスティング」として,機械で淹れたコーヒーを持ち帰れるようになっている。100円のブレンドと200円の上級版の計4種あり,コインを箱に入れて,コンビニのコーヒーのように自分でボタンを押して淹れる。3種類飲んでみたが,200円の方も十分お買い得だった。

◇錦華通りの同じ左側のすぐ先,前は「東京ブッチャーズ」があった場所に,11月20日,「<四川大衆>ハォワール(好玩儿)」が開店した。ランチは麻婆豆腐,汁なし担々麺,麻辣麺の3種。一昨年から担々麺の店が次々とできた錦華通りにまたひとつ担々麺が登場したわけだが,ここはどちらかというと居酒屋に重点を置いているらしい。

◇神保町駅A5出口(交差点の北東側)からすぐの所の新築ビルは,11月ぐらいに完成したはいいがほとんど空き家らしく,全階にわたる「テナント募集」の貼り紙が出ている。

◇都営地下鉄の北側の改札口(新宿線本八幡行きホームからすぐ)の向きが,12月23-24日の連休のころに,西向きから北向きと北西向きに変わった。駅の改修工事の進展に伴うもので,今までの改札口はまったくの仮設だったが,今度のは少ししっかりしているようで,このまま「本番用」にするのかもしれない。

◇靖国通り北側の2017年秋に閉店したスタバがあったビル(マクドナルド隣り)は,ずっと空き家になっていたが,1月になって建て替え予定が掲示された。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 08, 2019

神保町「満留賀」年越さず

 神保町初詣の日の衝撃だった。1月7日朝,靖国通りからランチョン脇を北へ曲がった通りで目に入ったのが,古い蕎麦屋「満留賀」の貼り紙だった。曰く「当店は12月31日をもちまして閉店いたします」――「12月吉日」付の予告の文面だが,年内には気づかなかった。
 驚きつつ写真を撮っていたら,同じく足を止めた中年男性が「えーっ,閉店ですか」と貼り紙を熟読していた。「本当に楽しい70年でした。」と明るく特筆大書してあるのがかえって寂しい。隣には新そばの貼り紙が残っている。
 37年余り神保町近くに勤めていた間はたまにしか行かなかったが,今の仕事場からは便利なので前よりよく行っていた。古典的な気軽な町の蕎麦屋で,客は全体としてはおじさんが多いが,特に夏は冷やしものを求めて,それほど年ではない女性もけっこう来ていた。
↓Click to enlarge
Aadsc_0541_4

Aadsc_0543_4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 26, 2018

楽しく酒を飲むために

 テレビで酒の飲み方の話が出て,「意外なことに,悪酔い対策にはつまみに油ものを食べるのがいいそうです」と言っている。あれ,最近本で読んだのと同じ内容だなと思ったら,まさにその本が紹介されていた。それは,葉石かおり著『酒好き医師が教える最高の飲み方』(日経BP)。昨年(2017)11月発売だが,私が今年11月に買ったのは11刷で,よく売れているようだ。
 内容は,酒ジャーナリストでもちろん酒好きの著者が25人の医師にインタビューしたもので,酒と体の関係をいろいろな角度から探ったもの。そして,その医師というのが大部分酒好きというのがミソである。専門の異なる多くの医師だから,その見解にはばらつきも少なくない。つまみには何がいいかということでも,上記の油もののほかタンパク質,ビタミンB1を含むもの,緑黄野菜などいろいろ挙げられていて,みな食べているとそれだけで腹が一杯になりそうだ。
 でもまあ大原則は,結局は「適量を飲め」ということになる。その適量がどのぐらいかは,生まれながらのアルコール分解酵素の型を初めとしていろいろな要素があるので,そう簡単には言えないということのようだが,多くの医師が言っているのは1日に「純アルコール量で20グラム」,ということはビール中瓶(500ml)1本,日本酒なら約1合という数字である。(純アルコール量というのは,アルコール度数の0.8倍。すなわち,ビール500mlだと500×5%×0.8で20gとなる。)
 うーん,これはきつい。で,この本の中でちばん緩やかな基準を探すと,p.80に「多少のリスクを受け入れるとしたら(週に)300gを上限とする」という記述があった。これだと,週1日の休肝日を設けるとすれば他の6日は50g,ということはビールだと1250ml,酒なら417mlになり,まあある程度満足できそうだ。というわけで,とりあえずこれを「採用」することにした。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 写真(click to enlarge)は東京をちょっとだけ離れた某所の貼り紙。「塀から離れろ」というが,近寄らないとこの掲示は読めない。
Adsc_0523


| | Comments (1) | TrackBack (0)

Dec 05, 2018

即位10連休/茶飲み話/機動救助隊/薫るルージュ

 12月4日,「Googleカレンダー」で来年4~5月のページを見ていたら,その日衆議院で可決されたばかりの臨時の休日「即位の日」(5/1)とその前後の「即位10連休」が早くも表示されていた。まだ参議院があるので成立はしていないのに,妙に先走っている。しかも,いっしょに同じ法改正で臨時休日になるはずの即位礼の日(10/22)はまだ書き込まれていない。
 なお,衆議院のサイトによれば,この法案の「本文」は「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日は、休日とする。」という1行のみで,附則も含めて,日付も祝日の名前も記されていない。参議院で可決して成立しても,カレンダーにどう書けばいいのだろうか。
 ネットのニュースで見ただけだが,新元号の発表は実施(5/1)の「1か月前以降」にする方向だという。早くわかる方がだれにとってもいいことだと思うのに,愚かなことだ。生前退位の検討が行われる中では「改元は元日」という「合理的」な案があったし,「新元号は半年ぐらい前に発表」という話も出ていたのだが。

    *
 日米の首脳会談は,少なくとも1960年代ぐらいまでは,何年かに一度の大行事だった。首相の訪米するとなれば,新聞は何日も前から書きたてた。
 それが今は,トランプ大統領が就任してからの1年半の間に,直接会談が6回あったという。電話会談に至っては23回で,24日に1回という頻度になる。茶飲み話と化したか。

    *
 サイレンを鳴らしていく警察の車の中に,横腹に「警視庁 機動救助隊」と書かれた見慣れない車が2台あった。緑がかった青に塗られ,ゴミ収集車を大きくしたような車だった。

    *
 11月20日,ヱビスビールの季節商品「薫るルージュ」が発売になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 31, 2018

神保町・錦華通り

 神保町の飲食店の興亡はについては折に触れて書いてきたが,実際にはいろいろありすぎて,週2~3日の探訪では追いかけるのは難しい。そんな中で,錦華通り(靖国通りのマクドナルドの脇の道)の同じ側の狭い範囲に,この夏3軒の店が相次いで開店したのはちょっと珍しいできごとだった。
 最初は「ねいろ屋」。いつも行列のつけ麺「勝本」の先に,7月に開店した。看板がラーメン屋らしくない地味なもので,小さく書かれた店名の「ろ」の字の先がちょっと丸まっていたので,最初「ねいる屋」と読んでしまい,一瞬ネイルアートの店かと思った。
 瀬戸内レモンラーメンというのが看板商品らしい。ほかに瀬戸内しょうゆラーメン,汁なしレモンそば,弓削塩ラーメンなど。最初に食べたのは瀬戸内しょうゆラーメンで,まだ暑い時期だったが,比較的あっさりしていてさっぱり食した。なお,私は興味ないが,甘味処でもあるらしい。
 続いては,その隣に「五ノ井」が8月開店。ねいろ屋とは対照的に,赤い派手な壁面に金文字で店名が出ている。こちらの看板商品は排骨担々麺で,ほかにしょうゆ味の排骨麺があり,それぞれ排骨なしのラーメンがある。これに夏はそれぞれの冷やしが加わり,冬は味噌味が加わる,という構成らしい。斜め向かいには担々麺の店が2軒あり(→参照),担々麺通りになってきた。
 もうひとつは,「勝本」を挟んでもっと靖国通り寄りの「阿つみ食堂」で,8月下旬開店。最初はランチだけの営業だった。フレンチの雰囲気だが,土鍋ご飯がつくランチがある。ほかにパスタのランチもあり,いずれも実だくさんのスープとサラダ,およびデザートまたはコーヒー付きで1280円。ご飯のつくランチを2回食べたが,共に充実の内容だった。

 錦華通りをもう少し北へ行って左に入ったところにある古い店「菊水」は,何年か前から昼食のみになったが,その昼食も去年ぐらいから金曜日休みで週4日の営業になった。
 先日久しぶりに行って,箸袋に「海の幸 山の幸 街の幸」と書いてあることに初めて気づいた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ちょっとしたニュースをメモしておく。
 10月中旬だったと思うが,将棋のプロの対局で,6日間に3回の反則負けという異例のできごとがあった。そのひとつは,通り道にある他の駒を飛び越えて角を動かしてしまったというもので,ルールを覚えたばかりの子供のような珍事である。あとの2回は二歩で,二歩は反則の中ではいちばんよく起きるものだが,今回の2回の二歩のうちの1回は,2手続けて歩を同じ筋に打ったというもの。これもおよそプロらしからぬ事件である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 08, 2018

市場移転 東京日和

 築地市場が,移転のため10月6日昼で営業を終了した。直線距離で2kmちょっと離れた豊洲での営業開始は11日で,まる4日間あまり休みになる。
 某大繁華街の居酒屋Fでも,6日夜に行ったときは店内はふだんと変わりがなかったが,厨房はこの間のメニューに頭を抱えているという話だった。メニューを書いた短冊が壁一面にずらりと並んでいる古典的な店で,魚だけというわけではないので,一時的に刺身が品切れになってもまあ乗り切れるとは思うが。

 有楽町のJRの高架の下には個性的な飲み屋がたくさんあるが,中でもいつも混んでいるのは「登運とん」(これで「とんとん」と読む)。外人さんにも人気で,帝国ホテルやザ・ペニンシュラ東京に泊まっていてもここに飲みに来る人が多いらしい。レジ脇には「年中夢中,年中無休」というスローガンが掲げられている。
 レンガのアーチの壁に貼ってあるのは,東京メトロの「東京日和」というシリーズのポスターの2004年ごろの1枚で,この店の写真に「ロンドンのパブも渋いけれど,有楽町のガード下も捨てがたい」という名コピーを配している(→参照)。
 焼きとんともつ煮込みが名物かつ基本。そしてありがたいのは,樽生ホッピーがあること。
 帰りがけに見たら,道をはさんで向こう側には「ドンドン」というお好み焼きの店があった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 19, 2018

ラッキョウの地位

 日本的なカレーの付け合わせとして,不動の定番の地位にあるのは福神漬けである。福神漬けにはとてもかなわないがそれに次ぐ存在は,ラッキョウの甘酢漬けだと思う。店により,大きさも甘さ・酸っぱさも微妙に違うのがおもしろい。しばしば,大きめのラッキョウを挟むのが難しい小さなトングがついていて,せめて5つは取ってやるぞと意地を張ってみたりする。
 ところが,自由に取れる付け合わせのラインナップからラッキョウをはずすカレー店が,ここ10年ほど,多くなったような気がする。若者の間で人気が落ちたのか,あるいは経費が上がったのか。有料のオプションにした店もある。有料だと,店としてはさすがにあまり少量にするわけにもいかないから,ある程度以上の量があって,愛好者としてはこれはこれでありがたい。
 7月にちょっと紹介した神保町の「いずみカリー」(住所は西神田 →参照)でもラッキョウは有料である。あるときこの店で,入り口脇の立て看板に「ラッキョウ50円」と書いてあるのに,店内の食券自販機では80円になっているのに気づいたので,「看板に偽りあり」というのはまずいと店員さんに言っておいた。最近通りかかったら,前の看板は見当たらず,代わりに神田カレーグランプリの看板が出ていた。カレーグランプリが終わった後,元と同じにならなければいいが。

 8場所休場明けで出場した横綱・稀勢の里は,10日目に勝ち越しを決めた。横綱だから勝ち越しなど当たり前過ぎて気にするようなことではないはずだが,中継の画面からはほっとしたような雰囲気が伝わってきた。
 今場所,横綱白鵬,鶴竜,稀勢の里の3人が5日目までそろって白星を重ねた。これは1989年3月場所以来だという。つまり,平成の初めと終わりに起きた出来事ということになる。29年半前の横綱は千代の富士,北勝海,大乃国で,11日目まで3人全勝だったとのこと。
 先場所優勝の御嶽海は10日目までで4敗,大関取りは苦しくなった。栃ノ心も4敗で,カド番脱出への戦いが続く。

 関西空港連絡橋は,鉄道が予定より早く,18日に復旧した。めでたい。
 しかし道路については,18日の報道では,橋桁2本を建造してかけ直すため,完全復旧は来年の大型連休前になるという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧